« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月24日 (木)

北海道土産のキャラメル・・・。

こんにちは(*^^)v

北海道に行った話しは昨日いたしましたが
今日は、そのお土産のお話を。

職場のある方に
「うわさの『ジンギスカンキャラメル』なるものを
食べたい」とのお話があり、
飛行機を降りてすぐに
おみやげやさんに直行し
まずそれを購入しました。

前、TVでこのキャラメルを作った行程を
見ていたので、その存在は知っていましたが
食するのは初めて。

「ジンギスカン・・・」の周りには
もうさまざまな(>_<)ネーミングのキャラメルが
わんさかと。
「塩ラーメンキャラメル」
「スープカレーキャラメル」を
買ってみました。

我が家分に
「ジンギスカン」「塩ラーメン」
お土産に
「ジンギスカン」「スープカレー」。

「ジンギスカン」はあのジンギスカンのたれと
独特の風味がします。
私は「きつー」と思いましたが
職場で召し上がられた方は
「ジンギスカンの味はするけど、
全然平気~」
「それよりもカレーのほうがくるよ」とのこと。

北海道民のほうが
ジンギスカンの味に慣れていて
こちらの人のほうが
「(>_<)(>_<)(>_<)」かと思ったら
そうでもないらしい・・・・。

私に悪いと思ったからかな~

受け狙いの商品だと思うので
(怖いもの食べたさのような)
私は全然気にしないのですが。

「カレー味」も食べてみました。
見かけは・・・
薄黄色。よーく見ると、何だね?この赤い細かい粒々?

パクっ。
・・・・キャラメルの味は最初だけ。
食べ終わってもいつまでもカレーの味が残る~

お弁当の直後に食べましたが
カレーを食べていないのに
もろ「私は今お昼にカレーライスを
食べました」って言ってもいいぐらいの
HOT加減でした。

ちなみに「塩ラーメン味」は
「なんとなーくしょっぱいキャラメル」で
よくある「塩あめ」よりも
全然塩っぽくありませんでした。

私がTVで見たときは
「ジンギスカンキャラメル」は
売れているって言ってました。

そうだろうな・・・。

負けるな~「ハスカップキャラメル」!!

ちなみに職場には
北海道定番土産
「白い恋人」も持って行きましたよ。

日本経済新聞平成18年8月12日(土)の
NIKKEIプラス1で
「もらってうれしい菓子のみやげ」アンケートで
堂々の第1位でした。 

2位も北海道の銘菓
六花亭の
「マルセイバターサンド」でした。
今度はこっちにしよう。

ご当地みやげは楽しいな~

他にも笑えるパロディーものの
Tシャツを上の子が
買ってました。

・・・・友達に受けなかったらどうしよう・・・

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

北海道(高校野球、旭山動物園)2題

こんにちは(*^^)v

先週の土曜日から今日まで北海道に
行ってきました。

私の住んでいるところから
北海道に行くのは
立派な旅行だと思うのですが
私たち家族にとっては
「帰る」ところなので
子どももありがたみというか
なんといったらいいのか、
うーん、「連れて行っていただく」という
気持ちがないのです。
いけませんね~

子どもの友達が自分の行ったことのない所に
旅行に行ったと聞くと
「いいな~」を連発。
「北海道に行くのだって
こちらの人にとっては『いいなー』なんだよっ(怒)」と
いくら言っても理解してくれません。

というわけで
少々北海道のお話を。

やっぱりすごかった。
高校野球、
駒大苫小牧VS早稲田実業の決勝戦。
出かけても、大型TVの前は人だかりですよ。
苫小牧の学校だけど
全北海道民が全員応援ですから。

何がなんでも勝ち負けを決めなくちゃ
ならないのかって
この試合を見て思いました。
再試合でも1点差なんて
ほんとに両方優勝させてやりたかった~

負けちゃった方を応援していた側の言い分で
失礼しました。

再試合をしても1点差だなんて
ドラマのような決勝戦でした。
涙涙。

そしてすがすがしい笑顔で帰ってきたのを
見て、拍手拍手!!

私も新たな目標に向かって
こつこつがんばろうっと。

がんばっているつながりで
もう1つ。

北海道話題のスポット、
「旭山動物園」にも
行って来ました~(*^_^*)
とっても楽しかったですよう。

全部が全部、工夫されているのでは
ありませんが、
手を加えたところは、とても考えられていて
楽しめました。
私が一番、気に入ったのは
「オランウータン」です~
「生きているオランウータンを見ているよ!」という気が
しましたよ。
たまたまなんでしょうが、よく動いてくれて
「背中ってあーなんだ」とか
「結構大きいなー」とか、「あんな所に手をかけているけど
すべらないんだー」など、いろいろな発見がありました。

手作りの動物たちの説明パネルとかも
ものすごくいいのです。
あったかい感じですよ。
地域の子どもたちの作った
パネルとかもあるのです。
とてもよくできてました。

園内は思ったより、狭いのですが
「これは大勢の人がくるよな~」と思いました。

北海道の子どもたちは、
大体20日前後には学校が始まるんです。
動物園に行った時は
学校がすでに始まっていたので
ちょっとはすいているだろうと踏んでいましたが
観光バスががんがんやってきて
「ここは本当に動物園かい?」って感じ。

こんなに人がいっぱいいて
動物たちはいやかもしれません。
動物たちとの距離もほかと比べて
とても近いし。
そのため、見る側はマナーは絶対守らなくては
と改めて思いました。
「動物たちは望んでここにいるんじゃないんだから
(動物たちに)『見せてもらっている』気持ちも
持ってないとだめだな。」と反省。
大人が見本を見せなきゃね。

おおっ~そうだ。
お土産屋さんは何店舗かありますが
どこもそんなに広くありません。(いや、はっきり言うが「狭い」)
ですが、とにかく多くのお客様がいらっしゃるので
入り口近くのお土産やさんは特にものすごく
混みます。
閉園前の某ディズ○ーランドのショップ並み
いや、それ以上かも・・・。
暑かった(「熱い」か?)!!

動物園定番のお土産、ぬいぐるみを購入するとき
顔がかわいいのを選ぶ余裕はありませんでした。
(私は北極熊が欲しかったが、
子どもはキングペンギンを購入していました。
名前は買った本人は「キンちゃんにする」というのですが
上の子は「ぺんぺんぺんにしろ!」と言ってけんかしてました。
2人ともそのセンスはいかがなものか・・・・。←実は母譲り。)

旦那が東口の駐車場のところの
おみやげやさんにこっそり
一人でいったらしく
そちらは「すいてたよ」と言ってました。
違う品揃えなのかどうかちょっとわからないのですが
ノートとレターセットとくるみの殻にのっている
カピバラの携帯ストラップを購入して
私と子どもに分け与えてくれました。

以上、
「北海道でがんばりの成果が出ている団体さんを見た!」の
コーナーでした。(長すぎるタイトル・・・・^_^;)

私の友達もみんながんばってました!!
私もこつこつがんばるよっ!

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

「のだめ」が月9!

こんにちは(*^^)v

先日「のだめカンタービレ」が好きだ
とお話しましたが、
とうとうドラマ化されるんですね~

しかもフジTVの「月9」枠。

いつかドラマ化されるとは
思いましたが、
あの「のだめ」の変○さを
どのようにかもし出すのか
はっきり言って
めちゃめちゃ難しい役だと思うのです~

あの漫画の面白いところは
やっぱりのだめのキャラにかかってますからね。

上野 樹里ちゃん、好きですよ。
がんばってね!応援してます。

玉木さん、そして竹中直人さん・・・
うーん、矢口史靖監督作品の役者さん、
オンパレードですな。

竹中直人さんは昔から
めちゃめちゃ好きです。

まあ、原作通りには
絶対できないと思うけど
見てみようと思います。

漫画「動物のお医者さん」(佐々木倫子作)も
ドラマ化されましたが、
あれはあれで面白かったです。
見る前にハムテルを吉沢悠君がやると聞いて
「イメージと違うな~」と思いましたが
見ていると、落ち着いた感じとかボワワンとした
感じがよく出されてました。
二階堂役の要潤君ははまり役でした。ぷぷぷ。

なんだか
独自のストーリーでドラマを作るのが
そんなに難しいのかと思うぐらい
漫画原作のドラマが多いですね。

がんばれTV業界~~~。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年8月 6日 (日)

やっと梅を干したよ~

こんにちは(*^^)v

仕事が連休になったので
やっとやっと梅を干しました~
Umebosi

←草ぼうぼう・・・。


もうちょっとやわらかいのを期待したのですが
お味見をしたら、表面は心持ち、歯ごたえが
ありました。中身はとっても柔らかです。

とってもすっぱくて
味は私の好きな塩梅です。(*^_^*)

先日
県立図書館にいったら
子どもがこんな本を見つけました。

スローライフな時代の暮らしの事典 スローライフな時代の暮らしの事典

販売元:家の光協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その中に「携帯干し梅の作り方」が載っていました。

梅だいすきの子どもが早速チャレンジ。
レンジで作るので
とっても簡単でした。
しかもとてもおいしくて
上の子も気に入ったようでした。

今年の新梅干ができたら
また作ってもらおうと思います。

ではでは~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

手作りブックカバー

こんにちは(*^^)v

いやー梅雨明けまで長かったですね。
梅もまだ干すこともできなかったなんて
梅干を作り始めて初めてです・・・。

今の職場を離れる方に
お礼をしようと
ブックカバーを作りました。

以前、「かわいいなー」とおもって
買っておいたこの本の中から
   
    ↓     

point刺しゅうの本―カンタン布雑貨にステッチON! point刺しゅうの本―カンタン布雑貨にステッチON!

販売元:雄鶏社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙にある文庫版のブックカバーが
とても考えられていたのです。

裏表紙にあたる側のほうが
調節できるようになっていて
いろいろな厚さの文庫に対応できるように
なっているのです。
感激~

ブックカバーのほかにも
くるみボタンとかバッグとか
すてきなものが
オンパレード。
もちろん刺しゅうの図案は
いろいろな先生がデザインされていて
どれもこれもとてもかわいいです。

型紙はこの本を利用させていただき、
刺しゅうは自分で書いたものを
アウトラインステッチで
シンプルに刺しました。
いろいろなステッチができないのです。
とほほ。

Book2_1





裏表紙のほうにレースを入れてみました。

Book








生地は表地は大好きなリネン、
裏地はコットンです。
しおりはテディベアの鼻を刺しゅうする
糸を使っています。

なんか自分の図案では
刺しゅうのデザインがやっぱり
センスなくて、またもや
「ごめんなさい、自己満足なんです」と
言いながらプレゼントする羽目になりました。

「本の通りにすればよかった。」と
ものすごく反省しました。
(T_T)

いつになったら
「おお~」といっていただけるような
センスある雑貨ができるようになるのかしら・・・。

センスを磨くのってほんとに難しい・・・。

でも雑貨を作りたいなら
これは絶対にかかせませんね。

よいものをいっぱい見て
目と脳によい栄養を与えなくては・・
と思います。

また自己満足オンリーの作品発表になっちゃった。

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »