« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月12日 (火)

「没後80年 岸田劉生 肖像画をこえて」に行ってきました。

こんにちは(*^^)v

最近気になる展示が多くて、先日の「阿修羅展」に続き、
「岸田劉生」さんの絵を見に行ってきました。

場所は新宿の「損保ジャパン東郷青児美術館」です。

ここはとっても靜かでゆっくりと絵を見ることができました。

いつものことですが
ポスターをみて、「麗子肖像」のぐぐっとくる力強さにひかれて行こうと思ったので
予備知識 0(ゼロ)でした。

見て回るうち、初期のころは解説通りゴッホセザンヌに感化を受けたんだなあ
とめちゃめちゃど素人の私でもそう思う自画像が並んでいました。
でも、内なる「何か」が底でぐつぐつしているような作品でした。
よくわかんないけど。

だんだん写実に変化して、
額から出てきそうな、顔を上げたりしそうなぞくぞく感を感じさせました。

奥様の肖像もありましたが

やはり麗子さんの肖像は一度見たら忘れられない作品ですね。
いろいろな手法で麗子さんは描かれていますが「デロリの美」とはびっくり。

「デロリ」の詳細は本や別のサイトでお調べ下さい。
上手くいえないので。<m(__)m>すみません。

確かに「デロリの美」はこの世にあると思います。
あえてグロテスクに描くことで、力強さなどを表現していくというかなんというか・・・。

麗子さん、どう思ったかな。
私なら「ちょっと御父さん。pout」といったかも。

現代美術の流行を全然知らないので
比較はできないのですが

大正から昭和初期にかけての時代背景なんかも関係あるのかなと
思ったりして。

大正時代も興味あるんだよなー。

わくわく。

今、活躍されているかたでこのような画法を受け継いでいる方はどなたなんでしょう。

なんだか調べたくなったです。

でも、他にも調べたいものあるからなあ。

またいつか。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

東京国立博物館「阿修羅展」に行きました。

こんにちは(*^^)v

GWが随分前のことのような気がする柊です。

「阿修羅展」にいったのはそのGWの谷間で平日、自分の仕事は休みといった
またとない博物館、美術館めぐりにもってこいの日・・・・
(自分も月曜日が休みのところで仕事をしているため^_^;)
と思って行ったのですが

やっぱり

混んでたー(>_<)

まあ、私が並んだ時には10分待ちぐらいだったので
きっとそうでもなかったのでしょうね。

出てきたときには平成館入り口から長蛇の列でした。

ちょっと早めに昼食をとって、12時ちょっとすぎに並んだからかも。

「阿修羅像」に行き着くまで、鏡や水晶などの国宝があって
それもとっても美しくてうっとりしました。

奈良時代のものが今私の目の前にあるんだなあと
子どもみたいな感想。

興福寺は修学旅行のとき、宿泊施設のそばだったので
朝早く希望者だけで境内散策しました。

五重塔が朝の空と空気に包まれて
ものすごく大きく見え、美しくもあり、恐ろしくもあり・・・
今までにない気持ちになったことを
覚えています。

「阿修羅像」とご対面。

今回は阿修羅像をぐるり360度見られるので
それも楽しみの1つでした。

おお、思ったよりも小柄だった。

冬に駅構内に張ってあった
「春は阿修羅」というポスターが大きかったので
勝手にそう思い込んでた。

いいお顔をしていますね(^^♪

3面とももちろん違うお顔ですが
正面が一番はっきりしています。
でも私は向かって右の顔が気に入りました。

今回は左も右も見られますが
興福寺にお帰りになったら
もう正面しか見られないのでしょうかね??

もっとじっくり拝見すべきでした。

奈良は遠いしなあ。

見ていて思ったのですが

「これはどうやって運んだんだろう・・・・・」

「この手!!細いよ!!(>_<)」

と思っていたら次の日に
この展示を行うにあたっての
文化財運搬の職人さんを
NHKの「プロフェッショナル」で特集していました!!
「海老名和明」さんという方でした。

「すごい!!プロの仕事とはこういうことか!」としか言いようがない。

このような方々のおかげで私たちは遠い場所に保管してある国宝を
近くで見ることができるんだなあと
決して表立って出てこない仕事と時間の大切さを知りましたね。

他にも立像が来てくれて(来てくれてといっていいものやら)
圧倒されました。
その像に踏み潰されている鬼(?本当の名前は何だろう?もののけ?いや?)の
形相も凄かったし、見所満載でした。

「春は阿修羅」コピーも良かった。

いろいろなことを感じ、知った「阿修羅展」でした。

そして
これを買っちゃいました。
     ↓

Asyura_3   

Asyura_hoka_2

手ぬぐい。2種。

以前は美術館や博物館に行くと記念にポストカードを
買っていましたが
最近は手ぬぐいにシフトしています。

クリアファイルというものいい。

記念にもなって、「使えるもの」がやっぱりいいですね^_^;

というわけで

いつものように何がどうよかったのかよくわからない
感想でした。

阿修羅さんごめん。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

「母の日」

こんにちは(*^^)v

今日は母の日。

私には2人の母がいます。
いつも違う形で私のことを応援してくれています。
本当にありがとう。
感謝しています。

・・・私も母ですけど、
子どもたちは「母の日」全然無視しているようです。

・・・・・think

最近、食事を作るのに非常に手を抜いていて
母親らしいことをしていないと
子どもらにいわれているので
しょうがないなあ。

明日からちゃんとご飯作ろう・・・。

「母の日」の母の誓いでした。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

このラーメンは・・・・

こんにちは(*^^)v

またまたラーメンの話題で恐縮です。

某カルディでこれを購入しました。
インパクトの強さと
道産子の私も見たことのないパッケージに
惹かれて買ってしまいました。

Photo

・・・・・お味は醤油味で分量のお水だと
「しょっぱい!!」感じでしたが
自分なりに水量調節すればきっと「good!!」なスープでした。

麺は細くてまっすぐ。
「本生熟成乾燥麺」ということで
茹でる前は「かた焼きそば」チックな装いです。
(決してかた焼きそばではないので茹でないとだめです。)

茹でてみると、おおーインスタントラーメンとは
全然違う歯ごたえのよさ。
さすが本生熟成乾燥麺!

私は太縮れ麺が好きなので
ちょっと好みの太さじゃないのですが
作っている会社を見ると
旭川の「藤原製麺」さんでした。
旭川ラーメンは細いんですよね、確か。

私だけが知らないのかと思って
主人にも聞いてみたけれど
「見たことないなあ」といってました。
主人が知らないだけなのか・・・。

北海道ではメジャーですか??

全国区を今目指しているのかな?

いろいろなものを売っている
カルディさんの中でも凄く目立っていましたshine

・・・・ところでこのラーメンの正式名称は何だろう・・・・
「Ripe'n'  Dry Ramen」?
それとも「北海道ラーメン 本生熟成乾燥麺 醤油味」?
まさか「熊出没注意」??

いろいろなことが書いてあるからわかんないや。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 1日 (金)

東洋水産「麺屋石ちゃん つけ麺 濃厚とんこつ醤油」をいただきました。

こんにちは(*^^)v

連休の谷間いかがお過ごしでしょうか。

私は昨日1日仕事に行って、今日も仕事をする気満々でしたが
休みであることが発覚し、一気に何もしたくないモードに
入ってしまいました。

休みともなればやることは山積しているのにねえ。

というだらだらモードですが

先日食べた「麺屋石ちゃんつけ麺 濃厚とんこつ醤油」を食べたお話を。

はっきりいって、
「私好み」happy01noodleの味でした~

麺はめちゃめちゃ極太でもちもち、本当にスープが濃厚、
味が絡んで激ウマざんした。

先にあれこれ食べていた子ども、
最初は「そんなにいらないよ」と
いっていたのですが
食べ始めると
「まさしく『まいうー』だ」と完食しとりました。

また買おう。

今度は「鰹だし醤油」も買ってみようっと。

・・・・バランスよく食事はしないとね。気をつけます。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »