« 山賊著『やさぐれぱんだとペンギン』を購入。 | トップページ | 中国語の勉強 PART2 »

2008年9月17日 (水)

読み聞かせ勉強会

こんにちは(*^^)v

昨日読み聞かせの勉強会に行ってきました。
今回は講師の先生のところに
お邪魔しての勉強会でした。

深読みを行うとの事で
選ばれたテキストは

かいじゅうたちのいるところ Book かいじゅうたちのいるところ

著者:モーリス・センダック,じんぐう てるお,神宮 輝夫,Maurice Sendak
販売元:冨山房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

名作中の名作です。

だけど、
深読みしていけばしていくほど
「あー全然読み込んでなかったー」と思い知らされました(>_<)

絵を読んで、感じてそこへすっと言葉に出していく。
間の取り方や
隙間をあけずにワンフレーズとして
考えながら読むなど
ひえ~となりました。

部分部分を違う人が読んで
そのたびに「ここはこう読んだほうがいいよ」との
指摘があって
語尾を伸ばしたり、上げ下げがおかしかったり
(本のなかのひそかな)支持どおりでない空間を作ってしまったり
ページをよく見せなくてはならない時間が短かったり
するとそのつど教えていただきました。


一番最初に私から「読んでみて」が回ってきたのですが
最後ももう一度私に回ってきて

その間
いろいろな注意を受けているのを
「うんうん」と聞いていたので

「どこもかしこも注意してよまなくちゃ!!」と

短い文面なのにドキドキしてしまいました。
「ああ!!ここは一気に読むんだーしかもゆっくりだー」と
頭の中でぐるぐる回ってしまい
息継ぎも忘れてしまって
息苦しい読みになってしまいましたー

ブレス大事~倒れるかと思った。ふわー。((+_+))

読み聞かせをする時の選書の話のなかで
心に響いたのは

「今すぐにウケをねらったり結果を読み手に求めることはしない」
ということ。
今の子供たちは
すぐに反応するものが日常にあふれていて
それに慣れているので
この大事な「読み聞かせ」の時間にあえて
日常と同じ事を求めなくてもよいのではないか。

じっくり、後になってから優れていることが
わかってもいい。
それが大人になって気がついても
こどものときにそれにめぐり合ったということが
大事なんだということを教えていただきました。

会話ではなく「文章の美しさ」を今の子供は知らないので
それをこの特別な時間にそっと知らせてあげられたら・・・
ということ。

「それには与える大人の感性も磨かないとね」
きゃー。

全然ダメだわ、私。

これから美術館、行って来ます~^_^;

そういうことではない・・・・かも・・・・・。

ではでは。

|

« 山賊著『やさぐれぱんだとペンギン』を購入。 | トップページ | 中国語の勉強 PART2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85432/23802408

この記事へのトラックバック一覧です: 読み聞かせ勉強会:

» 就職北海道 [求人情報]
噂の就職北海道 [続きを読む]

受信: 2008年9月17日 (水) 22時29分

« 山賊著『やさぐれぱんだとペンギン』を購入。 | トップページ | 中国語の勉強 PART2 »