« TVドラマ「虹を架ける王妃」「遥かなる約束」を見た。 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2006年11月27日 (月)

今日の読み聞かせvol.9

こんにちは(*^^)v

昨日やっと重い腰を上げて
衣替えしました。(今頃・・・・)

やっとセーターにご対面できました。

ただね、職場が職場だけに
ご利用いただいている方や
資料の保存のためにそんなに温度も低くなく
高くもなく、適温に保たれている場所で
こちらは配架などで力仕事をするものですから
外はすごく寒くても、
仕事をすると汗だくになっちゃうのです。
そのためセーターは着られないかなーと。

かといって、半そでではまずいのです。

むずかしー。

さて
今日は高学年のとあるクラスに行ってきました。

本は
『ジョン・ギルピンのゆかいなお話』
文 ウイリアム・クーパー
絵 ランドルフ・コルデコット
訳 吉田 新一
ほるぷ出版

以上1冊です。

副題は
「ギルピンはおもいもかけず とおくまでつれてゆかれたのに
ぶじにもどれたというおはなし」
です。(^_^.)

「18世紀のイギリスの詩人 クーパーのユーモア詩を
もとにヴィクトリア時代のさし絵の名匠コルデコットが、
当時のロンドン郊外の風物と市民のつつましい、
ほのぼのとした生活を、みごとにユーモラスにえがいた
古典絵本の大傑作!」(同作品 カバーより)

とあります。

絵本や児童文学を勉強されている方には
おなじみの
「コルデコット賞」はまさにこのさしえを描かれた
ランドルフ・コルデコットの名前を記念した
その年度の優れた絵本に与えられる賞です。

<お話の内容>

結婚記念日に20年間ではじめての
外でのお食事に、定員オーバーで
馬車に乗れなかった
ギルピンさんは友達から借りた
馬にまたがり、レストランへ急ぎます。
でも、その馬は走りに走り、ギルピンさんは
ぼうしもかつら(!)もふっとばしますが
必死に馬につかまり続けます。
でも馬はレストランを過ぎてもとまらずに
自分の飼い主の家まで駆け抜けて行ってしまいます。
そして馬主の友達に上等なぼうしとかつらを借りて
またもと来た道を行こうとしますが
またまた馬は暴走。
さあ、どうなってしまうのでしょうか??

こんなストーリーなんですが
絵がとにかく美しい!!さすがです。
カラーの部分は少ないのですが
見開きで文もない場所もあり
そこはじっくり子どもに見せてあげたいところです。

読み聞かせでの読み方なんですが
これが結構難しい・・・(しんのすけか?)
原文は英語なので
英語が苦手な私が読むのは当然日本語訳なわけですが
もともと「詩」のため
日本語訳でも詩の言い回しになっている(と思う)ので
言葉使いがちょっとむずかしいのと
普通の創作や昔話の絵本を読むのとは
また違うリズム感があるのです。

絵本を読む時、読み手が前に出てくるようでは
だめなので

たとえば、子どもに読み聞かせが終わった後
「あの本、面白かった」などという印象を残せるのが本当で
「あのおばさんの読み方が面白かった」というのが
第一印象に残るようではだめということです。
あくまでも本やお話が主体だということ。

派手にならないように気をつけながら
でもリズムは大切にしようと心がけて
私のなかではかなり練習したと思います。

だけどかみかみでしたー(>_<)
ごめんね。

それでも子どもたちの反応は
よく聞いてくれていたと思います。

よかった。(*^_^*)

次回の読み聞かせは今週の木曜日。
また高学年なので
この本を読みたいと思います。
そこが終わったら
障害児クラスにも行ってきます。
掛け持ちだけど楽しみにしてくれているので
私もとっても楽しみです(*^_^*)

ではでは。

|

« TVドラマ「虹を架ける王妃」「遥かなる約束」を見た。 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85432/4330294

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の読み聞かせvol.9:

« TVドラマ「虹を架ける王妃」「遥かなる約束」を見た。 | トップページ | 明けましておめでとうございます »