« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月29日 (月)

1月22日、24日、25日、29日の読み聞かせ

こんにちは(*^^)v

今日は読み聞かせの日でした。
今年に入って5クラス目です。

まず、22日は5年生のあるクラス。

読んだのは

くしゃみくしゃみ天のめぐみ

著者:松岡 享子,寺島 竜一
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

という本の中から

「ならの木村のおならじいさん」を読みました。
(「梅の、木村のおならじいさん」ではなくて
「梅の木(という)村(の)おならじいさん」です。)

これは、ある語りの会の方が語られたのを聞いて
とても面白くて、その後中古で本を見つけて
購入してあり、いつか読もうと思っていたものです。

この本には「くしゃみ」「しゃっくり」「おなら」「いびき」「あくび」の
自然現象のお話が5話収録されています。

「梅の木村のおならじいさん」は私が読んで10分ちょっとかかりました。

話の中に「この時期に梅の花とはめずらしい」というくだりがあって
まあ、今の季節は梅の季節になりそうなので、
ちょっとそぐわなかったかもしれませんが^_^;。

24日は6年生のとあるクラスでした。

もうそろそろ卒業なので
本の紹介(ミニブックトーク!?)にチャレンジしてみました。

主体は

12歳からの読書案内 12歳からの読書案内

販売元:すばる舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

12歳からの読書案内 海外作品 12歳からの読書案内 海外作品

著者:金原 瑞人
販売元:すばる舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上記2冊。

YA(ヤングアダルト)の世代に入っていく子どもたち向けの
本が紹介されています。
「まだちょっと早いかな??」と思う本も紹介されていますが^_^;
いまどきの子どもたちが、興味を持って読めそうな
比較的新しい本が紹介されています。

思春期でなかなか難しい年頃の彼らに
「心の相談室」になればとおもうのでした。

その中で紹介されていてうちにもある本を
何冊か紹介して、

実際読んだのは

マンヒのいえ マンヒのいえ

著者:クォンユンドク
販売元:セーラー出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

韓国の家庭の様子がとても鮮明に細かく書かれています。
実際に作者さんのお子さんが住んでいた家の再現です。
読み聞かせには細かい絵を見せる点で
あまり向かないのですが
紹介ということで選書しました。
ストーリー性はありませんが他の国を知るきっかけになれば
と思います。実際手にとってみてくれればよいな。

今日(29日)も同じく6年生だったので
同じ内容でお話しました。


25日は障害児クラスにも行きました。

いろいろな学年といろいろな個性の子どもたちが
いて、時間も20分と他のクラスより長い時間を
使います。

今回は

おおきなかぶ―ロシア民話 おおきなかぶ―ロシア民話

著者:A.トルストイ,内田 莉莎子,佐藤 忠良
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この繰り返しがとても子どもたちが喜ぶとの事で
私がこのクラスに入る時は
毎回最初にこれを読むようにしています。
「お話がはじまるよ~」という導入部分でしょうか。

2冊目は
『なにのあしあとかな』
やぶうち まさゆき 著
福音館書店

このシリーズは何種類かあって
『どうやって身をまもるのかな』
『なにのこどもかな』
『どうやってねるのかな』などがあります。
薮内さんの絵は写真をみるような正確さで
大人も楽しめます。
ちょっとしたクイズのような感じなので
何名かの子どもが答えてくれました。
大人でも間違えちゃうような足跡もありました(*^_^*)

3冊目は
『よかったね ネッドくん』
チャーリップさく やぎた よしこ訳
偕成社

危機が迫ってはらはらするページが
はっきりした絵と短い文章でモノトーンで表現され、
次の見開きには
「よかった!」と危機を乗り越えてほっとするシーンが
カラーで描かれています。
ピンチとラッキーが交互ででてきて
最後はもちろん
「よかったね!!」で終わります。
私が大好きな絵本です。

最後は
「わたしとあそんで」
マリーホールエッツ作
福音館書店

これも繰り返しの本です。
たぶん今日はじめてだったのでピンとこなかったかもしれませんが
とてもすてきな絵本なので読んで見ました。

なにか心に残ってもらえるとうれしいな。

今度の読み聞かせは
2月1日。
中国のお話と日本の昔話で類似のお話があるので
それを読み比べて、世界には似たお話があることを
子どもにおしえてあげたいな~と思っています。

28日のお約束達成度

1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v
2.10分、昔話の語りの練習をする。(T_T)
 絵本の読み聞かせのほうを優先してしまいました。
3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v
4.こどもと話をする。(*^^)v
5.朝5時に起きる。(T_T)
 あーもう~だめだめ。日曜日は「所さんの目がテン」を見たいので
 せめて7時には起きたいのですが、7時半になってしまいました・・・

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月27日 (土)

平山夢明著『独白するユニバーサル横メルカトル』を読んでます。

こんにちは(*^^)v

今日はいいお天気なこの近辺。
でもお出かけはせずにどどっとたまったものを
かたづける日になりました。

さて

独白するユニバーサル横メルカトル 独白するユニバーサル横メルカトル

著者:平山 夢明
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いまさらですが^_^;
ちょっと気になったので買ってみました。

短編集で頭4作品まで読みました。

『このミステリーがすごい!』
2007年版の1位!
ミステリチャンネル「闘うベストテン2006」第3位
2006年度日本推理作家協会賞受賞作

帯にはたくさんの賞を取った事が書かれています。

短編集なのでいろいろな状況の作品があります。
「そういうこともあるかも・・・・」とすぐ思えるもの、
身近には感じられないけれど
どこかであるのかもしれないと思わせる
恐ろしい世界が書かれていて
鳥肌が立ちました。

あまり、ミステリーは読まないので
比較のしようがないのですが
このような作品は最近の「はやり」ですか?

こわい。
実際に起きたらどうしよう。
「オペラントの肖像」のようなことがあったら
自分は特にまずいなあ。

お約束達成度 24日~27日

1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v×4
2.10分、昔話の語りの練習をする。(*^^)v×4
3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v×3(T_T)×1
 ←昨日の夜にサボったら台所と洗濯物がすごいことになってしまいました。
  少しの時間我慢すれば明日は楽なのに。
  せっかく今年に入ってから続けてきたのですが、この1日を作ってしまったことで
  来年の年末が悲惨になりそうなので、今日からは心しなくては!!
4.こどもと話をする。(*^^)v×4
5.朝5時に起きる。(*^^)v×1(T_T)×3
 ←今週は読み聞かせのスケジュールを組むのに時間がかかり
  夜更かしをしてしまいました。寝不足だー


ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

映画『マリーアントワネット』を見た。

こんにちは(*^^)v

今日は仕事が休みだったので
前から見たかった『マリーアントワネット』を見てきました。

一番後ろの席だったのですが
時間を10ぷん間違えてしまい
真っ暗で席が全然見えなくて
なんとか席に着きましたが
大変周りの方にご迷惑をおかけしました。
ごめんなさい。
時間に遅れたことが今まで奇跡的にもなかったので
予告途中で入ることの危険を学びました。
以後気をつけます<m(__)m>

私が行った館は今日がお安い日なので、
混んでいるだろうなーとは
思っていたのですが
本当に混んでいました。
『マリー・・・』につきましては女性ばかりすごい人数でしたー。

感想。

あくまでも私の感想ですが・・・。
お気を悪くする方がきっと出ると思いますので、
はじめに謝っておきます。
ごめんなさい。

私が前にもなにかの映画の感想のときに使った表現で
ボキャブラリーの少なさをまたまた露見いたしますが

「大理石の上に水をまいて、つるーと滑っていって
終わってしまった感じ。
すごくあっさりとした映画だなー」と思いました。

お金はすごーくかかっているし、
衣装もアクセサリーもすごい。
フェルゼン役の人も合ってたし
(私の好みとは違いますが)
ヴェルサイユ宮殿も使って本当にきれいな
映像ではありましたが、
美しいのとはちょっと違うかな。

私が「よかったな」と思うシーンは
「ナチュラリスト マリー」のシーン。
とってもよかったです。
このような面も持っていることは
ちょっと知っていましたが
ほんの少しの自由しか与えられなかった
彼女の隠れ家での生活は
自然の中で土や植物と向かいあっていたんだと
思うと、豪華絢爛の世界にも生きたマリーが
本当は私たちと変わらない人間なんだなーと
感じられる場面でとても好きです。

私は
「ベルサイユのバラ」世代なので
この映画は
すごーく物足りない気がしたのですが
監督のソフィア・コッポラさんは
大歴史物語を撮る気は全然なかったようなので
私の物足りなさは監督にしてみれば
「してやったり」なんでしょうね。

ポップな曲も使ってそれもまた合うし
マリーの目線で撮った映画だと
監督も言っているようだし(プログラム参照)
新しいマリーアントワネットの撮り方で
これはこれで若い人たちには
楽しめる映画でしょう。


私は「うーん、1000円を使ってしまったよ。」と
観終わって思いました。
正直。やっぱり『ベルバラ』が面白すぎたからなー
劇的なエンディングではないので
(実際はそれが正しいのかもしれませんが)
スパッと終わってしまい、
余韻にふける感じでもなかったな。

ちょっと予想外。^_^;というか私の思い込み違いかな。

日本ではこの作品どんな評価?

昨日は高学年で読み聞かせ。
私が大好きな『ほしになったりゅうのきば』
(君島久子再話 赤羽末吉絵
福音館書店)

ほしになったりゅうのきば―中国民話 ほしになったりゅうのきば―中国民話

著者:君島 久子,赤羽 末吉
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

時間をかなりオーバーしてしまいました。
急にどきどきしてきて
またまた散々でした。
ごめんなさいです。

ではでは。

20日から22日までのお約束達成度
(途中でメンテナンスも入ってしまったので。←言い訳)

1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v×3
2.10分、昔話の語りの練習をする。(*^^)v×3
3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v×3
4.こどもと話をする。(*^^)v×2(T_T)×1
5.朝5時に起きる。(T_T)×3
  休みの時は全然起きれませんでした。
  日曜日は仕事だったのに起床時間は7時。
  全然間に合うのだけれど、アイロンかけができなかった=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

キッコーマン 「蜂蜜柚子酢」はうまい!

こんにちは(*^^)v

またまた日が空いてしまいました・・・。
今年初の読み聞かせも始まることになり
スケジュールを組む担当なので
決まるまでどたどたです。^_^;

さて、表題のキッコーマン「蜂蜜柚子酢」ですが
うまいです。
ゆず、カボス好きな私にはたまりません。

私が作る夏にごくごく飲む、梅サワードリンクがなくなると
新しくその時の旬の果物で作れば
よいのですが、いまだに梅サワーの瓶の中に
氷砂糖とお酢に漬かった梅が大量に入ったままなので
それをよけてしまわないと
新しいのが作れず、
「うーん、この梅をどうにかせねば・・・」と
考えているうちに今になっています。

中の実を下の子がおやつがないときに
取り出して食べていますがさすがに
大量は裁ききれず、しかもおととしの
同じくサワーの梅が冷凍庫にいっぱい入っているのです。
もうおととしだから(おととしと言っても1シーズン前ですね)
こっちは食べないほうがいいのかな~?

よくわかりません。
梅干は何年ももつけど酢漬けの梅は
どうなんでしょうか?

ご存知の方、ぜひ教えてください。<m(__)m>

話は戻って、その「蜂蜜柚子酢」ですが
見た目は「どぶろく」系(?)で白い色をしています。
お酢ももちろん入っているのですが
蜂蜜のこくの強さからか
全然お酢くささはありません。(私の感覚です、あくまでも)

これを梅サワードリンクと同じように
氷+微炭酸のミネラルウオーターで割って飲みました。
1びんあっという間です。
子どももごくごくと。

ミツカンの「甘熟りんご酢」もおいしい!と思いましたが
それよりもお酢の味がマイルドなので
「蜂蜜柚子酢」のほうが飲みやすいと思います。
「甘熟りんご酢」は正統派のお酢ドリンクって感じですね。
お酢の風味を生かして、最大限のみやすくしていると
思います。

「蜂蜜柚子酢」はお酢ドリンクをいろいろなものと
コラボレート(ちょっと使ってみたかった言葉^_^;)
して作られた飲み物。
それぞれの素材がいい味を出しています~

今日は「飲むりんご酢&カルピス」を買ってきました。
「蜂蜜柚子酢」がなかったので、
こちらを初購入。
私は蜂蜜柚子酢のほうが好きだけど
子どもは「飲むりんご酢&カルピス」のほうが好きみたい。

しばらくはいろいろな市販のものを試して行こうと思います~

お約束達成度。15日~19日(5日前のことですか・・・。(>_<)
1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v×5
2.10分、昔話の語りの練習をする。(*^^)v×2、(T_T)×3
3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v×5
   これは地道にやってます。地味だけど効果的です。
4.こどもと話をする。(*^^)v×2(T_T)×3.
   上の子とのコミュニケーションがムズカシー。
   思春期だから。でもそれを言い訳にしている自分がいるのだった。
5.朝5時に起きる。(*^^)v×2(T_T)×3
   あーすごい寝坊を19日にしちゃったよ。
   朝、読み聞かせのグループの仕事をしなくちゃならなかったのに!!
   (-_-)/~~~ピシー!ピシー!
   とたんに家も汚くなったようなきがする・・・。
   朝の2時間は貴重です。

ではでは。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

夕飯は・・・。

こんにちは(*^^)v

今日は仕事が休みでした。
夕方に出かける用事があったのですが
それまでは家の事をしようと思い、
まず一番頭の痛い夕飯の支度を午前中にしてみました。

結局作ったのは
1.にんじんと山芋としいたけの煮物
2.焼いも←これは夕飯のおかずとはいえませんが^_^;
       らでぃっしゅぼーやの「いと愛づらし」シリーズの
      安納芋(あんのういも)というもうめちゃめちゃあまーい
      種子島が生産地のさつまいもを焼きました。
      焼いただけなのに、中身は透き通った黄色で
      とろとろです。栗きんとんをたべているようなんです。
この2点。

あとは、食べる直前に
冷奴とさばの塩焼きをしました。

まあ、2点作ったといっても
焼き芋はオーブンで焼いて、
煮物は圧力鍋で作ったので
全然手間はかかっていません。^_^;

煮物は朝作っておいたほうが
断然味がしみていておいしいですよね。
早く作っておいて正解でうれしい、煮物。
圧力なべを今日は使いましたが
土鍋もいいですよね、余熱調理できるし。


圧力鍋は某大手スーパーで並んで
安く買ったもので
9年選手です。
すぐ火が通り、そのまま放置しておけば
ゆっくりさめてその時に味もしみるし、
時間の使い方が苦手な私には
宝物です。
蒸し器としてもつかえるし
使わない日はありません。

明日は圧力鍋でトマトスープを作ります。
(カットトマトの缶詰使いますが^_^;)
子どもが大好きなんです。
野菜は何を他にいれようかなー(*^_^*)

夕飯作りがすんで
気になっていたけど
見て見ぬふりをしていた鉄製のフライパンが
私を見ているような気が・・・。

(>_<)(>_<)(>_<)・・・・\(-o-)/やるか。
テフロン製のフライパンを使ったこともあるのですが
私が雑な使い方をしてしまうせいで
テフロンがはがれてしまうのがどうも嫌で
(ちゃんと使えばよいのです。美しくお料理できるし。
油もちょっとでよいし、本当はいいことづくめですよね)
結婚して十ウン年、同じ鉄のフライパンを使っています。

それが全然お手入れをしていないせいで
ものすごい厚さのこげがついてしまっていました。
全体的に・・・・です。
それじゃなくても重いのに
ますます重くなっていました。

この状態では
炒め物もフライパンでいためていたのではなく
「こげ」の上で炒め物をしていたも同然。
これじゃあ、せっかくの鉄分も摂取できない・・・。

2年ぐらい前にこげにぬって放置しておくと
こげがやわらかくなってとれやすくなる商品を
使ってみたことがあります。(名前を忘れました)
本当にとれるんですー。

でも夕方に出かけたついでにその商品が
ないかスーパーを見たのですが
ありませんでした。

仕方なく、ダイソーにいって、
本来さびを落とすために使う
スクレーパーなる商品を買ってきました。
ステンレスでできたへらに木の取っ手のついた
ものですが、本当は傷がつくので絶対にやっては
いけないのだとは思いますが、
よくある固めのスポンジ状のこげ落としでは
もう取れないほどの厚さなので、
スクレーパーでがりがり、傷だらけにしながら
こげを落としました。

でもなにかやわらかくすることはできないかなーと思って
いまや常識、「重曹」を使ってみよう。
水に重曹を溶かして、火にかけて沸騰させました。

ただのお湯を沸かすよりもなんとなくとれやすくなったと
思います。

あまりにもひどいこげだったので
途中でタイムオーバーとなってしまいましたが
なべ底にフライパン本体の鉄が現れました~!(^^)!やった~
また時間があったらやろう~
ごしごししている時って
本当に無心です。
修行~。

フライパンが終わったら、やかんをしよー。

14日お約束達成度。
1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v
2.10分、昔話の語りの練習をする。(*^^)v
3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v
4.こどもと話をする。(*^^)v
5.朝5時に起きる。(*^^)v

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔話って。

こんにちは(*^^)v

今日は仕事がハードでした。
休日なので当たり前なんですけど、
それにしてもたくさんの方が利用してくださり
ありがたいことです。(*^_^*)

さて、おととい私の大好きな某TV番組を家族でみていて
昔話のことをやっていたので
それについて書きます。

日本の昔話の代表的なもの
『かさじぞう』『ももたろう』『いっすんぼうし』そして『うらしまたろう』に
ついて話されていたのですが
私としては率直に言って「?」って感じでした。

これらの昔話について
一般に思われている「なにを昔話は伝えているか」ということを
まず、聞き役の方たちにコメントさせていましたが
そのコメントは本当に一般的でした。
「だけど、それは学校で教えているような
一面でしかない。」というプレゼンター。

「その昔話の中にはこんな面あんな面もあり、
今問題になっている『いじめ』や『ニート』を表している」と
つながっていきました。
なんだか、こう、重箱の隅をつついているような
考え方が次々出てきて私はうんざりしてしまい、
途中でいい加減な気持ちでみるように
なってしまいました。

昔話ってそういうものなんでしょうか?

確かに長い間、伝わってきているので
大切な何かを含んでいるとは思うけれど
何も現代に無理やり結び付けなくても
いいのではないかな。

最初、「学校で教えているような一面でしかない」と
いっていたわりには、学校で教えてしまいがちな
捕らえ方での話をしているように思いました。

大人はそういう風に見る見方もあるのかーと
感心するかもしれませんが
子どもはそのように受け取りますかね~
昔話って楽しいものだとおもうんですよ。
奇想天外なストーリーで
悪い人はとことん、罰をうけるし、
スカッとしますよね。
しかもそれはお話だけの世界であって
「どんとはらい」でおしまいですよ。

TVでやっていたような見方をしてしまったら
なんだかつまんない話になってきちゃったよ。
それこそ、お説教じみちゃって
子どもは喜ぶとは思えません。

大人だけがその番組を見ているなら
いいのかも知れないし、
「ものは1辺通りの見方じゃなくていろいろな見方がある。
それをやってみてごらん。」という趣旨はとってもよいことだし
賛同できます。
でも昔話を例に使うのは「?」です。

昔話を語ったり、読んであげたりして
子どもと楽しむことができなくなりそう。
子どもがそんな見方をし始めたら。

昔話を研究なさっている先生たちの
ご意見をお聞きしたいです。

「かさじぞう」のおじいさんはいい人なんです!
(ご覧になった方は分かると思いますが)
と私は思うんです。
子どももそう思っていると、いいな。

その番組いろいろおもしろいことを
やってくれて、たくさんの講師が知らなかった世界を
教えてくれるので大好きです。
まあ、その研究をなさっている方ではない人が
昔話についてはプレゼンターだったので
しょうがないかもしれませんね。

さんざん言ってしまいましたが
これも私の一個人の意見ですので
気を悪くされた方がいらっしゃるかもしれません、
ごめんなさい。

13日お約束達成度。
1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v
2.10分、昔話の語りの練習をする。(*^^)v
3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v
4.こどもと話をする。(*^^)v
5.朝5時に起きる。(T_T)←8時半だった(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

パトリック・ジュースキント著『香水』を読んでます。

こんにちは(*^^)v

今日はちょっとゆっくりしています。
本当はいろいろやらなくちゃならないことが
あるけど。まあぼちぼちとやることにします。

先日映画『硫黄島からの手紙』をみて
その時の劇場の映画予告で
「これみなくちゃ」と思った作品が
あったので、その原作を帰りに買ってきました。

今日の題名にあったまんまですが

香水―ある人殺しの物語 Book 香水―ある人殺しの物語

著者:パトリック ジュースキント
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画のHPはこちら→「パフューム ある人殺しの物語」

18世紀フランス。
生を受けた時から不幸な男グルヌイユは自分自身は
全く匂いのせず薄気味悪がられる人間であったが
そのものの名前を覚えるより先に
そのものの匂いを覚え、どんなものでも
かぎ分けることのできる
嗅覚の持ち主であった。

皮なめし職人の下でただもくもくと働いていた彼は
青年になる。
1753年国王ルイ15世即位記念日。
花火の夕べが催される中
大勢の人、たくさんのものの匂い・臭いの中に
1つのかすかな匂いを感じる。
その匂いに生まれてはじめての興奮を
おぼえた彼はそのとぎれそうな匂いをおっていく。
その香りの先には1人の少女が。
そして、その少女を殺してしまう。・・・・
しかし、犯人であることは誰にも知られず
その場を立ち去る・・・。

その後グルヌイユは使いにだされた落ち目の香水調合師の店に
自分を働かせてくれと懇願する。

その店の主人はグルヌイユの才能を使い
店を大繁盛させる。

まだこのあたり前半部分しか読んでないのですが
どきどきしながらすこしづつ読んでます。
時間をまだうまく使えていないので
お風呂に入りながら読んだりしています。
でも、気がつけば寝ちゃってたりして
進まないですー

それにしても、のだめで作中に使われている曲が
聞きたくなるように
これを読んでいると
作中の香水の匂いをかいでみたくなります。

映画館で匂いの出るところはもうあるんでしたっけ?

サンリオピューロランドのホールで
『ワンピース』の映画をやった時(いつの話じゃ)
桜の香りが流れたような気がしましたが
気のせいでしょうか?

できないところはグッズ販売で
この究極のパフュームが
出るのかもしれませんね。
買うか買わないかは別として。


この後のストーリーは映画の予告で
なんとなく想像しています。
ここまでしてしまう怖さと
せつなさを感じるんじゃないかと
勝手に思っています。

本のほうですが
直接の匂いを私たち読者がかげないので
いっぱい説明しなくてはならない気持ちは
わからなくはないけど
ちょっと回りくどい部分があります。
「それはわかったからさー、先進もうよ」って。^_^;

あ、これって私自身のことだったわー
だめだめ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
失礼いたしました。

映画は3月3日から上映です。
まだまだ時間があるので忘れないようにしないと。

1週間後、面白そうな映画2本
『ディパーテット』『マリーアントワネット』来ますね。
『マリー・・・』は、観ます。
また感想書きます。
よろしくお願いします^_^;

1月12日お約束達成度。

1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v
2.10分、昔話の語りの練習をする(*^^)v
 
ちょっと進んできました。
 テキスト自体は短いのでまじめに毎日やっていれば
 最後までいっているはずなんだけど・・・。ひー
 「ちりも積もれば山となる。」まさに。

3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v
4.こどもと話をする。(*^^)vただし、くだらない話です。
5.朝5時に起きる。(*^^)v
  
この時間に起きると夕ご飯のしたくもちょっとできるね。
  食事作りがにがてな私にはとてもよいことなんです。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

ミッチー!!

こんにちは(*^^)v

毎日書こうと決めたのに続けられなくて
だめだめですー。

最近、「HONDA エアウエイブ」のCMを
観たくてしょうがありません。
そう、あのミッチーが白馬に乗った王子さま~。
\(^o^)/

「本物の王子さまだー」と子どもと大騒ぎです。
まあ、こんなおばさんに騒がれても
ミッチーはうれしくもなんともないと思いますが
(うれしくないどころかメイワクだよなー。とほほ。)
あまりにも当たり前すぎたことを
あえてやって見せてくれて
「本当にありがとうございます」ってかんじですー。

キラキラ~☆彡

しばらくミッチー熱にうなされそうです。
うーん、この言い方、古っ。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

明日は手作りバッグの続きをします!絶対~。

1月8日~11日お約束達成度。4日まとめてなんてだめだめだー(^^ゞ
1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v×4
2.10分、昔話の語りの練習をする。(T_T)×2(*^^)v×2
  この分だと次のおはなし会の勉強会に披露できない・・・・。
3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v×4
4.こどもと話をする。(T_T)×3、(*^^)v×1
 
 「話をする」というよりも「怒っている」ほうがずっと多い(T_T)
5.朝5時に起きる。(T_T)×2、(*^^)v×2
  
9日は完全に寝坊しました。気がつけば7時。\(゜ロ\)(/ロ゜)/
  ぐすん。早く起きれば帰ってからしなくちゃいけないことは
  格段に減るのはわかっているのですが・・・。


ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

バッグを作り始めました。

こんにちは(*^^)v

昨日から手作りバックを作り始めました。
(宣言したのがいったいいつのことだったかも
わすれてしまいましたがやっとのこと・・。)

たすきがけのできるもので
ふたのついている、
絵本も入る大きさのバッグです。

生地はリネンで、
ふたにはレースと刺繍をします。
で、今ちょっとお悩み中でして、
直接ふたに刺繍をしてしまうのと
別布に刺繍して
気分とか季節ごとにチェンジできるのと
どっちがいいかなーと思って
ストップしています。

刺繍の図案も実は思い悩んでいて
へたなのでしないほうがいいかもとか。
まあそうなると
別布に刺繍するのが一番なんですけども
ボーダー刺繍もしたくって
あれこれ考え中です。

ふたに直接するのなら
縫製する前にしなくてはならないしなー

あー早くしないと3連休が終わっちゃうよー。

明日も仕事はお休み~
映画観にいっちゃおーっと。
娯楽ものにしよー。←現実逃避。
おいおい、かばんはどーするっっっ。

1月7日お約束達成度(だんだん一日ずれてきた・・・)
1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v


2.10分、昔話の語りの練習をする。(T_T)
  子どもに語る日本の昔話②より 「鳥のみじい」です。
  稲田和子・筒井悦子 著 こぐま社
  
 おじいさんが小鳥にあうところまでの1回しかやらなかったー   

3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v


4.こどもと話をする。(*^^)v


5.朝5時に起きる。(T_T)
  休日
はだめだーいかんっ。
  気がついたら午前9時半\(゜ロ\)(/ロ゜)/
  たるんでます。身体といっしょ。(T_T)

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「硫黄島からの手紙」をみた。

こんにちは(*^^)v

今日やっと『硫黄島からの手紙』の記事を
書き終わりました。

変な文章です。
全然うまく自己表現できてません。
しかも超ー長文です。
ご了承下さい。

では、はじめます。(>_<) (ネタばれもあります。) 

『父親・・・』の時にちらりと出てきた
日本兵の自決後を
アメリカ兵が見つけるシーンがあります。
前、私は「自決は栗林さんがゆるさなかったはずでは?」と
コメントしてしまいましたが
そのなぞが解けました。

今までの戦い方、日本軍人の身の振り方とは
全く違った栗林指揮官のやり方に
納得できない上官たちは当然いたわけですね。

今の日本人には分からなくても
その時代に生きた人々はそれが日本人の生き方だと
ずっと信じてきたのですから、
そう簡単に命令を聞くはずもなく・・・。

生きて敵を1日でも長く足止めをするほうが
国に残っている守るべきものたちのために
なるのは分かっていたとは思うのですが
できなかった人たちもいるのですね。

不謹慎かもしれませんが
今売れている本、
『世界の日本人ジョーク集』の中で
世界の日本人ジョーク集

Book 世界の日本人ジョーク集

著者:早坂 隆
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「戦争」の項目、軍事比較のジョークとして
「世界最強の軍隊とは?
アメリカ人の○○、
ドイツ人の○○、
日本人の兵」

「では世界最弱の軍隊とは?
中国人の○○
日本人の参謀
イタリア人の○○」
(○○は本を読んでみてね)
(これを言ったのはどこの国の人でしょうね。)

まさにこの映画を観た他国の人は
そう思うのでしょう。
だけど、これは誰も笑うことはできないのです。
長い歴史の中で培われた
その当時はこれが日本の生き方だったのですから。

私自身が当時生きていたらどんな風に感じていたか
全然想像もつきません。
完全に国策の通りの考えを持っていた可能性は大です。

でも私はこの当時ではなく「今」に生きている。
今の私は絶対栗林派です。
生きて生きて全うせよ。

この自決のシーンを含めた当時のよしとされていた
日本人の生き方を語るには
もっともっと時間が必要な気がします。


この映画とは別に
硫黄島で奇跡的に生還されたかたのお話を
TVで聞くことができました。
言葉では言い尽くせない激戦だった場所で
たくさんの仲間が命を落とし、
戦争の大変さは誰よりも分かっていらっしゃる。
そして、「戦没者が命を落として戦ったことは
無駄では決してないのだ。」という
強い気持ちがひしひしと伝わってきました。

あの時の戦争は間違っていたと
私も思っていたのですが、
生還された方のお話を聞いたとき
「間違っていた」という言葉を
「無駄だった」と言うニュアンスを含めていったとしたら
実際に戦っていた(参謀ではなく)兵隊だった方、
仲間を大勢なくして奇跡的に生き残った
方が聞いたらどんなにつらい思いをするんだろうと
思いました。


その方も「戦争はしてはいけない」と
強く思っているでしょう。
「だけれど仲間の死は無駄ではない。」
終戦から62年の長い間ずっとその思いも
強くある。
生き残ったかたの気持ちを考えると
とてもとても悲しくて
私は泣きました。

そんな人をこれ以上作らないために
戦争をしてはいけないのだと
改めて思います。

映画に戻って、
栗林総指揮官の
「まだここは日本か?」という趣旨の言葉に
私の中のせつない気持ちが
爆発して胸が苦しくなりました。

実際憲法改正も論議されています。
まだ私の中でも改正はして欲しくないけど
この中途半端なままでもよくない。とか
いろいろ考えていて
全く結論が出ていないのですが
この映画を観て少し考えてみるきっかけにしてみては
いかがでしょう?
私の中では
「自ら先頭をきって
引き起こす戦争は日本ではありえません!!」と言うことは
はっきりしているんだけどなー

それから日本の俳優さんたちが演技をし
戸田奈津子さんの日本語訳をほとんど
よまなくてよい作品ですが
やっぱり日本の映画じゃない感じです。

当然なんですけど。^_^;

二宮くん扮する「サイゴウ」の回想シーンですか?
あのあたりはものすごく感じました。
ゆうき なえさんの演技とか、
(出てきたとき軽くびっくり。お久しぶりって)
婦人会の方の台詞の言い方とか。
建物の木造重厚な感じというか。
外国人がみる日本って
あんな感じなんだろうな・・・・
(SAYURIのときもそう感じた)

本当に悲しがっているんだけど
表面に現すことが苦手な国民として
描かれているのかな~

『父親たちの星条旗』とは違って
ストーリーは本筋1本でしたね。
敵も自分たちと何も変わらない・・・と言う点。
とても分かりやすくなっていました。

西郷役を二宮くんはよく演じたと思います。
とても上手でした。(二宮君すきだし。^_^;)
でももうちょっと年上の俳優さんがやったほうが
しっくりいったかなと。
外国の人から見れば日本人はとても幼く見えるそうなので
日本人から観ても二宮君は若いですから
アメリカ国民がみて驚きませんかね?
私自身もちょっと「若すぎー」と思いましたので。

渡辺謙さんはさすがに
上に立つ役、ぴったりです。
でも、日本のドラマや映画でコミカルな
大人役を竹中直人さんがやるように
アメリカ映画で日本人役=「KEN WATANABE~」
とお決まりになりつつあるのは
どうかと思いますー
がんばれー日本の俳優さん~~~~。

さいごに比べてはいけないと思いつつ、
『父親・・・・』と『硫黄島・・・・』と
どちらがいいかと聞かれれば
『父親・・・』のほうを選びます。
個人的には。
ストーリーに枝があったから。

やっと記事がかけましたが
何をいいたいのか、やっぱり分からない
文章になってしまいました。

もうごめんなさいー。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

できたー

こんにちは(*^^)v

今日はこちらすごい雨でした。
皆さんのところはいかがでしたか?

さて、今日Hさんとお約束したアームカバーが
完成いたしました~

完成品は明日、お送りします。

生地はリネンでレースのリボンとボーダーの刺繍2種類を施しています。

写真はなくてすみません。<m(__)m>

アームカバーは作るのがはじめてだったのですが
とても楽しい作業でした。
(でも時間がかかりすぎてしまいました。
クリスマスに差し上げたかったのに・・・ごめんなさい)

私もアームカバーが欲しくなりました。

かばんができたらアームカバーも作ろう~

あ、その前にパンツのすそ上げをしなくては!!
うかうかしていると春になっちゃう。

1月5日のお約束結果

1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v


2.10分、昔話の語りの練習をする。(*^^)v
  ←なんの練習をしているか次回お話します。
           
   
3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v


4.こどもと話をする。(*^^)v


5.朝5時に起きる。(*^^)v

1月6日のお約束結果

1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v


2.10分、昔話の語りの練習をする。(*^^)v


3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v


4.こどもと話をする。(^_^;)←微妙・・・。上の子とはしていない。
                 ちょっと相手が拒否め。
                 思春期なもので。



5.朝5時に起きる。(T_T)←早く出かけなくてはならない
                人がいなかったからついゆるくなって
                しまいました。

ではでは。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

仕事始め

こんにちは(*^^)v

あー昨日はブログがかけなかったー
3日坊主どころじゃありませんね。(T_T)

さて昨日は仕事始めでした。
でも、図書整理日のため、お客様はいらっしゃらず、
ひたすら中のお仕事でした。
まず返却ポストの本を処理して
元の棚に戻し、(例年大量だそう。)←初めての年越しなので知らなかった。
自分の担当の棚を整理し、
各部署の仕事に入ります。
あっという間の1日でした。

自分自身、29日から31日は溜め込んでいた大掃除を
やっていてそれなりに動いていましたが、
年を越してからの3日間は
心底だらっだらだったので
体力も脳力もだらっだらになってました・・・。
まずい。
昨日があってよかった、ホント。

今日は今年初開館です。

がんばるぞー。

(*^_^*)お約束達成度(*^_^*)

1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v


2.10分、昔話の語りの練習をする。^_^;←5分しかできなかった。


3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v


4.こどもと話をする。(*^^)v


5.朝5時に起きる。(*^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

1月3日約束達成度

こんにちは(*^^)v

今日は『硫黄島からの手紙』を見に行ってきましたが
感想を書いているうちに
ちょっと収集がつかなくなってきたので
感想は明日以降にいたします。


(とはいいつつ、いつもたいした内容を書けず
恥ずかしいしだいです。)


それではお約束達成度に参ります。(^_^;)

1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v


2.10分、昔話の語りの練習をする。(*^^)v


3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v


4.こどもと話をする。(*^^)v


5.朝5時に起きる。(*^^)v


とりあえず初日ですからがんばりました。
仕事も休みだったしね。

問題は明日から仕事が始まってからよ!!

まずは『硫黄島からの・・・・』感想を仕上げないと!!

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

明けましておめでとうございます

こんにちは(*^^)v

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。<m(__)m>

今自分の記事の最終がいつか見たら・・・。
11月・・・。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

今年のブログ目標は無理なく更新できるように
「簡潔な文章をこつこつ書き続ける。」にします。

明日はお正月休みの最終日。
『硫黄島からの手紙』を見てきます。
『父親たちの星条旗』の時はたくさんの方から
トラックバックをいただいたので
こちらも早く見に行きたかったのですが
今になってしまいました。

うーん簡潔に書くのは、きっと難しいのだろうなー。

またまた長文になることをお許し下さい。

今年から毎日ブログを書くために
毎日やることを決めて
それを実行したか記録しようと思います。

何を毎日するかと言うと・・・・。

1.お風呂はその日のうちに入る。
(疲れて朝、シャワーの時が多々あった。
朝の貴重な時間をそれにとられていた)

2.10分、昔話の語りの練習をする。
(今年は最低1本、子どもたちの前で「語り」を実践したい)

3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。

4.こどもと話をする。

そして最大の難関・・・・

5.朝5時に起きる。

以上5点です。

たいした目標ではないですが、私にとっては非常に難関なんですー(>_<)

「できた」マークは(*^^)v
「できなかった」マークは(T_T)

実施は明日から。

あーできるかなー

だめね、こんなに弱気では!!

やるぞー。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »