« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月27日 (月)

映画「MW」観ました。

こんにちは(*^^)v

なかなか更新ができてない私です。
よく芸能じんの方は毎日更新しますが、すごいですね。
どういう生活をしているのでしょうか。

ああ、移動中にすればいいのか。
同じ電車に45分も乗っているのでできるはずなんですけど。

でもなあ、PCのキーボードで打つほうが断然早いし。

・・・・そして電車では爆睡です。

さて、「MW」ですが。^_^;

悪役「玉木 宏」を観に行った映画!だと思いました。
(特別「ファンです!!」というわけではないのですが。)

ストーリーは非常に分かりやすく頭をひねることはなかったと思います。

このようなことがあっては欲しくないけれど
ないとは言えないかもしれない・・・・

恐ろしい!

妙にリアルなところもあるし、でももっと緊迫してもいいような感じがしました。

事件の割りにあっさりしてたような。

・・・もしかしたらそれがリアルなのかもしれませんね。

現世界で秘密裏にもっと恐ろしいことが起きていても
全然気づかずに私たちはのんびり生きているなんてことは

ありそう。あるだろう。

私は原作「MW」を読んでいないので、買おうかなと思ったのですが
近くのお店に売っていないので
気になってしょうがありません。

手塚治虫氏が随分昔に製作した漫画なのに、今映像化されても
全然おかしくないし、今だからできたのかもしれないと思うと
当時どんな風に描いて発表したのか
すごーく気になります。

時間がかかっても読もうと思います~。

熱も冷めちゃっているかもしれませんが^_^;

玉木 宏さんは美しかったですね。
悪役いけます。
なんかとても悪いことをしている役なのに
切ないことが根底に流れているのが
何も語らずともできる人なのですね。

数年前からすごく痩せたと
思ったのですがこの役をやることになったからなのでしょうか??

それから石橋 凌さん!久しぶり!!
相変わらす超渋い!!

でも、体格が良すぎて、走っているのが大変そうだったかも・・・

わーごめんなさい。失礼しました。

以上、役にたたない感想でした。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

映画『剣岳―点の記』観ました。

こんにちは(*^^)v

前回ちょっとへこみモードで、まだぱっと明るくなりきれていないのですが
何とかゆっくり前進している今日この頃。

さて先日ちょっと遅いけど映画『剣岳ー点の記』を観て来ました。

一言、渋くていい映画でした。

7月1日に行ったので、1000円で見られることもあってか
たくさんの方がいらしていたのですが
結構年配の男性の方が凄く多かったのが印象的でした。

「地図をつくる」という仕事に生きる測量手・柴崎 芳太郎は
浅野忠信さんにぴったりでした。

なんかこう、じんわりと伝わる「何か」があって。

柴崎を案内する長次郎役の香川照之さんも私好きなんですけど
「この人以外にいないだろうなあ」って思いました。

生田信の成長ぶりもよく描けていましたね。
龍平くん、映画でがんばってますよね。

最近、ちょっと観ていなかったのですが
『蟹工船』も主役だし。

過酷な状態を描く作品に出てます。
いいです。とっても。
その役をやることでたくさんのものを得ることができると思うし。

「この作品はヘリコプターでの撮影は一切なし、
機材は人が持って歩いて運ぶ」と木村大作監督はスタッフに
初めに言ったそうです。

自然の美しさ、そして厳しさ、2度と同じものを撮れない映像が
あまりにすばらしくてぐっときました。

・・ということで映画館で観る事をおススメします。

それがまた、「明治」という時代をリアルに再現できたと思うのですが・・・。

山岳会の人たちとのせめぎ合いもストーリーに
刺激を与えています。

涙はないのですが、心にじーんとくる、しばらく余韻を味わうことの
できる映画でした。

山岳会の小島烏水役の中村トオルさんはかっこよかったですね~
あの頃の最新の登山用具や防寒着も
おしゃれでした。

次は何にしようかな。

やっぱり前出の『蟹工船』でしょうか。

・・・でも『山形スクリーム』だわね、竹中直人監督の!!
AKIRA出てるし~!!
みなきゃー。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »