« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月24日 (土)

リサイクル本

こんにちは(*^^)v

今日の話題は図書館のリサイクル本についてです。

昨日何年か前、採用試験を受けて見事にだめだった
図書館に行ってきました。

私の図書館への道は今行くところから
はじまったんだよなーーとしみじみ歩いているうちに、
面接での大失敗を思い出し・・・・
おもいっきり道、間違いました。^_^;

館内を回ってから、入り口をよくみると
リサイクル本のコーナーが。
ここでいうリサイクル本は
図書館で蔵書だったものがその館の
基準により廃棄扱いとなり、
それを捨ててしまうのでなく、欲しい方に
もらってもらう本のことです。

図書館もいろいろなのでどこでも
リサイクル本の
システムがあるとは限らないのですが
本はどうしてもどんどん増えていってしまいます。

保管しておくのにもかなり大きな書庫があっても
そうそう全部はしまっておけませんよね。
かといって、ぽいぽい捨てるわけには行きません。

その処理の仕方はいろいろあるのでしょうが、
欲しい人にもらってもらえば
図書館もその人もそして本も大喜びですよね~

そして今日はその思い出深い図書館の
リサイクル本のコーナーで
私が絶対買おうと思っていた絵本があって
うれしくてうれしくてついニヤニヤしてしまいました。
ラッキー。
廃棄のスタンプはおもいっきり押してあるし
バーコードの上にも「これはリサイクルの本だよ」という
意味のシールも貼ってありますが、
ページもちゃんとあったし、汚れはありますが
まあこの程度なら許す。(何を偉そうに・・・)

そのほかに、これまた児童文学についての本もあり
中身をぺらぺら見て、速攻でゲットしました。

はっきり言って、重かった・・・。
でもがんばれました。

常時リサイクル本のコーナーを開設している
館もあれば、ある程度本がたまったらする館、
毎年同じ時期に広報誌などに告知して
大々的にやる図書館などいろいろなので
もし興味があったらのぞいてみてください。
あなたにとっての「お宝」が見つかるかもしれません。

・・・・古いのは覚悟しておいてね。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

梅干、仕込み完了

こんにちは(*^^)v

おととい、
「今日こそは梅を仕込まなくては!」と思い、
まず、洗って水につけて
(完熟軟南高梅は30分から1時間でよいらしい。)
へたとって
自然乾燥させるため
大きなざるに広げました。

Umeoh

このざる、ちょうど10kg干すのにちょうどいい
大きさなんです。
でもかなり空いてますね・・。
そうです、追熟している間に私の顔のように
しみが出ちゃった。
追熟難しいなー(=_=)
もったいないなあ・・。
あの空間分梅干になり損ねました・・・。

でも悪くなったところを取れば
なんかにできるはず!
もったいないから、ジャムにしようかな。

梅干に話を戻すと
おととい自然乾燥したものを
昨日仕込をしました。
作り方はこのブログで何度もご紹介した
荻窪鈴木青果店さんの減塩でないほうの作り方です。

見かけはこんな感じ。

    ↓

Mitame 直接樽に入れたほうがよかったかな・・・。
とおもいつつ、漬物用ポリ袋を使ってしまいました。
ポリ袋についている水滴は
カビが出ないように霧吹きした
果実酒用リカー35度の霧です。

今日になってから「どれくらい梅酢があがっているかな~?」と
みてみると


Umezu_1 





もう梅がかぶるぐらいたっぷり梅酢が!
(*^^)vやったー。さすが完熟。
写真わかりにくいですね。ごめんなさい。
これからはカビが出ないように気をつけなくちゃ。

これから土用まで1ヶ月間毎日チェックだー

どきどき。うまくいきますように。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の読み聞かせ

こんにちは(*^^)v

昨日、小学校で読み聞かせをしてきました。
私はサブでなぞなぞをやりました。

そのなぞなぞは
「なぞなぞの本」
福音館書店編集部 編
福音館書店日曜日文庫

から、
メインの方が読んだ本に関係するなぞなぞ、
今の季節に関係するなぞなぞを選びました。

この本はいろいろな国のなぞなぞも出ています。
ものによって「なんでこの答えに?」と
思うものもあるんですけど
文化の違いなんですね。
他に詩のような美しい文章のなぞなぞもあります。

とてもステキな本ですよ。

先日行ってきた養成講座の
先生もお勧めされていました。

今日は中学年でやったのですが
手を上げさせてあてようかなと最初思って
子どもに言ったら、「え~」という空気が流れてきたので
「じゃあ、私がせーのって言ったら
わかった人は一斉に答えてね」に変えたら
それでOKだったらしく
そのパターンにしました。
なかなかよく答えてくれたと思います(^^♪
詩のような問題だったので
こどももきっと「これがなぞなぞ?」と
思ったみたいですが
また同じクラスに行ったらやれるといいな~

反省点は
「答えを聞く前にもう一度
問題を読んだほうがよかったな。」という点。
なれない問題だったから
もうちょっと考えさせてあげればよかったです。

たのしい読み聞かせの時間でした。

ではでは。

Book なぞなぞの本

著者:福音館書店編集部,石川 勇
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

梅干用の完熟南高梅がきたー

こんにちは(^^♪

きたきたきたーKannzyuku_ume_1 18日の土曜日にー
南高梅がきたー
荻窪鈴木青果店さんに頼んでおいた
完熟梅が10kgきたー



もう家中梅の良い香りが漂っています~
くんくん。ふー。
朝、起きてフルーティーな香りでスタートできて
ほんと、この季節は幸せです。(*^_^*)

気持ちまだ青いのもあったので
もう少しこの香りを楽しみつつ、追熟中です。
(上の写真は今日19日撮ったので、
だいぶ黄色くなってきました~(*^_^*)

去年のはちょっと皮が硬めだったので
(それのせいかはわからないけど)
ぎりぎりまでがんばろうかな・・・・
「我慢比べね」と思ってます。

去年も10kでしたが
3つの容器でつけたので
容器の違いで
なんとなく違った梅干ができました・・・。
今年は大きな樽でやろうかなーと思いつつ、
まだ用意ができていません。
・・・・がまんくらべとか言っている場合じゃないですね。
私に問題ありでした・・・。

あさって樽と塩と買いに行って来ます。
どうにか成功しますようにー・・・。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

養成講座&読み聞かせ

こんにちは(^^♪

図書館主催の
おはなし会ボランティア養成講座に行ってきました。
今日は初回で、先生の実際に行っているおはなし会を
実演してくださったあと、手遊び歌を教えていただきました。

私自身はいままで手遊びは一度しかやったことがなくて
大人も聞けるおはなし会でしか拝見したことしかありませんでした。

私は小学校で読み聞かせをしているので
「もうこんなに大きくなったら手遊びはしないかなー」
なんて思い込んでいた所はあります。
手遊びの種類はいっぱいあるんだけど
メロディがわからないしなーとか
ちょっと自分も勇気がいたりして
チャレンジしてませんでした。

まして今の子って特にのってきてくれないんじゃないか?
と思っていたんですが
先生のお話を聞いてみるとそんなことはないようです~

ただテクニックはいるみたいですけどね。
(手遊びを入れる順番とかどういうものを入れていくかとか)

手だけでなくて、全身を使ってやる遊びとか
教えてくださいました。

ちょっとやっただけなのに
とっても頭も使うし体力も使いました(汗)

スムーズにできるように毎日練習したら、
今流行の脳を鍛えたり、エクササイズになるかもしれないな
と、まじめに思ったのでした。^_^;

でもやっぱりメインは「お話」なので、
それにどうやってつなげていったらいいのか、
お話に集中させるために使うので
どうやったら効果的に使えるかなど
とても参考になりました。

養成講座のほかに
自分自身の活動についてもちょっと。

今日は高学年で読み聞かせに行くはずが
学校の都合でなくなりました。
残念。

読もうと思った本は
「光の旅 かげの旅」
アン・ジョナス 作
内海 まお訳
評論社

これは私の中では「お楽しみ本」です。
前にもお話した、私にとって学年最初とか最後とかに
持ってくる種類です。(あくまでも私の基準ですが)
先々週同学年の別なクラスで読んだ
(見せた・・・というほうがあってるかも)
ので、これにしました。
最終的に私たちの団体で目指している種類のものでは
ないと思うので、いつもそればかりは使いません。

内容は・・・・。
見てからのお楽しみということで。
この本を読むと
聞いてくれる人は大体同じポーズをするんだよなー(^^ゞ
ふふふ。

次回の講習会&自分の読み聞かせ楽しみだなー。

ではでは。

Book 光の旅 かげの旅

著者:内海 まお,アン・ジョナス
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

お礼は「手作りミニポーチ」に決定

こんにちは(*^^)v

いやー昨夜は「あああーーーーー」って
叫んだ方が日本国中相当数いたでしょうねー
もちろん、我が家でも。

うちの家族は、4年に一度、期間限定サッカーファンになります。(^^ゞ
で、完全に「にわか」だけど、応援してるよ!(^^)!

さて今日は先日、お話した前の職場でお世話になった方への
プレゼントについて書かせてください。(^^ゞ

何にしようかさんざん迷って、結局ミニポーチにしました。
表地は今私の憧れのリネン(インド産・・・目が粗いのが残念)で
裏地はコットンです。
ハンカチ&ティッシュを入れたり、
サニタリーケースとしても使えるし
ペンケースの大きさなので
文房具も入れられるかな?

画像ではよくわからないのですが、
第一号は一応ふたの部分にレースを
挟み込んでぬっています・・・・。
でもぱっと見、ただふたにレースを
縫い付けてあるようにしか見えないのがかなしい・・・。
ちょっと手をくわえたんだけどなー。             

Little_bag1_1←これは第一号で、早速もらわれていきました。






別のグループさんに差し上げる分は違うパターンでと思って
まず試作してみました。

          

Little_bag4

同じ生地で1cmのマチがあって
レースの場所を変えて、刺繍を入れて
もち手の長さが変えられるようにしました。
←短くしたところ。

向かって右側の持ち手は縫い付けて固定、
左はDカンをつけてそれに持ち手を通し
両面テープを
右の付け根(というか、縫いどまり?)と左の付け根2箇所につけて
好きな長さのほうでとめると、
調節できます・・・・。よくわからない説明だー
ごめんなさい。
  
   

Little_bag5_1

←持ち手を長くしたところ。

こちらは試作品でアイロンをまだかけてなくて^_^;
くしゃくしゃですね。
それでもアップするという・・・。お許しを。
しかもふた、曲がってるし。



長さ調節も面テープより縛ってとめたほうが
かわいいかもしれませんね。
リネンの自然な風合いにあうし。

もうちょっと考えて本番に行きます~

試行錯誤の結果、あげられずに終わったりしてー(T_T)

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

梅サワードリンク仕込み終了

Ume_3   こんにちは(*^^)v
  
  今日、梅サワードリンクの最終仕込みが
  終わりました~
 今日から3週間後には飲めます。

  本日の作業は
  (第一段階の作業は昨日の記事を参照ください)

  1 洗って干してあった瓶に焼酎の霧を吹いて
     消毒しました。
  2 冷凍してあった青梅を瓶の底にひきつめて
  3 その上に氷砂糖を重ねて
  4 2と3を繰り返して
 5 最後にお酢を入れて、できあがり~。

 一番大変なのは第一段階の作業の
  「1つ1つへたをとること」で、後はそんなに大変ではありません~
 梅酒も昔作っていましたが、飲むのは私だけ。
  独り占めも悪いな~と思ってこちらに切り替えました。
 家族で梅のおいしさを楽しみたかったし、お酢も摂れて
  我が家にとっては、一石二鳥なドリンクです(^^♪

 まさしく、今だけの旬のものなので、大事に大事にいただきます。
  というものの、子どもが好きなので、あっという間になくなるんだよな~
 これから、毎日氷砂糖を溶かすのに、瓶をゆするぞ~
  あの液体がゆるゆると混ざりあう感じがいいんだな~

  この原液を割る、微炭酸のミネラルウォーター、どれにしようかな~
  うっとり・・・。
 
  おおっ!その前に梅干用の梅が来るかもしれないので
  梅干用の容器と重石をチェックしとかないとね。

 ではでは。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

青梅がきたよー

こんにちは(*^^)v

わーい、わーい。(^^♪
生協で頼んでおいた「青梅」3kgが届きました。
早速梅サワードリンクを作るぞー

1 まず梅を洗って、
2 へたを竹串でとる。
3 水気をよくとる。
4 エキスが出やすいように一晩梅を凍らす。

と今日はここまで。

すぐに飲めないけどじわーんとエキスが出てくるのを
毎日瓶をゆすりながら眺めるのは
私の癒しでもあります(^^ゞ

まだ荻窪 鈴木青果店さんから梅干用に注文した
完熟南高梅は届いて
いませんが、そちらも楽しみに待ってます~
(今年の鈴木青果店さんでの完熟南高梅の販売は
5月31日に終了したそうです。)

6月は梅三昧で忙しくなるぞ~
にこにこ。

そういえば、昨日の朝日新聞の朝刊に
ミツカンさんの広告が出ていましたね。(^^♪
ここらだけだったらすみません。

そこでは「梅、黒砂糖、純玄米黒酢」の組み合わせ!
のサワードリンクの作り方が載ってましたね~
それプラス、「おしゃれで、目盛りつきなサワーポットを
抽選でプレゼント!!」の文字も!

我が家では梅3kgで作るので、このサワーポットでは
ちょっと無理ですが、この「黒砂糖+純玄米黒酢」の
組み合わせはとっても体によさそうですね~
いいなー作りたい・・・

黒酢にあこがれますが
高価そうなので
今年も私は「氷砂糖+りんご酢」で作ります(*^_^*)

ということで
今我が家の梅たちは冷凍庫で
お休み中です。

あー早くできないかな~

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

読み聞かせの話

こんにちは(*^^)v

私は小学校のPTAのボランティア(ほとんど趣味だけど)で
読み聞かせをやっていて
そのことについてお話を。

時間帯は朝の10分間を当ててもらっています。
本は読み手が選書して、もっていくのですが
やっぱり選書が一番難しい。

そこで私が特に参考にしているのが

 季刊「子どもと本」(発行 子ども文庫の会)中の
「子どもが好きな本のリスト」
(「柊のおおっ!と思った本」の中で紹介しています)
           
「私たちの選んだ子どもの本」 (東京子ども図書館 編さん)
(りすけさん、ありがとう。(^^♪)

お話のリスト    たのしいお話 (1)」(東京子ども図書館 編さん)


の3点です。

上の三点のブックリストで選ばれている本は
それはそれは多くの子どもたちと触れ合ってきて
研究をされた方たちが選んだ本です。

昔から読み継がれてきた本が多く、
今絶版になっているものもあるので
古い感じはするけれど、
「子どもが『そうそう、そうなんだよ』と思える本」
「すごく怖くても、最後は『よかった』と
安心できるストーリーの本」
「勝手に着色していない昔ばなし」
などなど、
リストを見ているとなぜこの本が選ばれるのか
納得します。

私も読み聞かせをはじめたときは
何も考えないで「面白そう!」と
思った本を選んでいましたが
そればかりじゃだめなんだと知りました。

でも今の子どもは
「TV,ビデオ,DVD,PC,ゲームなど
動き、スピード感があり、
色のついているものを見るのが当たり前。」
の生活を送っているので
(うちの子どもも思いっきりそう)
いくらリストにのっていて「いい本だ!」と思って
読み聞かせに持っていっても
反応がイマイチな場合も多々あるわけです。

学校なのでお話が好きな子だけが集まってきてくれる
わけでもないし、
すごく本が好きで「こんな本も読んじゃうんだ」って子どももいれば
本の面白さがわかり始めた子ども、
もうただ座って聞くのもつらくてしょうがないの子もいて
ついてこれる子もついてこれない子もきっといると思う。

(それぞれの子どもの気持ちもわかるよ。ホント。)

でも、めげずに読む。(^^ゞ


回を重ねてくると
子ども慣れてきて
だんだん読み手のほうの気持ちと
聞いてくれる子どもの気持ちが
1つになるのが近づいてきたな・・・と感じたときは
すごくうれしいです。「読み聞かせやっててよかったな」って。

ただリストで紹介されている本のよさが
「?」な子どものために
目先の変わったものをもっていったりして
「読み聞かせはたのしいよ」と知ってもらおうと
そういう選書もすることもあります。
毎回そうだとリストにあるような本に進めないので
年度最初の一回とか、1回の読み聞かせの中で2冊読むときに
どちらかはお楽しみにしたり、学年最後にもっていったり
して徐々にリストにある本へ移行させてます。


今回お話したことは学校でのボランティアで
感じたことですが、
自分のお子さんとの楽しみのひとつとして
読み聞かせをされるときも
何度かに一度はいろいろなリストの本を
参考にしてみてはいかがでしょうか?(*^_^*)
(目先が変わってお子さんは「?」となることも
あるかと思いますけど(^^ゞ)

ではでは。

















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »