« 11月19日の読み聞かせ | トップページ | EXILE「LOVE」を買いました。 »

2007年11月19日 (月)

日露友好ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏プロジェクト2007 11月18日公演にいってきました。

こんにちは(*^^)v

本日2回目の登場です。

昨日、日露友好ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏プロジェクト2007 に
またまたまた、行ってきました。

18日の演目は

交響曲第9番 変ホ長調

交響曲第14番 ト短調 です。

演奏は

広島交響楽団。

ソプラノはアンナ・シャファジンスカヤさん
バスはセルゲイ・アレクサーシキンさん

今回の席は
2階の後ろのど真ん中です。

やっぱり、真ん中がよかった。
演奏者が遠いけど、片寄って聴こえないので。
(1回目は前すぎ、2回目は思い切り左だし。)

広島交響楽団さんを選んだ理由を井上さんがお話しされていました。
戦争の歴史が鍵ですね。

コンパクトな感じがしましたが
裏を返せば
とてもまとまっている演奏だったとおもいます。

(たしか第二楽章だったかとおもうのですが
ヴァイオリンのピチカートでピアニシモ(??わかんないけど)ぐらいの音量の
ところがあり、
ちょっと自信無げな音がばらばらっとなっていたような気が。
きっとむずかしいんだろうなー
指揮みていれば合いそうだけど、そうは簡単にいかないのかなー)
←自分はできない。

私は自分がクラリネット吹きだったから
やっぱりクラを中心に聴いてしまうのですが
2、3楽章でクラのソロがあって
1stクラの方の音、私がとっても好きな音でした。
なんだかコロコロと楽しそうに鳴っている音でした。
現役時代にやっぱりそんな感じの音を出す人がいて
それに近づきたかったのですが
全然だめだったのを思い出しました。

この9番はとっても軽快でわくわく聴かせていただきました。

さて、

14番ですが

わたし、生まれて初めて
歌姫が・・・いやそれどころか
歌手がいるオケを生できくのは初めてなんです。(^^ゞ

なので、これもまた楽しみにしていました。

この演奏も人数的にコンパクトで
ちいさい編成でした。

で、字幕が出るのですが
それも初めて。^_^;

休憩時間にその字幕装置もダダーンと両脇に置かれて
「あれがうわさの字幕装置!!」と感動しました。
金曜日に職場の人がオペラを見たときの話をしてくれて
どっちも観なくちゃいけないから大変だった・・・といっていたのです。

11楽章から成り立っていて
詩は4人の詩人の作品だそうです。
(プログラムより)

井上先生いわく

「聴いているほうは死ぬほど難しい」・・・・

うーん、わかるような、わからないような・・・。

最近の詩とは全然ちがう、なんというか
・・・詩ってその時代を背負っているんでしょうね。

暗い影が全体にあったような気がしちゃいました。

たぶん、井上さんのお話しとパンフレットを見たからでしょうね~

死への恐怖とか、悲しみとか、生きていることの意味を
ぴりぴりとソプラノのアンナさん、バスのセルゲイさん、そして
広島交響楽団の演奏でこちら側に伝えられたような・・・。

・・・・・あくまでも気がした・・・ということで。

ど素人の感想ですのでご勘弁くだされ(^^ゞ

4人の詩人の作品なので死を扱っているものの
いろいろな表情があるわけですが
それぞれ歌い方が違うなー。
特に歌姫は悲話な詩と力強い女性の詩との違いがよく表されて
いたと思います。
もう少し近かったら歌っている表情とかも観たかったな~。

それを考えると席って選ぶの難しいですね。

そんなこんなで
今回も初体験だらけで
とても楽しかった。

井上さんが
「今日は予想していた通りお客さんが一番少ない」
(おススメの席は2階席ですので今私が話している最中に
移動していただいても大丈夫です。)←と続けていました。
確かに私の周りには全然人が座っていなかったのに
そのトークの途中で動かれた方であっという間に回りは埋め尽くされました。

私は今回来ることができてとっても楽しかったし
来て本当によかったと思いましたよ!!

でもね、前の日3時間しか寝てなくて
静かな音楽の時にちょっと寝てしまいました・・・・・

ごめんなさい~

(小声)


ウチに帰って
「今日は歌手の人もいたし、字幕も出たんだよ」と
子どもに言ったら興味しんしんで

「えっ!!どんな????こんなの?」

小学校とかの学芸会でつかう紙でできていてめくる
プログラムのしぐさをする。(爆)(^◇^)

説明すると「行ってみたかったなー」と言われました。

そういえば、このプロジェクトの11月10日の演奏会の時
こどもをつれていって「レニングラード」を
聴いたのですが
17日(土)の夜のドラマ
「SP」(フジTV系列岡田准一出演)で
この曲がBGMとして使われていたのを
子どもが発見し、
わざわざ風呂に入っていた私を呼びにきて
「この間聞いた曲だー」と大興奮でした。

うれしい気持ちわかる、わかる。(^^♪

でもちょっと時間遅くない??。(-_-)zzz
早く寝てよ。

ではでは。

|

« 11月19日の読み聞かせ | トップページ | EXILE「LOVE」を買いました。 »

コメント

また、トラバさせてもらいました♪
同じ会場でしたが、聞いていた場所は違ったみたいですね。
私はほんとに前の方で、歌手の細かい表情まで見えました。
すごく素敵でした。
字幕読みながら聞くの面倒で、ぼーっとしたりしましたが(^-^;

あ、SPは私も見ていて、レニングラードに興奮しました!
しかも、かなり長めに使われてたし♪

投稿: naoko | 2007年11月20日 (火) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85432/9001983

この記事へのトラックバック一覧です: 日露友好ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏プロジェクト2007 11月18日公演にいってきました。:

» 11/18 日露友好ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏プロジェクト2007(5) [I Love troshie]
日露友好ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏プロジェクト 全体としては5日目ですが、私としては2日目です。 今回の曲目はこんな感じです。 2007年11月18日(日)15:00開演 会場:日比谷公会堂/指揮:井上道義(全公演) <プログラム> 交響曲第9番、第14番「死者の歌」 <出演> ソプラノ:アンナ・シャファジンスカヤ バス:セルゲイ・アレクサーシキン 管弦楽:広島交響楽団 休憩の後に井上さん(指揮)のお話の時間がありました。 そこで、「今日は案の定、一番、お客... [続きを読む]

受信: 2007年11月20日 (火) 09時07分

« 11月19日の読み聞かせ | トップページ | EXILE「LOVE」を買いました。 »