« 佐藤 雅彦氏著 「四国はどこまで入れ換え可能か」 | トップページ | TVで映画「ハウルの動く城」を見た »

2006年7月21日 (金)

漫画「のだめカンタービレ」好き。

こんにちは(*^^)v

今日は私の好きな漫画のお話を。

子どもの頃かってもらえなかったので
今大人買いです。(^^ゞ

購入中の作品で一番気に入っているのは
ちまたでも有名になってきている
「のだめカンタービレ」です。

のだめカンタービレ (15) Book のだめカンタービレ (15)

著者:二ノ宮 知子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

音大の学生(ピアノ専攻)、
野田 恵(のだめ)が主人公でございます。
(現在は留学中ですが。)
音大の漫画って堅そうですが
「ジャンル:ギャグ」ですので
まじめなクラシックファンが読んだら
怒るか、見方が変わるかします。

でも、なんか心が
ふお~~~~んと暖かくなります。
とても応援したくなるんですよ。
作中に出てくる曲も聴きたくなるし。
で、こちらも買ってしまいました。

のだめカンタービレSelection CD Book Book のだめカンタービレSelection CD Book

著者:二ノ宮 知子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

よくわかる解説付きでとてもよかったです(*^_^*)

この作品に出会ったきっかけは
『朝日新聞』の日曜版で
紹介されていたのを読んで。
その頃にはもう何冊かコミックで出ていて
「おお!これは買わなくては!」と
書店に走りました。
(大昔、音大に行きたいと頭をかすめた
ことがある)

のだめが主人公なんですけど
その妙な魅力に捕り憑かれてしまった(いいすぎか??)
指揮者千秋側の気持ちになっている自分に
気づきました。
やっぱ、自分が親だからかしら?

ほかに今購読中の漫画は

『naruto~ナルト』岸本 斉史 集英社
(感想:2部になってから中だるみ・・。
ペースダウン。シカマル出てこない(T_T)
あんなに持ち上げといて・・・。ぶつぶつ。
なんてね。今後どうしよう)
『バガボンド』 井上 雄彦,吉川 英治
講談社
(感想:途中読むのが
ただ読んでいただけになっていたが
最近の巻になってまたわくわくして読んでいる。
表紙の題字の字体が変わった。
前のほうがよかった。
ここで言ってもしょうがないが、
「スラムダンク」は何度読んでも泣ける。
最終巻まで面白かった。)

『リアル』井上雄彦 集英社
(時々書店でチェックをしていないと
買いそびれるので注意してます。
3人のそれぞれの若者の道を
丁寧に書いています。よいです。)

『日露戦争物語
  ―天気晴朗ナレドモ浪高シ』

江川達也 小学館
(感想:気がついたら
何巻か飛ばして買ってしまって、
「あれ?よくわからないぞっ?」
状態に・・。
この時代のことがよくわかります。
(ちゃんと買っていれば(^^ゞ)
歴史ものなのでしょうがないのですが
コミック最初の頃は秋山さんが
主人公として書かれていますが、
途中で全く見かけなくなるのが
残念・・・。いや、ホントにしょうがないんですけど。
日本の歴史、勉強しませんか?漫画ででも。)

『PLUTO~プルートゥ』浦沢 直樹
小学館
(感想:なぜに買ったのかよくわかりません。
うーん、ホントに。
面白そうだし、
伏線がたくさんありそう・・・。
なんですけど。
ここではやめられないよう。様子見。)

『るろうに剣心 完全版
   ―明治剣客浪漫譚』

和月 伸宏 集英社
(感想:リアルタイムで読んでませんが、
アニメは見ました。剣心がよかったので
気にはなっていたのですが、
完全版になったというので
買っちゃいました。ホクホク。
だけど、22巻まで出るのね・・・
全部買うには・・・・
パチパチ←そろばんをはじく音
おううう、高い買い物だあ。)

なんだかめちゃめちゃな買い方ですなー

少女マンガでは「吉田秋生」さんが大好きで
(YASHAはドラマ化され、海猿の伊藤英明君が
静と凛の二役をやりましたが
あれは別物ということで。)
直近で「イブの眠り」を買ってました。(完結しました。)
今度はどんなのを書くのかなあ~。
待ってます。コミックで。

今回は特に長くてすみません。

ではでは。

|

« 佐藤 雅彦氏著 「四国はどこまで入れ換え可能か」 | トップページ | TVで映画「ハウルの動く城」を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85432/2746333

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画「のだめカンタービレ」好き。:

« 佐藤 雅彦氏著 「四国はどこまで入れ換え可能か」 | トップページ | TVで映画「ハウルの動く城」を見た »