« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月25日 (日)

おはなし&読み聞かせ勉強会にて

こんにちは(*^^)v

先日の木曜日「語り&読み聞かせ」の勉強会があったので
「とりのみじい」(「子どもに語る日本の昔ばなし②」こぐま社)
の語りをやってみました。
勉強会の前に子どもたちの前でもやってきて
その足で勉強会にいったのです。
子どもの前では多少の緊張もなんとか乗り越え
がんばれたのですが
勉強会ではぼろっぼろでしたー(>_<)(>_<)(>_<)

もう語りについては何十年もやってこられている方が
いらっしゃるので、そうおもうだけで心臓がばくばくで
頭真っ白っ。
風邪気味でもあったため、
いい声をしているはずの小鳥の鳴き声が
ガラガラで、途中で声も出なくなってしまいました。
悲惨。
一番の山場のところで、突然開くと思っていなかったドアが
がっと開いて、そこにいた全員が飛び上がってしまいました。
(開けた方はその会には全然関係ない方で
その方もそうとうびっくりしてらっしゃいました)

結局そこで詰まってしまい、
他のメンバーが全員終わってから
再チャレンジさせてもらいました。

その時はまあなんとか最後までできてほっとしました。

だけど、こんな調子ではだめだな・・・・と反省。

家で1人で練習している時はもっとスムーズにできて
間とかも考えられるのですが
大人の前にでると頭が真っ白。

勉強会のメンバーは皆さんとても優しいので
はじめて語りにチャレンジしたことを
とてもほめてくださいました。

が、あの最初のチャレンジは最悪でした。
忘れたいーーーー。(>_<)恥

語りは実際子どもの前でやるのは
本当に楽しいです。
絵本の読み聞かせも楽しいですが
読み手と子どもの間に本がワンクッション入ってしまうので
ダイレクトに子どもの反応を得ることはむずかしい。
語りだともうまっすぐに子どもが飛び込んでくる
感じがします。

勉強会でいただいたアドバイスは
1.細部にわたってしっかり自分の中でイメージをもつこと。
  (木の下にいる侍が木の上にいるおじいさんに声をかけるところの
  高低さの違いを意識するとか。)←あくまでも頭の中でのイメージなので
  落語家のように上を向いたり下を覗き込んだりすることはしない。

2.たくさん子どもの前で語って、それによって自分の語りが育っていくので
  何度でもチャレンジしよう。

ということでした。

さあ、「金の腕」(おはなしのろうそく22 東京子ども図書館発行)がんばるぞー
 
お約束達成度21日~24日

1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v×2(T_T)×2
  →寝る前に入りたいけど(お風呂に入ると何もしたくなくなるので)
   そこまで気力が持ちません・・・・
2.10分、昔話の語りの練習をする。(*^^)v×4
  →まず、ドライヤーをかけているときは必ず口ずさんでます。
    トイレに行ったときも。^_^;ゴハンを作っているときも。 
  
3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v×4
  →でも、私だけがやっても、家族が・・・・・。(=_=)
  
4.こどもと話をする。(*^^)v×4
  →受験が終わって子どもも解放されたようで会話が戻ってきました。
 
5.朝5時に起きる。 (T_T)全滅。
  →・・・・・。面目ない。

明日は久々に映画に行こうとおもいます。
ポイントがたまったので、無料でいきまーす。
「さくらん」にしようか「墨攻」しようか、
いまだ迷ってます。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

かえるさんとガビンさん著 『二桁のかけ算』を買った。

こんにちは(*^^)v

うっ。前の記事が2月7日とは!
いけませんね。
ぼちぼちやっていかなくちゃー

さて、先日またおかしな本を購入しました。

二桁のかけ算 一九一九(イクイク) Book 二桁のかけ算 一九一九(イクイク)

著者:かえるさんとガビンさん
販売元:ライブドアパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

それから

一桁×二桁のかけ算九一九 Book 一桁×二桁のかけ算九一九

著者:ロビン西,かえるさん,ガビンさん
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以上2冊です。

インドの子どもたちは九九だけでなく、
それ以上のかけざんを暗記していますねえ。

最初から読んだのではなくて
いきなり3×12=36のページをみたら
ミー(3)×ビキニ(12)=サロン(36)と 
書いてあり、外国人の男性と
ビキニ姿の女性がイラストで描かれています。
(全然Hではありませんよ、もちろん。
そういうブログではありませんので)

12がまずなんでビキニなのかさっぱり分かりませんが
(2が「ニ」であることしか理解できないけど。)
語呂とイラストで1桁×2桁や二桁同士のかけざんを
おぼえようという本でした。

ついつい2冊買っちゃったけど
これをみてうちの子供らが
覚えてくれるかって言うとちょいと
疑問だなー。

おっ!アマゾンを観てみたら
これのかるたが売っているのですね。
本よりこっちのほうが楽しいかな~

・・・・・おぼえたいけど、これで覚えられるのでしょうか・・・・。^_^;

2月8日から19日までのお約束達成度・・・。
これってちょっともう意味がないかもしれません。
なにか対策をねらねば。

1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v×10、(T_T)×2
  →朝入って仕事に行ったら風邪をひいた。だめだ、私にはよくないー。
2.10分、昔話の語りの練習をする。
  (*^^)v×8(T_T)×4
  →風邪っぴきの時は全然練習できなかったです(T_T)
   「金の腕」は短いのになー。後半分残ってます。
3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。
   (*^^)v×10(T_T)×2
  →だんだん、お正月の決心が鈍ってきました。
   手芸をやると決まった場所が私にはないので
   作品が出来上がるまでなんとなく雑然としてしまいます。
   よく、「作家さんのアトリエ紹介」とかって特集を組んだりしていますが
   おうちで作っていらっしゃる方でも所定の位置がちゃんとある人はもちろん
   ない人でもとっても美しい・・・。なんなんだ、この差は~。
   きっと絵本や児童書のせいよ!!・・・・いや、違うな。ごめんよ、本。

4.こどもと話をする。(*^^)v×6(T_T)×6
   下のことは何かと話をするけど、上の子とは話しかけてもすれ違う。
   私としては嫌ですが、しょうがない時期なのかな。
   
5.朝5時に起きる。(T_T)×9(*^^)v×3
   来月からこの項目はなくなると思います。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
   全然だめ。人間ドッグにいったとき、あまりの低血圧で
   先生が「朝起きれます?血圧あげる薬もあるけど・・・」とおっしゃったほど。
   「薬は使わないほうがいいけどね」(私の場合だとおもう)といわれたので、
   そのままですが。

ではでは。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

『初めての刺しゅう ワンポイントステッチ500』を買いました。

こんにちは(*^^)v

昨日、ちょっとある出来事があって
へこんでます・・・。
しょぼん・・・。

でもなんとか復活して
がんばらなくちゃ。

さて、
もうすぐ卒業の季節がやってきますね。
私の周りにもわんさか卒業する人が
いるのですが、
職場でもアルバイトさんが数名
他のところに就職をするので
お別れです(T_T)

で、またまたワンパターンですが
ブックカバーをプレゼントすることにします。

今回は図案も本を見て刺しゅうしようとおもって
本を1冊買ってみました。

はじめての刺しゅうワンポイントステッチ500―図案はすべて実物大 Book はじめての刺しゅうワンポイントステッチ500―図案はすべて実物大

販売元:アップルミント
Amazon.co.jpで詳細を確認する

中の刺しゅうがとってもかわいいです。

何人かの作家さんの作品が出ていて
表題の通りに500も出ています

ちょっとデッサンがゆがんでいるのもありますが
ご愛嬌なのでしょうか。
「私の大好きな雑貨」「自然の生きものたち」「大切な記念日」などの
カテゴリーに分かれていて
「どれを組み合わせて刺しゅうしようかな~」と
とってもわくわくしながらページをめくっています。

お花と小鳥とイニシャルでまず1枚刺しゅうしようと思います。

できたらまた写真アップします。

どうしよう、図案と全然違うのができたら・・・・。
作家さんごめんなさーい。

ちょっとヘコみから立ち直ってきました。
好きなことってやっぱり大事だね。

1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v
2.10分、昔話の語りの練習をする。(*^^)v
3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v
4.こどもと話をする。(*^^)v
5.朝5時に起きる。(T_T)
  →あーもうーまじめにこの約束全然できてない。
   もう少し日の出がはやくならないとだめかも・・・。
   この時間にブログを書いている場合でもない・・・。

ではでは。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

新しくおぼえる語りのテキスト、決めました。

こんにちは(*^^)v

今日は暖かくなるといっていたので
そのつもりで自転車に乗ったのですが
まだ気温が上がりきっていなかったのか
風も強くて(>_<)ブルブルでした。

さて、
昨日、今度は何のお話を覚えようか
本を見ていたのですが
「おおっ!」と思ったのは
なかなか長くてちょっと敬遠・・・。

で、去年の3月に4年生で読んだ
お話を思い出し、
それにすることにしました。

東京子ども図書館発行の
『おはなしのろうそく 22』から
「金の腕」です。

こわーい話でとっても間が大事なお話です。

時間は3分半とこの本の後半の解説に書いていて
おぼえる長さとしては
先におぼえた『とりのみじい』よりは
短いです。

ですが、怖い雰囲気を出すのにとても苦労しそうです。

でも、去年読んだ時(まだおぼえられなかったので読みました)の
子どもの反応がとってもよかったので(私がしめしめとおもった(*^^)v)
がんばっておぼえてみようと思います。

できれば、年度末最後のお楽しみとして
お話ししてあげたいなあ・・・・

おぼえられるかちょっとふあーん。

4日のお約束達成度

1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v
2.10分、昔話の語りの練習をする。(*^^)v
3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v
4.こどもと話をする。(*^^)v
5.朝5時に起きる。(T_T) 9時半に起きてしまった・・・。あーもったいない。 

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

2月1日の読み聞かせ

こんにちは(*^^)v

なんだか正月の誓いもどこへやら
たまーにぶろぐになっています。

2月に入って読み聞かせも全学年全クラスから
呼ばれ、とっても忙しくなっています。

1日に私がいったのは
3年生のあるクラス。

で!!
毎日10分間練習で(サボりの日ももちろん・・・^_^;)
やってきた

子どもに語る日本の昔話〈2〉 子どもに語る日本の昔話〈2〉

著者:稲田 和子,筒井 悦子
販売元:こぐま社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

のなかの
「鳥のみじい」を語りでやってみました。

もうどきどきでした。

だけど、どうにかとまらずに最後までいってほっとしました。

きっと早口になってしまったかと思いましたが
語るのをあまり子どもたちが見たことがないのか
子どもも「あれ?今日は読まないのかな」というような
いつもと違う雰囲気を感じてちょっと
戸惑っていたようでしたが
話が進むと、とっても真剣に聞いてくれました。

お話の内容が面白いのと
昔ばなしによくある手法「繰り返し」も存分にでてきて
(小鳥の鳴き声)子どもたちもつぶやいていました。

2つ目のお話は
同じ本の中にある
「馬旅人」を読んだのですが
これは素読みで3年生にはイメージしにくかったのも
あるのでしょうか
読むのと語るのとの子どもの反応の違いが
すごくよく分かりました。

「とりのみじい」はもっともっと聞いてくれる
人たちにイメージしやすい語りができるように
引き続き練習していきたいと思います。

いま月1回の勉強会でも
ものすごく語りの上手な方が2人いらして
心の師匠と私は思っているのですが
その方々に少しでも近づけるようにこつこつ練習していきたいです。

一度やってみると
やめられない「語り」の世界~~

まだ「とりのみじい」しかできないから、
また新しいものをおぼえようと思うのですが
なににしようかなあ。
「鳥のみじい」は春のお話なので
次は夏のを覚えよう~

今からやれば間に合うかな~

1月29日から2月3日までお約束達成度

1.お風呂はその日のうちに入る。(*^^)v×5、(T_T)×1 昨日挫折。
2.10分、昔話の語りの練習をする。(*^^)v×4、(T_T)×2
 →発表前日はめちゃめちゃ練習しました。1時間ぐらい。
   毎日こつこつが基本よね。
3.使ったものは、すぐもとあった場所にかたづける。(*^^)v×6
4.こどもと話をする。(*^^)v×6
5.朝5時に起きる。(*^^)v×2(T_T)×4
 →この早起きの誓い、もうやめようかなー(T_T)(T_T)(T_T)

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »