« 映画「父親たちの星条旗」を見た。 | トップページ | 「自由が丘トレインチ」に行ってきました。 »

2006年11月 4日 (土)

映画『父親たちの星条旗』再び。^_^;

こんにちは(*^^)v

先日の『父親たちの星条旗』の記事にトラックバックをいただいた
『シカゴ発 映画の精神医学』の樺沢さんの記事を読ませていただいて
考えた事をちょっとお話します~
TBの欄からぜひ樺沢さんの記事をご覧ください。

『なぜ、硫黄島なのか?』という点。
「ベトナム戦争でもイラク戦争でも同じだよな。言いたいことは。」と。。
私も考えました。

それで
NHKスペシャル「硫黄島」

散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道

著者:梯 久美子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を見たり、読んだりしたことを参考に私なりに考えてみました。

アメリカは硫黄島で戦っている敵(日本兵)が
どんなにすごいかがわかった戦いだったようなのです。
(政府など実際に戦ってない人はどうか分かりませんが)

アメリカは数日で落とせると思った
小さな島を日本兵が約1ヶ月も守り続け、
硫黄島の日本の兵士を
日本的に言うならば(批判を覚悟して言うと)
「敵ながらあっぱれ」と思ったようです。
(そして苦労していても勝利している。)これも密かにポイントかな。
監督は意識していないかも。いや興行的に成功するにはポイントは高いかもしれない。


もちろん、そう思えるようになったのは
戦争が終わってだいぶたってから
だと思いますが。

そういう戦いはアメリカには少ないのではなかったろうか。
(いやどこの国でもか)

たとえば
「パールハーバー」では
アメリカ、日本双方で有名な戦いですが、
日本はそのつもりがなかったけれど
(手違いによって起こったことらしいのですが)
アメリカ側にとっては
宣戦布告もなしで卑怯な戦い方と
思われているので
『父親たち~』の中の台詞にあった
「戦争には『善』と『悪』をつけられない。」という
考えは到底アメリカ国民には受け入れられませんね。
(映画『パールハーバー』の評価で実感・・・・・。)

そこからはじまり、原子爆弾を投下して終わった
日米戦争の中で
唯一、「硫黄島」は「戦争には『善』と『悪』をつけられない。」という
大事なメッセージをこめた台詞を使っても、
この作品を観る人が受け入れられる
戦いだったのではないかなと。

ベトナム戦争は結果が結果だったし、
たくさんの映画がある。
イラク戦争は完全に振り返るにはまだ早い。

アメリカ側から、そして敵側(日本)から同じ戦いを
映画化するという史上初の試みをおこなうのであれば
「硫黄島」だと思ったのかなぁと。

私も戦争が悲惨な結果を生むというメッセージは
過去どのような戦争を題材にしても同じ事を伝えて
いけると思います。
(だけどなぜ繰り返されるのか、残念でたまりません)

でも今回の戦った両方の側から描く、
しかも1本の映画の中だけでなく、
独立した2本の映画で撮っていくのなら
やはり「硫黄島」になるのかな??

と思ったしだいです。

皆さんはいかがでしょう?


失礼いたしました。

ではでは。

|

« 映画「父親たちの星条旗」を見た。 | トップページ | 「自由が丘トレインチ」に行ってきました。 »

コメント

こちらこそTBありがとう御座います。
トラックバック野郎で練習して以来、初の本番TBでした。

投稿: びーち3 | 2006年11月 5日 (日) 15時29分

びーち3さん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
私もトラックバック野郎で練習しました。(*^_^*)
またお邪魔させてください~。

投稿: 柊 | 2006年11月 5日 (日) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85432/4051515

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『父親たちの星条旗』再び。^_^;:

» 父親たちの星条旗 [bmwlog]
監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 出演:ライアン・フィリップ、ジェシー [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 21時19分

» ■〔映画鑑賞メモVol.14〕『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)& more... [太陽がくれた季節]
1.『サラバンド』(2003/ベルイマン)鑑賞プチ・メモ≪→こちら≫ 2.『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)鑑賞メモ≪→こちら≫ 3.『百年恋歌』(2005/ホウ・シャオシェン)鑑賞前メモ≪→こちら≫ おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです。 11月4日の朝を迎えました。^^ 11月3日の「文化の日」を含むこの3連休、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 さて、この3連休を使って、紅葉見物〔◆全国紅葉名所カタログ2006~Walkerplus〕に出かけら... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 09時56分

» ▼ クリントイーストウッドは語る [書きたいことを書くブログ]
こんにちは,突然のトラックバックをお許しください。管理人の黒須と申します。今回,クリント・イーストウッド関連の記事を書きました。貴サイトとの関連性を考慮し,トラックバックさせて頂きましたが,ご迷惑でしたらお手数でも削除してください。よろしくお願い申し上げます。 ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 12時07分

» 映画に出てくるようなトランク [スーツケースで旅行をアップグレード]
どんな映画を最近見てますか?今回は、映画に出てくるようなレトロなトランクに関する情報をお届けします。キュリアス*コレクタブルズのファーストクラス気分なキャリ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 21時42分

« 映画「父親たちの星条旗」を見た。 | トップページ | 「自由が丘トレインチ」に行ってきました。 »