トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

いまさらですがEXILE「ASIA」を購入しました

こんにちは(*^^)v

昨日発売から随分たってしまいましたが、
EXILE「ASIA」のCD&DVDヴァージョンを購入しました。
やっぱりEXILEは映像が必須のユニットですから、DVD付を買わないと。なんて。

今回のアルバムもやっぱりEXLIEらしく(・・いやエイベックスらしくなのか?)
タイアップ曲てんこ盛り。あちらこちらで耳にしたことがある続々登場です。
(商売上手なんだからーavexさんたら)

個人的には「Eastern Boyz‘N Eastern Girlz」が一番すき。
アルバムの題名に一番合う。
(ほかにそれらしいものがないような・・・・
いつものようにいろいろな曲は入ってますが。)←ごっごめんなさい(汗)
曲もかっこいいしミュージッククリップもよかった。

GLAYとのコラボ「SCREAM」も昨夏に聞いてPVもみて
「すてきー☆彡」と大感動しましたが
TERUさんがあまりにも歌がうますぎてついついそちらにも目が。

オリコンチャートで上位に入ってくる曲もEXILEらしくていいのですが
私はちょっとハードな曲を歌って踊っている彼らが好き。

SHUNが脱退し、第1章が完結しました。
今後どうなってゆくのかなー。
好きだといっている割にはファンクラブにも入ってないし
ライブにもこの歳だとめちゃめちゃ恥ずかしくて
いけないし。
ということでなーんにもわかっちゃいない私ですが
じみーにほそぼそと応援していきたいと思っております。

ちなみに私はATSUSHIが一番すきなんです。
歌、うまいっす。まっすぐな声でいいんですよぅ。
かっこいいし。存在感あります。
∴COLORもよいです。すごく。

・・・・・とはいうもののこんなおばさんに応援してもらっても
メンバーはうれしくもなんともないよなー。
ごめんなさいね。^_^;せめて10歳若けりゃね。(=_=)

それを考えるとやっぱり、ライブにはいけそうもない・・・・。
だれも私のことなんか気にもしないとは思いますが
隣の人はきっとひくよね。
見たくれも実年齢よりもいってるように見えるから、
「ひーっ。おばばがここでなにやってんの???」って。
つらい・・・。
昔は結構いっていたので、ライブの楽しさは100も承知さ。ぐっすん。

「私は周りが若者だらけのライブにいってます!」という40歳代の方、
コメントをいただけるとうれしいです。なんちゃって・・・。

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

映画 リバティーンを見ました。

こんにちは。(*^^)v
昨日は映画「リバティーン」を見てきました。
主演は 「パイレーツオブカリビアン」「チャーリーとチョコレート工場」で
お子様にも説明しやすくなった
ジョニー=デップ様でございます。
「パイレーツ・・・・。」に出演したときにご自分のお子様に大変喜ばれたと
いう話をされていたのをTVで拝見しましたが、
ここで認知度の年齢層がががーっと広がりましたねぇ。

でも、この「リバティーン」は
年齢制限があります。<m(__)m>ないと大変っ。

まあ、それはともかく・・・。

時代は1660年代、王政復古のイギリスが舞台です。
第二代ロチェスター伯爵の放蕩詩人人生を描いています。

「リバティーン」公式HP
    ↓
http://www.libertine.jp/

私の感想ですが、
ジョニー=デップ様がデップ様ゆえの妖しさが
出てました。(わけわからん表現・・・)
特に後半部分はさすがだなーと思いました。

けっして美しい映画ではありません。
でも彼の本心を女優に語るシーンは、共感できる部分が何箇所も
ありました。その部分の伯爵は美しい。

天才がゆえに悲しい生き方をしてしまう彼の破滅的な人生は
見ていてとても切なかった。
数年前から流行っている(もう終わった?)
泣ける映画では全然ないし
考えさせられるというほど自分に近くないしで、
なんといったらいいのか表現の方法が難しいけれど
本当にただただせつなくなってしまいました。
(音楽もその気分に拍車をかけてます。今も頭の中で回っています)

私としてはもうちょっと大根役者だった女優さんの変化が
はっきりわかるとよかったかな?←私が鈍いだけ?

それから
堕ちていく前に一度、ジョニー様の美しさを
最大限に生かした映像を一瞬で良いから入れてほしかったかなあ。
堕ちていく様がよりぼろぼろと行くように。
ジョニー=デップの演技力で十分よいのかもしれませんが
全体的に俳優さんたちのすばらしい演技力だけで話が流れている感じがしたのです。
なんか荒削りな撮り方かもと。←超偉そう・・・。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!(*_*)
それが粗野な伯爵を表しているのだからしょうがないか?

「真珠の耳飾りの少女」は同じ1660年代オランダの画家
フェルメールとその使用人としてやってきた少女を
題材とした作品ですが
あちらは丁寧に撮られているなと感じていたので
ついつい同じ頃の年代でヨーロッパが舞台、そして天才芸術家という点が
同じだけのこの作品と比較してしまいました。
全然違うのにね。

作品は賛否両論まっぷたつに割れると思います~。
よくわからない感想でほんとに申し訳ありません~

今度は「Vフォー・ヴェンデッタ」などを見たいかも・・・・。
好きな俳優さんが出ているからという選び方はできないんです。
俳優さんのこと(特に外国の俳優さん)も全然無知だから。勉強しなくちゃ。
内容で決めるのですが、それも全く統一性がありませんので
次なにがくるのか自分でも????な私の映画ライフなのでした。
おゆるしを。^_^;

ではでは。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年4月24日 (月)

たけのこを茹でました。

Photo_2 初フォトつきでこんにちは(^^ゞ

おとといの夜、たけのこを茹でました。生協で頼んであったものです。
すごく大きくてびっくりしました。(写真は少し食べた後なので、減ってます)

毎年、この季節になると生たけのこを買うのですが、本当は届いたらすぐに茹でないとだめなんですよね?
時間がたつとどんどん鮮度が落ちて、えぐみが出ちゃうと何かで知りました。(あってます?)

でも、ついつい丸1日冷蔵庫に寝かしてしまいました。
寝る子は育っている、すくすく、大人の「渋い」竹になろうと。←勝手な解釈。

「いかん、いかん。そんな状態じゃ、新物の水煮を買ったほうが
いいということになってしまうっ!」
と、立ち上がりましたっ!

はじめてみれば、何も面倒なことはなかった・・・・。(=_=)

私の方法は(あくまでも)←あってるかどうかは???です。
「茹で方のここは間違っている!」という点がございましたら、お教えください。<m(__)m>

穂先を斜めに切り落とし、縦に包丁で(私は)ちょっと深めに切れ目を入れ、
厚い皮を何枚かむいて、大きいなべにたけのことそれがかぶるぐらいの水、
米ぬかと唐辛子を入れて、火にかけます。

で、沸騰したらちょっと火を落として茹でます。

(これが結構時間がかかります。大きさによりけり。
鮮度も関係あるような気がします。
あの硬ーい竹になるために日々努力をしているんだから・・・・予想)

たけのこの太い部分に箸が難なく刺さったら
火を止める。一晩そのままにしておく。

後は厚い皮をむいて、洗って、水につけて冷蔵庫へ。

以上でいかがでしょう。

ゆで時間がかかるだけで何も面倒くさくないのです・・・・。
普通のお料理のほうがずーっと大変です。

ゆで時間も圧力鍋を使ったりしたら短縮できるのかな?
まだやったことがないのですが。

米ぬかも今まではそのままばらばら入れていたのですが
茹で汁を捨てるときに、米ぬかは細かいので台所に散らばって掃除が大変なので
今年はお茶パック2袋に分けて入れ、「米ぬかパック」(化粧品にもありそうな名前)を水に入れました。

じわーとしか出ないので、もしかして入れている意味がないのかな?と
不安に感じながらも使ってみました。
この件に関しても情報をお持ちの方、ぜひお教えください。<m(__)m>
ずうずうしくてすみません。

昨日は家族の要望で、たけのことわかめのお吸い物にしました。
私は好きな味でした。(^^ゞ

今日は夜にたけのこご飯を食べようと思います。

今しか食べられないものを食べるのって自己満足だとは思いつつも、
ちょっと幸せだなーと思います。

おまけ:
今回使った米ぬかパック2袋。もったいないので、掃除に使う予定です。
きれいになるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

昨日の夕飯

こんにちは。(*^^)v

昨日は仕事でした。あー夕飯も作らなくちゃなんないぞーと思いつつ

行く前にごぼうを圧力鍋で煮ておいて(味なし)

炊飯器にタイマーをかけておく事しかできませんでした。(=_=)

ダッシュで帰って夕飯作り。

前日のジャガイモとえびのサラダ(といってもジャガイモ、えびをゆでて

マヨネーズをかけただけ)がまだ残っていたので、

もうちょっとマヨをたしてチーズを思いっきりかけ

オーブンへポン。

ごぼうはきんぴらにしました。

「うーん、メインがない・・・。」

豚肉のロース薄切りが目に入り、野菜室に横たわっていた「長いも」を発見。

これでなにか???

結局、豚肉を醤油でもんで片栗粉をまぶし、フライパンでいためて、

短冊切りにした長芋を追加で投入し、さらにいため、

砂糖、醤油、お酢の合わせたものを

ぐるーりまわしかけ、出来上がり。

すっごく適当に考えた組み合わせの割りに

長いもの触感がほくほくしているけど

ちょっとさくさくもした微妙な感じで味もまあまあかなと。

でも食材の種類が少ないぞー

ほんとーにお料理はにがて(T_T)

いや、お料理もお掃除もにがて・・・。なにもかも。あーだめだー。

ごめん、家族よ。

でも素材は良いのよ、生協でほとんど宅配しているし

野菜は「らでぃっしゅぼーや」という有機野菜を宅配で送ってくれるところのだし。

我が家にとっては高価な野菜ではありますが(ので、エンゲル係数が高いー(T_T))

もう13年ぐらいお願いしていて、おいしさは実感しており

安心して食べられる方を選択しました。←自分の料理べたをその分でカバー?

「らでぃっしゅぼーや」は年会費もかかるし

(でも私が入った当時より会員さんが増えたので、ものすごーく安くなりました!

新規会員さんありがとう)

旬のものが多く入ってくるのでその週によって種類も量もは偏るし(特に冬)

普段は買わないものも入ってくることなどもありますが、

安心の他、誰が作っているのかちゃんとわかるし、

食に対して何か情報があると生協もらでぃっしゅぼーやも

その件についての見解をその品の購入者に述べてくれること

(購入した人がわかっているのでできることかな)、

新しい野菜の出会いや(すごくたのしいです。「へーっ」てね。)

うちの場合(あくまでも(^^ゞ)は上の子が赤ちゃんのときに

はじめたためか子どもは野菜で食べられないものはないし

(苦手なものはあります・・・しいたけ。なんで?すっごーくおいしいのに)

なんといっても買い物に行かずにすむ・・・。など良いこともいっぱいです。

買い物は大好きです!

いっちゃうとパカパカ使っちゃうので、できるだけお店には行かないようにしたい・・・(努力中です。が、家にいてもなあ、買い物できるし。)

本当は「特売品」や「本当に必要なもの」だけを買ってくるという強靭な精神で

買い物にいければなーと思うんですよ。でも無理なんだー。

そういう星のもとに生まれてきたんだとあきらめて

他の道を探っております。

あ、それたー。タイトルは「夕飯」なのに。

いつもすぐそれる柊でした。失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

ゲド戦記

こんにちは。

いまさらながらですが、ゲド戦記が映画化されますね。あの「ジブリ」さまが製作。

これは児童書に位置しているのですが

重厚でささっと読めるものではないので、じっくりお付き合いをしたい内容です。

私にとっては「噛み締め本」です。(^^ゞ

お子様にお勧めするには

ある程度大作を読めるお子さんにはお勧めできますが、

読書がだいっ嫌いなお子様にいきなり「これ読んで」というのは

ちょっと酷かなと。

「これ児童書なんだーこれ読む子はすごいな」と私が単純に思ったからなのですが。

(映画を見た後ならそのようなお子さんでも最後まで行き着くのかな?)←うーん。どうだろ

がんばれ!!途中でめげるな!壁を越えたらはまるぞ!という感じ。

私が一番好きなのはシリーズ2作目の「こわれた腕環」です。

なぜかわかりませんがすすーと入っていけたのです。

読む順番はやはり順番通りに読むことをお勧めします。

図書館の児童書担当にすごーくあこがれている私なのですが

ゲド戦記を読み終わったのはつい最近。

児童担当さんは読んでおいたほうがよい本の中に

入っているのも関わらず。しかられちゃうな。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

ハードカバーの装丁が私は好きですが

そんな前の初版発行ではないにもかかわらず

遠い昔に発行された感じの作りで

特に図書館の本は、読み込まれている様子が拍車をかけ

本当に魔法がかかってんじゃないの?と思わせるような感じがしてました。

わたしだけかなー?(?_?)

さて。

私はゲドシリーズを読んでいる途中で

新聞で映画化を知りました。(やっぱりおそっ)

三作目までは自分の妄想の中で読めたのですが

知った直後に読み始めた4作目以降は、

頭の中で何から何までジブリキャラ&風景&動きで

ストーリー展開してしまうようになってしまいました。

いくら振り払ってもだめ!(@_@。

恐るべしジブリ様。

3作までの私のイメージが脈々と頭の中で流れていたはずなのに

それが玉手箱をあけた浦島太郎のごとく

一瞬でボワン!!と180度転換になってしまい、相当きつい・・・。(=_=)

修行が足りないの。私がいけないのよ。カーツ!!

念のため私はジブリ作品は大好きです。特にナウシカとラピュタは非常に好き。

うちの息子をパズー化する計画を彼を幼いころ立てたほどに。

(でもおもいっきりしくじり、全然違う人間になっちゃった(涙)

あ、それた。

ナルニア国物語は映画化する前に読んでしまったので

全然影響はなかったです。再読するときは・・・・。自信なし。

(「え、やるのぉー」しかも「ディズニー」!!とは思いました。ごめんなさい。

でも結局見にいっちゃいました。しかも即効で。ルーシー役のジョージー=ヘンリーちゃんはかわいかったなー)

あ!またそれた・・・。ごめんなさい。

よく言われることですが、原作を愛する人は自分の中のイメージが崩れるので

映画化されてもなーという思いがあるようですね。

その気持ちよーくわかりました。

本が映画化するとよいと思う点は

いままで本だけではイメージしにくかったものが具体的になり

「あ、そういうことー」とわかること。

それから原作よんでみようかなーと読書嫌いが本を読むきっかけとなることとか

いろいろあると思います。

これは映画化を目指して書かれた本?と思うほど

大成功した「ハリーポッター」もありますね。

映画も大好きな私としてはなんとか「映画は映画、本は本、全く別な作品だ!」と

割り切れるようにしていかなくちゃー

修行修行。

おまけ:私の持っている「影との戦い ゲド戦記―Ⅰ」は児童書専門の古本屋さんで

手に入れました。で、前の持ち主さんが本のいたるところに線を引いているの。

あまり気にならないと思って買ってしまったのですが、

読み始めるとものすごーく気になっちゃうの。

「なんでここに線をひいてるんだ?ここって大事なの?何を基準にひいてるんだろう?」

とかぐわんぐわん考えちゃって全然すすまないのです。(^^ゞ

実は「ダビンチコード」のような暗号かも。

古本は中を見て買うことはやっぱり必須条件ですね。甘かったー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月13日 (木)

4月から図書館でパート

今年の4月からパートですが仕事が変わりました。

今までは「事務補助」で、いろいろな部署に月単位で行っては、

その部署の担当者に頼まれたことをやっていました。

その部署その部署でやることが全く違うので、

「次はどこだー」と不安でもあり、刺激的(?)でもありました。

友達も増えてたのしかったのですが

ずっとしてみたい、してみたいと思っていた

「図書館」でパートをすることになりました。

「持っていますといって良いのか?」とためらうほど

むかーしむかしにとった「図書館司書」と

「小学校で読み聞かせを行っている」という2点しか私には持つものもなく

専門試験をやるところもあり、おばん脳に鞭打って勉強し

小学校の図書室の整理員も含めてたくさん受けました。

でも司書資格を持っている人は全国で数え切れないほどいるし

歳もいってるし。経験0だし。

よくて面接まで。

面接も緊張のあまり「口が勝手にぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」という始末で

はじまって何秒かで「かえりますっっっ(涙)」といいたくなったことも・・・。

「不合格通知のコレクター」を名乗るほど。(家族間で(T_T))

でもめげずに受けました。

月給制での採用はやっぱり無理でしたが

やっとパートで(土日祝日の!)採用されました。

資格はなくても大丈夫だったので、そうじゃない人もいるようですが

とにかく希望の職に就けました。

たのしいことばかりではもちろんないことも覚悟して

働けることになったことに感謝してめげずにがんばるぞ!!

それにしても今までは平日は仕事に行っていたので

土日祝日だけだと、お給料は激減・・・・

今年は家族間で過去の中で一番お金がかかる年なのに

自分の夢をつかんでしまったわがまま母なのでした・・・。

どうにかせにゃならんなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

アボガドの木

うちの庭(極狭ですが)には「食べた」アボカドの種を洗って蒔いて

(大きな種なので置いたというほうがただしいかな?)

ときどき水をあげて、たまーに液体肥料をあげて

すくすく成長した木があります。2本。

暖かいところの植物なので冬はどうなるかなーと心配しましたが

なんとか2度は越冬したのです。

でも、今年はすごく寒かったのでもしかしたらだめかも・・・・(T_T)と思っていました。

今日朝は雨がたくさん降っていましたが、今は薄日もさしたので

庭に出てよく観察してみると、若芽らしきものがほんの少しみえました。

よかったー(*^_^*)

越冬したばかりなので、幹もえんじ色なのですが、

暖かい季節は幹も葉っぱもきれいな緑色になります。

観葉植物として育ててもいいなーとプランターにも植えましたが

充分いけると思います。

食べて、観葉植物もゲット!実もなればいうことなし。(実は超ラッキーな場合ですね)

なんて素敵なアボカド様

たくさん育てて、(新築祝いとかの)プレゼントにしてもいいかなーなんて

ちょっとせこいかなー。

いいや、これは立派な環境貢献よっ!賢い節約術よ!なんてね。

送った先方には秘密ということで。←やっぱりせこい・・・。

外食してアボカドが出てきたときには

「種、ちょうだい。どうせ捨てるんでしょ?」と、のどまで出掛かりますが

ちょっとやりすぎなので、アボカドと一緒に飲み込んでマス。

アボカド栽培については

日出さんのHP「アボカド好き」が詳しいなーと思います。

http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/avocado/index.htm

皆様もいかがでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

はっはじめまして・・・・。

ココログをはじめたいとずーっっっと思いつつ、勇気がでなくて今日まで来てしまいました。

が、

どんなことをお話すればよいか、全然固まっていないけど、見切り発車しました=3

 ↑

(無謀)

趣味の手作りのこと、家事、映画のことなどをお話ししたいと思います。

よろしくお願いいたします。m(__)mドキドキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年5月 »