« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月23日 (日)

TVで映画「ハウルの動く城」を見た

こんにちは(*^^)v

昨日、「ハウルの動く城」を見ました。
劇場では、うちの子どもは友達とそのお母さんと
見に行ってきて、そのときの感想は
「よく、わからなかった。」・・・・・

ジブリ作品は、大体劇場で見てきたのですが
私は「ハウル~」は見てませんでした。

豪華有名人での吹き替え(声優陣ではない・・・
と思う)でも話題になりました。
(なんでかなーとおもいました)
上映前のCMでも声は一切流しませんでしたよね?
確か。

感想・・・・
うちの子どもと連れて行ってくださった
お友達、そしてそのお母さんの率直な
意見に賛成。「よくわかんない」

大きな流れはわかりました。
でも細部の継ぎ目がなんか理解できません。
「あーだからこうなのかああああ」っていうのが
ない。

ソフィーはおばあさんになったとたん
人が変わったり、ほかにもいろいろ気になって
流れが悪かったように思います。
(ごめん、私の理解力が低いのです)

神木くんはよかった。
あのキャラはとても面白かったし。
あの魔法で変身するところもGOOD!

今までのジブリ作品は
難しい題材でも
とても細かいところに気を使っていたので
わかりやすくて、好きでした。
なんだか
もやもやするので
原作を読もうと思います。

「ゲド戦記」が昨日公開されたので
まあ「ハウル~」も放映されたのでしょうが
スマステ7月15日放送分で
稲垣ゴローちゃんが発言されていた
「ゲド戦記は言葉での説明が多い」
(というような意味合いの
言葉だったと思います。
このままの文章ではありません。)

とのこと。

わかりやすさを求めるのなら
言葉を多用する方に流れがち
ですが
映像化しているのだから
それに頼らなくてもいいはず
なんだけど。

「ハウル~」とは対照的なのかもしれませんね。

「ゲド~」はまだ見ていないので
そういう点も気にして見に行こうと思います。

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

漫画「のだめカンタービレ」好き。

こんにちは(*^^)v

今日は私の好きな漫画のお話を。

子どもの頃かってもらえなかったので
今大人買いです。(^^ゞ

購入中の作品で一番気に入っているのは
ちまたでも有名になってきている
「のだめカンタービレ」です。

のだめカンタービレ (15) Book のだめカンタービレ (15)

著者:二ノ宮 知子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

音大の学生(ピアノ専攻)、
野田 恵(のだめ)が主人公でございます。
(現在は留学中ですが。)
音大の漫画って堅そうですが
「ジャンル:ギャグ」ですので
まじめなクラシックファンが読んだら
怒るか、見方が変わるかします。

でも、なんか心が
ふお~~~~んと暖かくなります。
とても応援したくなるんですよ。
作中に出てくる曲も聴きたくなるし。
で、こちらも買ってしまいました。

のだめカンタービレSelection CD Book Book のだめカンタービレSelection CD Book

著者:二ノ宮 知子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

よくわかる解説付きでとてもよかったです(*^_^*)

この作品に出会ったきっかけは
『朝日新聞』の日曜版で
紹介されていたのを読んで。
その頃にはもう何冊かコミックで出ていて
「おお!これは買わなくては!」と
書店に走りました。
(大昔、音大に行きたいと頭をかすめた
ことがある)

のだめが主人公なんですけど
その妙な魅力に捕り憑かれてしまった(いいすぎか??)
指揮者千秋側の気持ちになっている自分に
気づきました。
やっぱ、自分が親だからかしら?

ほかに今購読中の漫画は

『naruto~ナルト』岸本 斉史 集英社
(感想:2部になってから中だるみ・・。
ペースダウン。シカマル出てこない(T_T)
あんなに持ち上げといて・・・。ぶつぶつ。
なんてね。今後どうしよう)
『バガボンド』 井上 雄彦,吉川 英治
講談社
(感想:途中読むのが
ただ読んでいただけになっていたが
最近の巻になってまたわくわくして読んでいる。
表紙の題字の字体が変わった。
前のほうがよかった。
ここで言ってもしょうがないが、
「スラムダンク」は何度読んでも泣ける。
最終巻まで面白かった。)

『リアル』井上雄彦 集英社
(時々書店でチェックをしていないと
買いそびれるので注意してます。
3人のそれぞれの若者の道を
丁寧に書いています。よいです。)

『日露戦争物語
  ―天気晴朗ナレドモ浪高シ』

江川達也 小学館
(感想:気がついたら
何巻か飛ばして買ってしまって、
「あれ?よくわからないぞっ?」
状態に・・。
この時代のことがよくわかります。
(ちゃんと買っていれば(^^ゞ)
歴史ものなのでしょうがないのですが
コミック最初の頃は秋山さんが
主人公として書かれていますが、
途中で全く見かけなくなるのが
残念・・・。いや、ホントにしょうがないんですけど。
日本の歴史、勉強しませんか?漫画ででも。)

『PLUTO~プルートゥ』浦沢 直樹
小学館
(感想:なぜに買ったのかよくわかりません。
うーん、ホントに。
面白そうだし、
伏線がたくさんありそう・・・。
なんですけど。
ここではやめられないよう。様子見。)

『るろうに剣心 完全版
   ―明治剣客浪漫譚』

和月 伸宏 集英社
(感想:リアルタイムで読んでませんが、
アニメは見ました。剣心がよかったので
気にはなっていたのですが、
完全版になったというので
買っちゃいました。ホクホク。
だけど、22巻まで出るのね・・・
全部買うには・・・・
パチパチ←そろばんをはじく音
おううう、高い買い物だあ。)

なんだかめちゃめちゃな買い方ですなー

少女マンガでは「吉田秋生」さんが大好きで
(YASHAはドラマ化され、海猿の伊藤英明君が
静と凛の二役をやりましたが
あれは別物ということで。)
直近で「イブの眠り」を買ってました。(完結しました。)
今度はどんなのを書くのかなあ~。
待ってます。コミックで。

今回は特に長くてすみません。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

佐藤 雅彦氏著 「四国はどこまで入れ換え可能か」

こんにちは(*^^)v

昨日、(私好みの)面白い本を見つけたので
ご紹介します。

四国はどこまで入れ換え可能か Book 四国はどこまで入れ換え可能か

著者:佐藤 雅彦
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


これです。

表紙を見て「どーゆーこと?」とおもいつつ
手にとって見たら、私が思っていた小難しいものでは
全く、全然ありませんでした。
(「さおだけやはなぜ潰れないのか」系かなと・・・。)
    ↑
いやいや、普通思わないから。^_^;

即買いです。

小さいお子さんがいらっしゃる方は
ご存知かと思いますが
NHK教育TVの「ピタゴラスイッチ」の企画を
されているかたなんですって、
この本の作者の佐藤 雅彦さん。

「くすくす、ぶははは、おおっ、こうきたかー」と
つい声が出てしまう本です。

文庫なのもナイス~。
帯にありますように、
「ねっとのおやつ」という題名で
マガジンハウスから単行本で
出たものを文庫化したんですね。
ねっとのおやつってことは?
もとをたどれば
so-netさんでショートアニメとして
配信されていたのですか。ふむふむ。

軽ーい内容の本なので、
ちょっとブルーな時にお勧めです。

内容は・・・説明しちゃうと面白くないので
見つけたらちょっとのぞいて見てください。
↑立ち読み禁止?はたきではたかれないようにね。

あなたも心くすぐられるかも?

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

映画「日本沈没」を見た。

こんにちは(*^^)v

今日は雨でしたが、めげずに
映画「日本沈没」を見に行きました。
(HPを見てびっくり!ジャニーズさん、徹底してますね)

わたしが子どもの頃にTVドラマで見た
「日本沈没」はものすごく強烈だったので、
この作品が今の時代にリメイクされたら
どんなになるんだろうって思いつつ
今日を待っていました。

感想・・・・・。(ネタばれ注意)

見た後にあの頃よりもっとリアルに「ホントに来たらどうしよう?」と
思うかなーと思ったのですが
(ホントに大地震も多くなっているし、年数は確実に
すすんでいるし。)
なんだか、「現実でも大丈夫かも?」なんて、思ってしまいました。
いやいや、確かに映画なんだから、それでいいんだけど。

子どもの頃に見たので、強烈度が
いい年になったために緩和されたのか。
(ストーリーが違うのかな?そうとも聞いたような・・・)
                 ↑
                未確認

柴咲 コウちゃん、メヂカラがやっぱりありますね。
とてもがんばっていたと思います。

大地真央さん、ああいう政治家いいですね。
実際は家族とさっさと飛行機に乗って行っちゃう
「先生」はどれくらいいるのかしら・・・・。
そーでないで欲しい。(変なニホンゴ)
さっさと飛行機に乗っていった「先生」の子どもの軽さが
映画だとわかっててもムカつく~。(こまかすぎ?)
うまい見せ方だなと思いました。やだけど。
わたしのような下々のものは、柵の外。
やだやだやだ。

そして
ミッチーと剛くんの乗った潜水艇「わだつみ」。
「わだつみ」と入力したら「海神」と出て
初めて「海神」の意味を持つことを知りましたが、
私の中では「わだつみ」といえば
「きけ、わだつみのこえ」が思い出されて
しまい、頭から離れませんでした。(>_<)

きけわだつみのこえ
日本戦没学生記念会編

| | コメント (1) | トラックバック (0)

絵本をゲット!

こんにちは(*^^)v

先日ちょっと離れたところの図書館に本を返した
帰り、某古本屋さんに寄りました。
他には見向きもせず、児童書に直行!
ホントにあそこはあるときは山のようにある
ないときは全然ないので、こまめに行くしかないのですが
この間はあった~
すごくいっぱいー

どんな人がこれを売りに出したのかなぁ
おかげでわたしが買えまーす。
感謝感謝でございます。

お洋服のバーゲンがじゃんじゃんされている中
そちらに目もくれず
絵本・児童書を買いまくってます。
目指せ家庭文庫~です。

ゲット商品は
1.『ティッチ』パット・ハッチンス作 
いしいももこやく 福音館
2.『ありがたいこってす』 
マーゴレット・ツェマック さく 
わたなべ しげお訳 
童話館出版
3.『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』
バージニア・バートンさく
むらおか はなこ やく 福音館書店
4.『はたらくうまのハンバート
 とロンドン市長さんのはなし』
ジョン・バーニンガムさく 
じんぐう てるお 訳 童話館出版
5.『うまかたやまんば』
小澤俊夫 再話 赤羽末吉 絵
福音館書店
6.『ふたりはともだち』
アーノルド・ローベル 作 
三木 卓訳
文化出版
7.『くんちゃんとふゆのパーティ』
ドロシー・マリノ 作
あらい ゆうこ訳
ペンギン社
8.『おおきなかぶ』ロシア民話
トルストイ再話 内田莉莎子 訳 
佐藤 忠良画
9.『ちいさなヒッポ』
マーシャ・ブラウン作 うちだ りさこ訳
偕成社
10.『はるがきた』ロイス・レンスキー作
さくまゆみこ訳 あすなろ書店

以上です。
 

特に『朱色』でかかれた作品は
とっても欲しかったものなので
ホクホクです。

古本屋さんには絵本なんて・・・・と
思われている方も多いと思いますが
あるときはありますよ~

子どもに与えるのに抵抗のある方も
いらっしゃると思いますが
わたしもいくら安くても
汚いのは買いません。
どんなに欲しい作品でもね。

ただね、児童書って
絶版になるのがものすごく早いので
絶版ものなら状態が悪くても
そこで買わないと手に入らないですよね・・・。
うーん、値段も高そうだし、
そういう本にであったら、わたしどうするだろうな~

ではでは。^_^;




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

梅サワーもう飲んじゃってます。(^^ゞ

Umesawa こんにちは(*^^)v

先月仕込んだ梅サワードリンクですが
もうかなり前に飲み始めて
1つの瓶のほうがなくなりそうです。
飲み始める時にブログに書こうと思っていたのですが
散々飲んでから・・・・。(^^ゞ失礼いたします。

梅も青から茶色になってよい漬かり具合です。
もちろんお味もよくエキスが出ていておりますです~

なくなっている瓶のほうが
氷砂糖の量が少なかったようで
あっさりしています。
下の子はこちらのほうが好きなようで
「あっさり味のほうを飲みたい」といい、
こちらのほうはほとんど無くなっています。

我が家ではこの梅サワーに買ってきた氷
(すぐ溶けるのがいやでわざわざ買ってます・・・。
貧乏なのに・・・何で氷って結構高いのさ!と文句をいいつつ。)
と、炭酸水で割っているのですが
Vals
おもに使っているのが
この「VALS」という微炭酸の
ミネラルウォーターです。
使い始めたきっかけは
・・・・・お安かったから。^_^;
でも、とてもソフトな口当たりで、
すっきりしているので
何かで割って飲むにはとってもGOOD!となって
我が家の定番に落ち着きました。
おフランス製よ。ほほほほ。
(こんなところにしかフランス製は我が家にやってこないのだった・・・(T_T)

本格的な夏が来る前に無くなっちゃいそうですが
これを飲みきったら
また何か旬の果物を漬けたいと思います・・・
去年は巨峰をやりました。
それも激ウマでした。ふふふふふー。

まあその前に、梅干を干す「土用イベント」が待っている我が家なのでした。
そちらもカビも出ていないようで
今のところ順調です~

ではでは

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

今日の読み聞かせ

こんにちは(*^^)v

今日は中学年の1クラスに行って読み聞かせを
してきました。

読んだ本は
『マリールイズいえでする』

マリールイズいえでする  
マリールイズいえでする

著者:ホセ アルエゴ,アリアーヌ デューイ,
ナタリー・サヴィッジ カールソン
販売元:童話館出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マリールイズはマングースの女の子。
いつもはよい子だけれど
今日は悪い子になって、かあさんに
しかられます。
そこで新しいかあさんを探すため
家出をします。

しかられたら家出したくなりますよね~
だけど、やっぱりおうちが一番、家族が一番!
子どもの気持ちをわかっている本です。
またお母さんもさらっとしているけれど
密かに子どもを捜して、とても子どもを
愛しているのがとてもいいのです。

子どもは主人公を自分に置き換えて
本やお話に入り込みます。
実際同じことを自分がしなくても
その主人公が自分の代わりにやってくれる
のがうれしいみたい。

大人の視線で書かれた本ではなくて
子どもの気持ち、目線になって書かれた
本を読んであげることが大切だそうです。
(今行っているお話会養成講座の先生が
おっしゃっていました)

1学期のわたしの読み聞かせは・・・。
高学年に
1.『光の旅かげの旅』アン・ジョナス作  
 内海まお訳 評論社
 『天福地福』
 子どもに語る日本の昔話3 
  こぐま社 稲田和子 筒井悦子 著
2.『光の旅かげの旅』
 『せんすの寿命』 
 子どもに贈る昔ばなし1
 ねこと犬とさるのたからもの より
 再話  沖縄昔ばなし大学再話コース
 監修  小澤俊夫
低学年
1.『ピーターのいす』
 E=ジャック=キーツ作 
  木島 始 訳 偕成社 
 『やさいのおなか』きうち かつ さく・え 
 福音館書店
中学年
1.『なぞなぞの本』より2点 福音館書店編集部 
   福音館書店
2.『いっしょにきしゃにのせてって』
   ジョン=バーニンガム作 
 長田 弘 訳 ほるぷ出版
 『かめの遠足』
 新編世界むかし話集イギリス編 
 山室 静 編著
 社会思想社
3.『かめの遠足』
 『はげたかオルランドはとぶ』
 トミー=ウンゲラー作 文化出版局
特別級
1.『パンやのくまさん』 
   フィービとセルビ=ウォージントン 作 絵
 まさきるりこ訳 福音館書店

以上 7クラスと今日の1クラスで
合計8クラスにお邪魔しました。

思い起こせば反省すべき点がいっぱいあって
変な汗が出てきます。

「夏休み中にはもうちょっと勉強しなくては!」

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

映画「劇場版トリック2」を見た。

こんにちは(*^^)v

全くお久しぶりになってしまいました・・・。

いかんなー。反省・・・。

昨日は7月1日、映画がお得に見られる日でございます。

これは「劇場版トリック2」を見るしかない!!

あのなんともいえない「とぼけっぷり」がいいんだよね~
出演者全員。

TVシリーズもよかったし。

劇場版1のほうは、プレゼントで当てました。鑑賞券。(^_^)v
無料で見たけれど
あれはお金を(とはいってもレディースディなどの千円のときに)←けち。
出してみてもよかったと思いました。

今回も期待していきました。もちろん。

おもしろかったですよ。もう「くすくす、ぷっ。」の連続。
細部まで大変こだわって作られていました。
「これって、あれだよねっ!!」が随所に
ちりばめられていて、若者からそうでない人まで
広域に「くすくす(笑)」が網羅されていました。

でも、なんだか、「あれ?」って感じがしました。
なんかすごーく足りないの。
心の底まで「おもしれー!(^^)!」って思わなかったかも・・・。

とてもきれいなスケートリンクの上に
うすーく水が張られている上をさーっと滑っているような
感じ。ふむむむむ。

正直 映画じゃなくてもよかったのかなー (小声)
「1」のほうが・・・おもしろかった・・・うっごめんなさい・・・・。(‐m‐)

私にとって「何がたりなかったのか?」考えました。
・・・・・・・えーっと。うーんと。

おおっ!

「○○とのからみがなかったからかも」

※映画をご覧になっていない方のために
お名前はふせさせていただきました。<m(__)m>

きっとこれだよ、私が物足りないなーとおもったのは。
あの2人のやりとりはいい味出してるんだよね~
いつも。
なぜ今回はないのよ~?
○○さん、忙しくてスケジュールがあわなかったのかしら?
損した気持ち。

と、私自身の問題点の答えがわかって
もやもやが晴れました。


あ、そうそう、「トリック2」での片平なぎささんのあるしぐさ、
「見てた見てた、見てたよ~」とわかる年齢でございます。
∴現在流れている、某オレンジ系飲料水のCMもわかります。
両方とも、まきちゃん出ているのね。^m^
(ご本人は何のことやらでしょうが・・・。)
あとは風○壮○さんかー・・・なんてね。

次回の映画は「日本沈没」か「ゲド戦記」です。たぶん。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »