« 月9「のだめカンタービレ」を見た | トップページ | 『ステッチ イデー』を買いました。 »

2006年10月20日 (金)

19日の読み聞かせ

こんにちは(*^^)v

なんか暑い10月ですよね。
今日はちょっと秋らしいですけど、
昨日までの気温は変です。
でもまだ衣替えをしていない我が家にとっては
良いことなんですけど・・・。(自分の怠慢さ)

さてさて
昨日は高学年のクラスで読み聞かせを
してきました。

読んだ本は
とんでいく』風木一人 さく 岡崎 立 え
福音館書店 こどものとも 2000年11月

『ひなどりとねこ』-子どもに聞かせる世界の民話より
矢崎源九郎編 実業之日本社

2作品です。

読む時間は2点合わせて11分ぐらい。

メインは『ひなどり~』です。
こちらは6分ぐらい私はかかります。
このお話は6月から7月にかけていった
「お話会の講習会」の時に先生が
模擬おはなし会で読んでくださったものです。

聞く立場ではとても楽しめました!!

それで、私もチャレンジしたのですが
上手にお話できなかった(T_T)
絵がないからわたしの読み方だけが
こどもとお話の世界をつなぐ唯一のものなので
読み方しだいで大きく差が出ますねー(>_<)

おはなし会の先生は読むのではなく「お話」(語りというか)
テキストをみないでお話してくれたんです。

私は全然覚えられず、読み聞かせでしたので
そこにも差が出ちゃったと思います。

もっと読み込まなくちゃ。
できれば、見ないでお話したい。
そう思いました。

このお話の入っている
『子どもに聞かせる世界の民話』は
たくさんの国のお話がいっぱい詰まった
とてもステキな本です。
短いものから長いものまで入っているので
メインでもちょっと話を入れようかなというときにでも
使えます。とても重宝しますよ。(*^_^*)

さてもう一方の『とんでいく』は
福音館の「こどものとも」の2000年11月にでた本です。
(H18.10月20日現在 こどものとも50周年ブログを見られます!!)
これはハードカバーになっていないので
読み聞かせで使うには
少々持ちにくい本ではあるのですが
前に紹介した
『光の旅 影の旅』のようなしかけ絵本に入ると思います。

しかけといっても
ポップアップではなくて
『光の~』と同様、絵の技法で仕掛けてあります。

左開きで読むと「タカ」が主人公、
タカのお話が終わると
そこから「雁の子」が主人公になって
逆にページを進んでいくと
またひとつのストーリーになります。
別々なんだけど別じゃない、
考えて作ってあるなと思いました。

(『光~』もモノトーン、『とんでいく』も主人公は黒。
背景はカラーですが。
これはどうしようもないのかなー。
カラーで短い時間の読み聞かせで使える
しかけ絵本をご存知のかたがいらしたらぜひ教えてください。
お願いいたします。<m(__)m>)

読み聞かせの感想。
少しあわててページをめくってしまい
大失敗をしてしまいました・・・・。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!(T_T)
ごめんね、みんな。
この本は文章はとても短いけど
絵を見せるための本でもあるので
普通の絵本よりも気を配るべきでした。

前にお話しましたが、この手法の本は
私の場合はメインではないので
あまり長く時間も割きたくはないという
気持ちもどこかにあったことに
しまったと思いました。
時間配分も大事ですね、
朝の短い読み聞かせでは。
もうちょっと考えればよかった。

自分のミスで反省ばかりの読み聞かせでした。
子どもたちの貴重な時間をもらったのに
だめだなー「本当にごめんね。」の気持ちでいっぱいです。

子どもたちはとってもよく聞いてくれてました。(T‐T)

次回の読み聞かせは来週です。

この反省を生かせねば!!

ではでは。 

|

« 月9「のだめカンタービレ」を見た | トップページ | 『ステッチ イデー』を買いました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85432/3892857

この記事へのトラックバック一覧です: 19日の読み聞かせ:

« 月9「のだめカンタービレ」を見た | トップページ | 『ステッチ イデー』を買いました。 »