« 映画『ブラックダリア』を見た。 | トップページ | 映画『父親たちの星条旗』再び。^_^; »

2006年11月 1日 (水)

映画「父親たちの星条旗」を見た。

こんにちは(*^^)v

今日は映画「父親たちの星条旗」を見てきました。


ストーリーは簡単にいうと太平洋戦争時の「硫黄島」での戦いと
硫黄島の擂鉢山に星条旗を掲げるアメリカ兵たちを撮った
1枚の写真が、この戦争にうんざりしていたアメリカ国民を
奮い立たせ、国債を買わせようとする政府の思惑に利用される。
星条旗を掲げた兵士を帰還させ、
「英雄」として国内を移動し、国債の広告塔の役割をさせられる
彼ら。その帰還した1人の息子が戦争については
一切何も語らなかった父について、関係者に話を聞く・・・・。

こんな感じでしょうか・・・。

監督のクリント・イーストウッドが言いたかったことは
言葉にできないのですが、とてもよくわかりました。
特に激戦だった「硫黄島」ですから
時にはものすごいシーンもあります。
傷を負った兵士の部分はとてもリアルです。
地下にひそんでいた日本人兵士の自決後を
見つけるシーンとか。
(ただ栗林総指揮官は自決は禁止していたように思いますが・・・。
記憶違いだったらごめんなさい)
目を背けたくなるシーンもたくさんありました。

でも私がみた他の第二次世界大戦ものに比べて
全体的に静かに落ちついた感じで時が流れているような
印象でした。
戦争映画なのに激しさばかりではなかった。


また日本はこの戦争のため、一部の人を除いては
ほとんどの人たちが、食べるものにも困っていたのに
アメリカは国債を国民に買わせるための画策をするほど
政府のお金は底をついていたかも
知れないが、多くの国民は普通の生活を
続けることができたのかな・・・と
改めて思いました。

この国力の違いというかなんというか・・。

戦争が終わって、「英雄」と呼ばれた広告塔の3人は
三者三様の人生を歩みます。
この場面も考えさせられました。


戦争に「正義」「悪」に分けることはできない。
戦う人たちは一緒に戦った仲間たちのため
愛する人たちのために戦う。
でも人はその中で命を落とす。
残された者たちも深い悲しみ、苦悩に一生縛られ
生きていかなくてはならない。
戦争はあってはならない。大きな大きな悲しみを生むから。
そんなことをじっと感じさせる映画でした。

12月になると
日本側からみた「硫黄島からの手紙」が上映されます。
監督は同じくクリント・イーストウッド。

今年の夏に
NHKスペシャルで
「硫黄島」についての放送を見、

『散るぞ悲しき―硫黄島総指揮官・栗林忠道』
梯 久美子著 新潮社
大宅荘一 ノンフィクション賞に選ばれた作品も
読みました。
それまでは硫黄島の闘いについては
よく知りませんでしたが、少しは知識ができたので
こちらも絶対に見に行きます。

ただ監督はアメリカ人なので、日本側とはいうものの
どのような撮られかたをするのか、
どうでしょう・・・。

余談ですが^m^
「父親たち~」に出演していたマイク・ストランク役の
バリー・ペッパーさん、すごく好きです。きゃ~。
「プライベート・ライアン」で初めて知って
めちゃめちゃ好きになりました~~~ふらふら。

ではでは。

|

« 映画『ブラックダリア』を見た。 | トップページ | 映画『父親たちの星条旗』再び。^_^; »

コメント

柊さん
初めまして!TB・コメントありがとうございます。
そうですね!少しでも多くの方に観ていただきたい
作品ですよね。おっしゃるようにセットで・・・・。
またお邪魔いたします。今後とも宜しくです。

投稿: mezzotint | 2006年11月 4日 (土) 18時42分

mezzotintさん、こんにちは!!
コメントありがとうございます!!
とってもうれしいです。
私もぜひぜひお邪魔いたします。
今後ともよろしくお願いします

投稿: 柊 | 2006年11月 4日 (土) 21時07分

トラバ・コメントありがとうございます。
マスコミの作戦かもしれませんが・・・
「硫黄島からの手紙」が評判良さそうなので、
今年中に全米公開して、賞レースに乗せよう・・・なんて話も、
あるとか・ないとか。
助演の嵐の二宮和也が嵐を起すかも???

投稿: ひらりん | 2006年11月 7日 (火) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85432/4017974

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「父親たちの星条旗」を見た。:

» 『父親たちの星条旗』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『父親たちの星条旗』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある。 戦争を終わらせた一枚の写真。 その真実。 アメリカ側の視点から描かれた 『父親たちの星条旗』は、 歴史上もっとも象徴的なイメージのひとつ "摺鉢山にアメリカ国旗を揚げる5人の海兵隊員と 1人の海軍兵士の写真"のエピソードを基にしている その写真は硫黄島戦の勝利のシンボルとして 長引く戦争に疲れたアメリカ国民の 士気を高めるために利用され 旗を掲げる6人の兵士はたちまち... [続きを読む]

受信: 2006年11月 1日 (水) 01時08分

» 父親たちの星条旗 壮絶な戦闘シーンは圧巻、でもどこか「プライベート・ライアン」に似ている [シカゴ発 映画の精神医学]
 クリント・イーストウッド監督の硫黄島の戦いを題材にした新作。 早くも「アカデミー最有力候補」とも言われており、日本でも前評判は高いようだ。 昨年の「ミリオンダラー・ベイビー」で、イーストウッドの監督としての力量にノックアウトされた私は、早速鑑賞...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 10時24分

» FLAGS OF OUR FATHERS 『父親たちの星条旗』 [銅版画制作の日々]
この一枚の写真が戦争を終わらせた。その真実とは・・・。2006年8月、ひとりの写真家がこの世を去った。ジョー・ローゼンタール、享年94歳。61年前彼が撮影した一枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えた・・・・・。 その写真は1945年2月23日、日本の領土である硫黄島で撮影された。そしてこの写真はピュリッツァー賞を獲得記念切手の図柄やポスターにもなり、アメリカ中の雑誌の... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 17時15分

» クリント・イーストウッド監督「父親たちの星条旗」 [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
「父親たちの星条旗」 監督 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ  この映画のいちばんの驚きは戦争を描きながら、それも硫黄島の悲惨な戦いを描きながら「血の色」が出てこないことにある。たとえばスティーブン・スピルバーグの「プライベート・ライアン」の冒頭ではおびただしい血が鮮やかな色で描かれた。ところがイーストウッドの映画で�... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 13時20分

» ★「父親たちの星条旗」 [ひらりん的映画ブログ]
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。 日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 10時46分

» 「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこのプロジェクトの完成度をこの作品で理解しておくほうがいいだろう。... [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 11時50分

» 「父親たちの星条旗」とシカゴ~ソルジャー・フィールドの歴史とトリビア [シカゴ発 映画の精神医学]
 「父親たちの星条旗」は日本では、公開第一週で興行収入が第2位。  アメリカでは公開第一週が3位、第二週が4位ですから、アメリカよりも日本の方が盛り上がっているようです。 アメリカでは太平洋戦争というと「過去のもの」という印象なのでしょうが、...... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 07時00分

« 映画『ブラックダリア』を見た。 | トップページ | 映画『父親たちの星条旗』再び。^_^; »