« 『のだめカンタービレ』のミルヒーの鼻 | トップページ | 映画「父親たちの星条旗」を見た。 »

2006年10月24日 (火)

映画『ブラックダリア』を見た。

こんにちは(*^^)v

久々に映画を見に行きました。
この『ブラックダリア』がどんな映画か
前なにかでみて、実際の迷宮入り事件を題材にして書かれた
小説が原作であることは知っていました。
ちょっと気にかかってはいたのですが
金曜日フジTV「とくダネ!」のおすぎさんの
コーナーで紹介されていたので
お決まりのレディースディで見てきました。

ストーリーをほんのちょっと・・・。

ロサンゼルス市警につとめる
バッキーとリーはPRのために
ボクシング試合を行うことになり、
それがきっかけで特捜課でコンビを組むことになる。

そして殺人事件が起こり、
遺体が凄まじい状態で発見される。
その遺体は
「ブラックダリア」・・・・。

リーの同棲している恋人のケイ、
ケイの過去に関わってくるデウィット、
大富豪のリンスコット家・・・・。
その中でバッキーは心を揺さぶられながら
事件を追っていく。

うーん、上手にストーリーを説明できません。
なんだか難しかったの。
いや、別に普通なら分かるんだと思うのですが
「指名手配の凶悪犯の事件」
「ブラックダリアの殺人事件」
「デウィットが関わってる事件」の3つが
どれがどれなんだか
私の頭の中でごちゃごちゃになってて
なんだか中途半端な分かりようでした。

おおまかなことは最後まで見ると
わかるんですよ。
細かいところの線がつながらないところが
あったの。
大事な所の台詞回しが早くて
理解しないうちに次の台詞に・・・・
「まって~~~~~」でした。(>_<)ノ
(字幕じゃなければわかったかな~?)

リーの「ブラックダリア」事件への執着度も
実際自分もその立場だったら
許せない気持ちで同じように執着すると思いますが
(詳しく言うとこれから見る人はつまらないので
こんな程度でごめんね)
さらりと言葉だけで説明されたので
(執着する理由はとても深いものなのに)
もっと違う言い回しがあったように思いました。

しょうがないよね、時間が好きなだけとれる
ものじゃないんだから、そういう部分はさらりとしなくちゃ
ならないんだろうなあ。

バッキーが大富豪の長女マデリンに魅せられるのも
なんだかちょっと唐突な気もしました。

あるバーで出会い(当時は大富豪の人は行かないであろうバー)、
その中で1人目立って美しかった(というニュアンス)
・・というシーンなんだけど
「そうかぁぁ?」って思ってしまった。

マデリン役のヒラリー・スワンクさんも
きれいな人ですけど
あまりにもケイ役のスカーレット・ヨハンソンさんが
とてもきれいなので、そう思ってしまったのかしら。


分からなかったことを理解したかったので
プログラム(私の若いときはパンフレットといった)も購入。
小説を探してよもうかなあ。

・・・・ということで
自分の理解度が低いためちょっともやもやした
気持ちで映画館を後にいたしました。

アカデミー賞をとった
『L.A.コンフィデンシャル』のほうが面白かったかも・・・。
(プログラムによるとこの作品は
『L.A.コン~』と並ぶ”暗黒のLA4部作”の第1作だそうです。)

ということで久々の映画感想でした。

来週は『父親たちの星条旗』を見る予定です。
ああ、また太平洋戦争ものだあああ。

『フラガール』も見たいよぉ・・・。でも電車に乗らないとみられない・・・。

あっ、予告でやっていた『トゥモロー・ワールド』も面白そうでした。

ではでは。

|

« 『のだめカンタービレ』のミルヒーの鼻 | トップページ | 映画「父親たちの星条旗」を見た。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85432/3940091

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ブラックダリア』を見た。:

« 『のだめカンタービレ』のミルヒーの鼻 | トップページ | 映画「父親たちの星条旗」を見た。 »