« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月19日 (火)

映画「出口のない海」を見た

こんにちは(*^^)v

映画「出口のない海」を見てきました。
先日のTVドラマ「僕たちの戦争」の
余韻が冷めないうちに、同じテーマの
この作品を見なくては!と思い
映画館へ向かいました。

私の「僕たち~」の記事を見に来てくださった方の数は
私がブログを初めて、ダントツの1位でした。
それなのに全く的外れな文章で
申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ごめんなさい。

あの作品に大勢の方が関心を持っていたのを
知ることができて、よかった。
ぜひ見て欲しい作品だったので
(原作の荻原浩氏、TBSの関係者ではありません)
本当によかったです。

はてさて、
「出口のない海」の内容については
(ネタばれあり・・・・だと思います)
私の5月18日の記事でもお話させていただいて
いるので、もしよろしかったら
そちらをご覧いただけるとうれしいです。

映画の公式HPはこちら→映画「出口のない海」

映画の感想・・・・

原作を読んだときは
珍しく「号泣」しました。

そして・・・・・映画でもやっぱり「泣きました~」
しかも「うるうる」ではなく
気がついたら「ぽたぽた」涙が落ちて
来てました。

こんな若い人たちが
命を落とすとわかっているのに
それに向かっていくのは
なぜだったのか。
でも本当はどんな気持ちだったのか
とてもとてもよくわかる作品でした。

「正しい戦争なんてない」
おとといの健太の声が聞こえます。

命あるものを兵器として使わなくてはならないなんて・・・。

自分や
自分の子どもがその立場だったらどうする??

もう苦しくてたまりません。

だけどあの時代は行かねばならなかった。
結果がわかっていても行かねばならなかった。
行かなくてよくなっても
行けなくなった事に激しい後悔をする
そんな時代でした。

その歴史はこの国にはあるのです。

この映画に
主役の並木浩二と父、浩二と整備員の伊藤との
会話で
「敵を見たことがあるか」という問いかけに
答えるシーンがあります。

国と国が戦っているとはいえ、
実際命を失うのは、家族も恋人も友人もいる
個々の人間なんだ・・・・・。

私たち自身わかっているようで自分の痛さとしては
感じたことがないので
やっぱり遠い世界の出来事のような
気がするのは仕方がないのかもしれません。

だけど、これから先、
どのようにこの国がすすんでいくか
わからないので、こんな悲しいことが
もう二度と起こらないように
過去のことも知りつつ、未来のことを
考えたいと思います。

思い出しただけでも涙が出るよ、ホント。

私の後ろにご家族で来ていた方がいて
この映画をご家族で見にこられるなんて
なんてすばらしい家族なんだろうって思いました。
まだお子さんもそんなに大きくないのですが
きっちりストーリーをわかっていたようでしたよ。

話は飛びますが

しょっぱな学ラン姿の海老蔵氏を見たときは
ちょっと違和感がありましたが、
まあ、大学生だからいいか。とか。
(これで高校生ならきついわ)
だんだん、大学生のような顔つきに見えてきました。
あの切ないシーンは武蔵のときにはなかった
まるごしの感じがよかったです。

なにかと主人公とぶつかりあっていた
北勝也役の伊勢谷友介氏ははまってましたね。
あの精神的につらくてつらくてたまらない
状態をよくつかんでいたと思います。
あの人物像があって、主人公の考えも
きわだってくるのでしょうね。

上野樹里ちゃんにつきましては
おとといも拝見しましたし、
これから先も
「のだめカンタービレ」でも
お付き合いいただきます。
ので、よろしく。といったところでしょうか。
原作を読んだときには
全く違うイメージだったんだよな~
美奈子役。

あ~だめだ、またあのシーンが
よみがえって涙が出てくるよう。
今日は目をつぶるとやばいです。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

TVドラマ「僕たちの戦争」

こんにちは(*^^)v

TBSの戦争企画第3弾
「僕たちの戦争」見たほやほやの感想です。

このブログの5月23日分で原作のお話をして
6月14日にあゆこさんからこのドラマ化のお話を
コメントにて教えていただき、
今日の日を待っていました。

(作品内容はよかったら5月23日のブログを
ご覧くださいませませ<m(__)m>)

森山未來くん、よかったですね~
あゆこさんからキャスティングも
教えていただいたのですが
そのときは「え、森山君が!」とちょっと驚きました。
でも彼(健太と吾一)の変化していく様子がとてもうまくて
私は適役だと思いました。

2時間の枠だったのでどうしても
いろいろな部分がカットされてしまうので
しょうがないのですが

もうちょっと長い時間をかけて
やって欲しかった・・・。

森山君がよかっただけに惜しかったなあー。

(あとCGなんとかならなかったのか!!)
   ↑
あの部分はすごく不満。
というより怒。興ざめ。
せっかく俳優人ががんばっているのに
「なんだありゃ」って思いました。


原作はもう少しエピソードがあり、
そして読み終わった後
考えさせられる余韻が
びりびりとありました。

よかったらぜひ原作もお読みください。

これからも森山君がんばってください。

TBSの戦争企画は
「さとうきび畑の唄」「広島・昭和20年8月6日」
そして
「僕たちの戦争」
全部見ました。
「さとうきび畑の唄」はもっとも印象深い作品でした。
再来年もぜひ企画を続けてください。
戦後生まれの私たちのために。

おお~そういえば
「僕たちの戦争」と同じ頃
紹介した
横山秀夫さん原作の
「出口のない海」は上映中ですね。
これも見に行かなくては。

夏から初秋になるとそういう作品を
読んだり、見たりしなくてはと思う
柊でした。(他の季節はどうだ?)

ではでは。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年9月15日 (金)

鏑木 蓮 著 「東京ダモイ」を読んだ

こんにちは(*^^)v

私の住んでいる所は
秋の長雨&寒ーいです。

昨日は仕事が休みだったので
先日買った本を読みました。

その中で読み終わったのは
江戸川乱歩賞をとった

東京ダモイ Book 東京ダモイ

著者:鏑木 蓮
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


「ダモイ」はロシア語で「帰還」の意味です。
この言葉は第二次世界大戦後にシベリアに抑留された
日本人捕虜たちが合言葉のように使っていました。

この本にはなかったですが
「ダモイ」とソ連軍に言われて、列車に乗らされたが
移動中に自分たちの国の方向ではない「西」に
向かっていることに気づいた・・・との記述のある本もありました。

以前に『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』
(辺見じゅん著 文藝春秋 大宅荘一ノンフィクション賞、
講談社ノンフィクション受賞作品です)が
TVドラマ化されたのを見て、大変心ゆすぶられたこと、

(今Googleで調べたら、このドラマは平成5年に放映された
そうです、もう13年前!!でも鮮明に覚えてる!)

この本にも出てくる
京都の舞鶴にある
舞鶴引揚記念館」や
東京新宿区にある
平和祈念展示資料館」での抑留の展示を見たことなどで
言葉の意味は知っていたので
先に「題名」ありきで、読み始めて「江戸川乱歩賞」を
とった作品と気づきました。^_^;

題名の通り、シベリア抑留のときのことが軸になっていますが
基本的に流れは60年たった現代が舞台です。
とても読みやすく、仕事と主婦業をやりながらでも
2日で読めました。

率直な感想は
「これが探偵小説で賞をとったの??」っていう感じです。
賞をとったことによって
(戦争の悲惨さを知る上で)「シベリア抑留」にスポットが当たったのは
とてもよいことだと思うのですが
作品自体は「探偵もの」での賞にしては
こんな私でもちょっと物足りない感じがしました。

いや、私が巷でわんさか流れている
トリックもののTVドラマに感化されているから
そう思っちゃうのでしょう。
どうも思い込んでしまう悪い癖が・・・。
(しょっちゅう見ているわけではないんですけども(^^ゞ)

派手でなくてよいから、何かを考えさせる作品として
選ばれた作品なのかも・・・

そんな風に感じた本でした。

なんだかブログで紹介する本は
太平洋戦争のものか
くすっと笑えるものかのどちらかで
両極端なのが、自分でも気になっています^_^;

今年は○国神社参拝問題で
戦争について随分話が出ていて
アジアとの関係についても
いろいろとニュースになったりしたので
自分なりに考えをちょっと導き出したかったので
読んで見ました。
どちらかといえば日本の立場ばかり
読んできたので
次は反対のほうから書かれたものを
読んで自分なりに頭の中を整理したいです。

結果はとても出ないでしょうが
(外交を担っているわけじゃなし)
じっくりと向き合っていこうと思います。

なんだかよくわからない書評(?)でした~

あ、9月17日に以前お話した
「僕たちの戦争」(荻原 浩 著)が
TVドラマとして放送されますね。
必ず見ます。
あゆこさん、ドラマ化教えてくださって
ありがとうございます。感謝。

ではでは。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

一刀著「バカ日本地図」を買った

こんにちは(*^^)v

今日、いつも行く本屋さんではない本屋さんをのぞきました。
3冊購入したのですが
その中で私の脳にヒットした本について書きます。

バカ日本地図―全国のバカが考えた脳内列島MAP バカ日本地図―全国のバカが考えた脳内列島MAP

著者:一刀
販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

だんだん新しい地図に塗り替えられていく
さまを書いていますが、
もうめちゃめちゃです。^_^;

北海道、牛模様だし。(笑)

ネットを使って、日本地図の思い込みを集めていて

徐々に隣に吸収される所、県ではなくなるところ、
海底にもぐったりするところ、一度はなくなりまた復活したり。

・・・・・が、

かくゆう私も住んだことのないところは
イメージ的にこの本の通り。

「バカだぁ~」といいつつも私も同じ「バカ」で
ございました。

ちなみにこの本の横に「世界地図」バージョンも
並んで売っていました。

こっちも買う~かも。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

冷蔵庫の整理・・・・。

こんにちは(*^^)v

新しい職場に変わって
もうそろそろ半年。

途中から平日の勤務に変わりましたが
シフトがばらんばらんなので
やる気はものすごくあるのですが
体がついて行ってないみたい・・・。(T_T)
休みのときに読みたい本を読んでいると
確実に寝てしまっています。
(しかも本は山積・・・がああああ)

で、部屋は汚くて、冷蔵庫もめちゃめちゃです。

皆さんは
「冷蔵庫、いっぱい入っているとうれしい!」派ですか?
それとも反対?

私は「冷蔵庫スカスカ大好き」派なんです・・・。
いや、厳密に言えば
「冷蔵室&野菜室スカスカ、冷凍室ぎっしり大好き」派
なんです。

管理能力がないのです、特に食品の。

冷凍してあればとりあえず、疲れ果てているときに
速攻でどうにかしなくてもすみますが
「今日中にどうにかしなくては!!!」というものに弱いのです・・・。
やっぱり面倒くさがりなんでしょうね・・・。

前にお話したように
大体食材は生協&らでぃっしゅぼーやで
頼んでいますので
これらが来る前の日までに
冷蔵庫がすっからかんになっているのが
理想なんです・・・。

あーあ、理想には程遠い・・。

今年は「とうもろこし」の当たり年でした。
大好きなとうもろこしですが
これは生で届いたらその日のうちに速攻で
どうにかしなくてはなりません。
甘さがあっという間に抜けていくそうです。
しかも本当にすぐしわしわになっちゃう。


先日10本ぐらい届き、
らでぃっしゅにも入っていて
他からもいただきました。
全部茹でて冷凍庫に入れなくては・・・・。
全部で16本・・・。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

茹でるより、
皮を少しむいて洗って、ひげはとり、
皮付きのまま
オーブンで焼くのがすきなんですけど
(あまいよ~めちゃめちゃ。)
オーブンで焼くのも1回につき
せいぜい3本ぐらいなので
鮮度を生かすためには
今回は茹でました。

冷凍庫には去年の梅サワードリンクの
お酢+氷砂糖に使った
とっても美味な梅もはいっています。
うわー今年の分も入れなくてはならーん。

当分冷蔵庫と格闘しなくてはならない私でした。
でも、やる気力がない~
(泣き言)

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »