« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

『高橋克彦版 四谷怪談』を読んだ。

こんにちは(*^^)v

100冊読書の4冊目読み終わりました~。

高橋克彦版『四谷怪談』です。

「四谷怪談」の存在は
私が小学3年生の時に初めて知ったのですが
今もあるであろう子供向けの「怖い話」特集本で。
そのため
お岩さんのあの形相の写真(たくさんの映画の中の1つでしょう。)が
もう怖くて怖くて、
どんなおはなしなのかもよく知らないまま
今日まで来てしまいました・・・・。

四谷怪談は
もともと
四世鶴屋南北によってかかれた「東海道四谷怪談」という歌舞伎脚本です。
一度に上演できないほどの長編だったそうですね。
(参照:『高橋克彦版四谷怪談』解説より)
知らなかったー。
そんな長編のほんの一部で震え上がっていた子どものころ・・・


もういい大人になってそう怖くないかなーと思い
『東海道四谷怪談』の原作は難しそうだし、
小説に書き直したものなら読みやすそうだし
と、これを選んだのですが・・・・・・

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
怖いったらありゃしませんでした!!

読んでいる最中、画が浮かぶのですが
あまりの怖さに猛スピードで読んでしまいました。

伊右衛門のあまりの仕打ち、自業自得ではあるのですが
これでもかこれでもかと追い討ち。

だけど、伊右衛門、怖ぶっているわりに
またまたいろいろしでかすからもうどうにもなりませんね。
反省しろよ、全く。

話の筋は伊右衛門とお岩の間だけの話しかと思っていたら
お岩の妹、お袖にも関係してきて
この四谷怪談は恐怖だけのはなしでなく、
ストーリー性も優れていて、読み物としてもとても面白いものでした。

忘れた頃に「あ、アイツが出てきた!!」ということが
わさわさと出てきます。
まあ、なんと範囲の狭いところでいろいろと
起きてくるのでしょうか・・・という気もしないでは
ないですが、世間は狭いということで。

しかし、本当にお岩はかわいそうです。
『嫌われ松子の生涯』の松子とどっちがどうでしょうか・・・・。

・・・・・
今気がつきましたが
この本、「1995年2月少年少女古典文学館の第23巻として小社より刊行」
と書いてある・・・・。

少年少女古典文学館・・・・・

私もこの話、小学生の時が初でしたが
このお話全部を読むんですか・・・

少年少女とはいったいターゲットは何歳かなあ。
うぬぬ。

疑問を残しつつ、ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

伊藤 若冲の「百犬図」かわいいー

こんにちは(*^^)v

昨日、図書館で
『異能の画家 伊藤若冲』

異能の画家 伊藤若冲 (とんぼの本) Book 異能の画家 伊藤若冲 (とんぼの本)

著者:狩野 博幸,森村 泰昌
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

という本を見つけました。

表紙の「百犬図」がめちゃめちゃ可愛くて手に。
伊藤若冲という人は
<「異能の画家」というだけあって、当時の正統派の画家なら
「邪道」といわれた技法を使ったりして
最先端をいく文化人に認められた人だった。>ようですね。
<京都の一番の食品天街に店を持つ4代目で
当時のブルジョアだった>のですか~

でも、<若い頃の彼はなんにもできなくて学問は嫌いだわ
芸事もだめで旦那衆がたしなむ娯楽(小唄三味線)も一切受け付けない、
商才もない。>
(参照:『異能の画家伊藤若冲』)

いやーそれでもいい!
自分らしさを表現できる、大好きなことを見つけて
生涯をかけられたのだから。
よかった。
うちの子もそういう自分の中の何かを見つけて欲しいと
思います。
それで大成功しろということでなく、
他の人からみて些細なことであってもいいとおもうんです。
自分の心の支えになるものが見つかれば。

おお、わき道にそれましたが

《動植綵絵》(どうしょくさいえ)の牡丹や芍薬、老松、菊
孔雀や鶏、鶴などの鳥類がものすごく細かく
そして色鮮やかに描かれています。

特に鸚鵡がめちゃめちゃ可愛い!!!
鶩(あひる)や雁も癒されます。

いやーこれをワンポイントにして
刺しゅうしたいぐらいです。

《伏見人形図》も《布袋唐子図》も見ていて自然と笑みが
浮かんできそうです。

チベット密教の次は
しばらく
「伊藤若冲」で行こう!
と決めました。

近くで作品を見られるところないですかね。

京都の人なので、京都にはたくさんあるんですけど
遠い・・・・・。

しばらくは図書館で本を探して一人でにこにこしよう・・・。
ああー鸚鵡の刺しゅう、本当にしようかなー。

かわいすぎるー
最近鳥もちょっと飼ってみたくなりました。
おしゃべりする鳥がいいなあ。
きっと
私の怒った時のマネばっかりして
恥ずかしいことしかしゃべらなそうだけど^_^;

ああ、また脱線。

伊藤若冲、何年か前に流行ったらしいですが
私にとっては今!!マイブームです。(←死語??←死語自体が死語・・かも。)

ではでは~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

むくむくしてきた・・・・。

こんにちは(*^^)v

最近、また太ってきました・・・・。
新しい職場に通勤することに慣れてきたことに
比例するようにむくむくと・・・・。

1年にぐっと体重が落ちる時期があって
「こりゃいいぞー」と思っているときは
環境が変わって(微妙な変わり方でも)大体精神的にしんどい時期。
むくむくしている時は
その環境に慣れてきたとき。
なので、基本、春から初夏まではhappy01
秋から冬にbearingとなるようです。
着膨れもするのでむくむくのきわみ・・・。

運動するにも寒くて嫌だなあーって
全くやる気が・・・・。

どうしよう・・・。

・・・・お風呂の時にボディチェックをすることからはじめようっと。
手抜き(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

話は変わって・・・
また本の話なのですが、

今日、電車の中で
「『失われた時を求めて』を読もう!!」と思ってしまい
(某電車のトレインチャンネルをみて・・・。)
早速、最寄の図書館で探しました。

失われた時を求めて〈1〉第一篇 スワン家の方へ〈1〉 Book 失われた時を求めて〈1〉第一篇 スワン家の方へ〈1〉

著者:マルセル プルースト
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おおーそういえば、また、これも長編だったー。

わかっていたのに手をつけてしまいました・・・・。

長編ばかりチョイスすると
途中で投げ出さないとも限らないので
短いのも達成感との兼ね合いで入れなくちゃ・・・。

1年に100冊で行くことにしました。100タイトルだとムリです。

・・・・・・
『失われた時を求めて』の冒頭部分は、
眠れない人の話???でしょうか・・・・。
のっけからよくわからなーい。

この本は難解という話をよく聞きます。(その通りだった・・・。)
確かにこの本を訳した鈴木道彦さんが
「まえがき」の中で「最終巻までつきあってくださることを希望している。
~第五篇(翻訳の9巻)までいけばしめたもの・・・」と書かれています。
【出典:『失われた時を求めて1-スワン家の方へ』(集英社)まえがき 鈴木道彦 著】

そこまで行かないと無理なのかああああ。
と、かなり頭を抱えています。

『水滸伝』は何とかなりそうなので
『失われた時~』はじっくり時間をかけて読もうと思います。

でも、読書の楽しさを改めて感じています。
わくわく、しますね(*^_^*)

家事をおろそかにしないようにしなくては。
あ、豆煮ないと。
またまた、大豆。
それから黒豆、小豆。
いろいろなお豆が集まってきてます。
土鍋で煮ます。楽しみだな~。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

北方謙三著『水滸伝二』読み終わりました。

こんにちは(*^^)v

前回の本、『四谷怪談』の書き込みが遅くなってしまったので
次の本の更新が閊えていました。
ので、早速、忘れないうちに更新します。

5冊めは『水滸伝二 替天の章』です。

水滸伝 2 替天の章 (集英社文庫) Book 水滸伝 2 替天の章 (集英社文庫)

著者:北方 謙三
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1巻目は名前が覚えられなくて
すごくスローな読み方になってしまったのですが
ようやくちょっとずつ登場人物がわかってきたので
前巻よりは早く読めました。
よかった、読みきれるのか不安になっちゃってたから。

ネタばれはつまらないと思うので
読んでいない方にはわけがわからないかもしれませんが感想を。

1巻目のときによくわからなかった
「武松」の心の闇が
2の最初に出てきて「そういうことですか」とわかりました・・・

が、その内容はちょっとなあ。
もうちょっとなんとかならなかったかな。
この先武松が出てきてもこの人に心を寄せて読めるかどうか
・・・・。
でもこういう出来事があって人間の弱さを知り
聖人だけが成し得たことではないということも
語りたかったのですかね。

王進のところでどんな風に
その闇から立ち直ってくるのか、
そしてその闇を背負いつつ、志のため
どんな役割を果たすのかこっそり気にしていたいと思います。

王進の使い方が北方さんはうまいらしいですね、
原作では王進は最初のほうにちょろりと出てくるだけらしい。
でもいろいろな人を更生させる役割を
持たせているので
この世の中でもそのような存在は不可欠だと
わからせてくれる人物ですね。

替天の章はまさに替天。
最後の地魔の章では話がぐっと進展します。
ちょっとそこでも「決定的な」感じが足りなかったきもしないでも
ないのですが、小さな山を超えた感じがしました。
さあ、まだまだ続く
北方版「水滸伝」読み進みますよ~

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

北方謙三著『水滸伝(一)』やっと・・・。

こんにちは(*^^)v

先ほどようやっと
北方謙三著『水滸伝(一)』を読み終わりました~

水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44) Book 水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)

著者:北方 謙三
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

登場人物のページみて、
「多いー大丈夫か、私。」とまず思い、
「この人だれだっけ???」wobbly
「これ、19巻もあるんだよねえー」と
読み終わるのはいつのことやら・・・・・・coldsweats01

読み始めの壁を越えてからは一気にいけました。
特に後半の林冲と安道全の場面は盛り上がりました。
わくわく。good

読み終えて、武松の心の弱さについてはよくわからなくて
さかのぼってみたのですが
どこに詳しく書いてあるのか
わからなくて・・・。
魯智深と晁蓋と武松が会うところの表現で
わかるほかにありますか?
思い切りよみとばしてますかね・・。^_^;

これからの巻でわかるのかな?
頭の片隅においておかないとだめですね。
登場人物を覚えるのに振り回されて
忘れてしまわないようにしないと・・・・。

うーん、忘れそう・・・。

これからの展開も楽しみです。
図書館で借りて続きを読もうと思っていたのですが
湯船につかっている時間に
読書をするのは水滸伝に決定したので
続きも購入します。
古本屋さんにGO!!dash

(図書館の本は絶対にぬらしてはいけませんよー。
元に戻らないので
弁償になってしまう可能性もあります。
雨にも注意です。ブックポストに入れるときにも気をつけましょう~)

先日時間が空いたためつい書店によってしまい
ジョージ・オーウエル著の
『1984年』を買ったのでそちらとあわせて
水滸伝の2も読もうと思います。

あ、水滸伝の一番最初に出てくる魯智深の
顔つきと風貌を読んだら
まさにEXILEのNAOKI!!
首の太さとか・・・!!(゚ロ゚屮)屮
ここを読んで聞かせたら
うちの子も
「NAOKI??」って言ってました。(^O^)/

それからは坊主のNAOKIさんが私の
頭の中で役になりきってます。happy01

ではでは。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

道尾秀介著『向日葵の咲かない夏』を読みました。

こんにちは(*^^)v

「年間100冊(漫画・雑誌・絵本を除く。職業柄少ないcoldsweats01)を
最後まで読む」と決意してからもう、9日過ぎました。

まずは、先日読んだ「チベット」本が最初の1冊め。

2冊目は、
2日に書店に行って気になっていた
『向日葵の咲かない夏』を読みました。
ぱっと見、すぐ読みきれるだろうと思ったからです。

図書館の予約が多い本という
認識しかなくて買いました。

日ごろミステリーをあまり読まないので
基本、ミステリーとは?といわれるとよくわからない私。

そんな私でも数ページはミステリー展開だとおもいました。
この主人公は小学3年?そして
妹のミカが出てきたあたりから
「えー。3歳?」

「日常の中のミステリー」の概念はここですっぱり切り落としました。

日常が鏡に映っていながら
なんだか違うなあ?????

リアルとそうでない世界を行ったりきたりさせられます。
つじつまがあわないようなところもあるような気がするし
(そういう世界を書いているのでいいのか、それでも。)
いままでもやもやしていたことももちろん暴かれていきますが
それがわかっても
もやもやっとしました。

すきか嫌いかまっぷたつに割れる作品なのでしょう。

「今回の100冊は私の今までの嗜好にないジャンルのものも
読もう」というのも思っていたので、この本はその1冊です。

私自身は「読まなくてもよかったかも。」が感想です。すみません。bearing

読み終わってから
この本が別な方向で注目されたことを知りました。

そういうことでも「本」って注目されたりするんですよね。

さあ、次の本はupするのにしよう・・・と思ったのでした。

水滸伝1はまだ半分。
他の本にも4冊手をつけたのですが
そのうち2冊は途中で仕事に使うため時間切れになってしまったので
使い終わったら続きを読んでアップしたいと思います。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

上野の森美術館「聖地チベット」展に行ってきました。

こんにちは(*^^)v

お正月休みが終わって5日が初仕事でした。
職場の皆さんに新年のご挨拶をして
仕事が始まりましたが
いつもより多いご相談(図書館用語で「レファレンス」といいます。)を受け
個人的に割り当てられた仕事が押してしまい
初残業もしました。

でもレファレンスは自分の勉強にもなるし
知りたいことに行き着いたら
利用者の方もものすごく喜んで下さるし
これからも数多くこなしていきたいので
初日としてはいい感じだと思います♪
(苦労も多いのですが。HELP出すこともしばしば。)

さて1月3日にずーっと駅のポスターを観て
「行きたい!行きたい!」と思っていた

上野の森美術館「聖地チベットーポタラ宮と天空の至宝ー」に
やっと行ってきました。

「期間中は無休」と書いてあったので
元旦もやっていたのでしょうね。

9月19日から1月11日までの期間の開催です。

いやー楽しかったです。
なんだかドキドキしました。(不謹慎か?)

「信仰」をすることには興味が全くないのですが
宗教の歴史、建物、像、音楽、教えの内容に興味があります。
(歴史の浅いものには全然興味がありません。)

今回も音声ガイドを使いました。
お金はかかりますが
「ここに注目!」的な事も言ってくれるので
私の場合、使わなかったら絶対に見落としてるなあと
思うところも観られてよいのです。

最初の展示の前に
おみくじのような「守り神」箱が・・・。
引いてみると
「愛と慈悲の女神 白傘蓋仏母」と書いてありました。
私の守り神だそうです。
愛と慈悲で守ってくれるとても強い女神!
やっぱりねー。なーんて。^_^;

さて、展示物はというと!!
「吐蕃王国のチベット統一」という序章から始まりました。
進むにつれて
金の光でまばゆかったですね。

仏像の立ち姿が左に重心をおいて立っているため
とても柔らかい感じがしてとても好きです。

表情もものすごくあって、眼力ハンパないですよ。
女性尊は美しいなあと思いました。
日本の仏像より豊かな表情です。

チラシにのっていた
「十一面千手千眼観音菩薩立像」は意外にちいさかったのですが
もう、本当に千手あるでしょう!というほどの
手手手・・・ですよ。


いろいろな像がありましたが「父母仏像(ぶもぶつぞう)」が
いろいろな意味ですごい。
父母仏像が何かはお調べ下さい。
ぱっと見ただけではわからなかったのですが
解説を読んで音声ガイドを聞いて
初めて「あ、ホントだ」と。

修行を積んだ僧侶だけが見ることができるものなんだそうです。
本当は。
いいのかなあ、私は修行を積んでないよ。
とおもいましたねえ。
これをみて勘違いをする人がいるらしいのですが
勘違いしないで下さい。禁ですから。

他にびっくりしたのは
「カパーラ」という法具です。
徳の高い僧の頭蓋骨を使う「杯」です。
確か、自ら死後そうして欲しいと願っていたと
解説されていたとおもうんですが(間違っていたらスミマセン。)
水を入れると聖水になるとか。
上部は色鮮やかな装飾が施してあるのですが
下部はまさしく頭蓋骨。
でもとてもきれいに磨き上げてあり
よく観ないとわかりませんでした・・・
19世紀のものらしいです。

日本の密教にもあるんですかねえ。

わからないことばかり。

医学に関することが絵で記されている
「四部医典タンカ(タンカは布に書かれている仏画です)」なども
興味深いものでした。

楽器ありましたよ、
ピアノの原点となったのではないかといわれている
竪琴とか(展示物には弦はなかったので音声ガイドで
説明を聞いたのですがイマイチどんな風に弦をはっていたのか
よくわからなかったです)
めちゃくちゃ長いラッパ^_^;
アルプホルンみたいな楽器ですね、
それはドゥンチェンというのですが
標高が高いので、吹くのには相当大変だそうです。
(スイスも標高高いのに、あの長さ・・・。なんで?)
それを固定させる台があって
その台にも宗教的な細工があってきれいでした。
音はさすが音声ガイド!
聞かせてくれました。「(低音)ボボー」と。

なんかすべてのものが
私のツボにいちいち来るので
もっと調べたくなって美術館のショップで本を買ってみました。

『はじめてのチベット密教美術』春秋社 正木晃著

はじめてのチベット密教美術 Book はじめてのチベット密教美術

著者:正木 晃
販売元:春秋社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

値段は2300円と高かった・・・。
この展示の図録も2300円で
厚くて大きかったのですが
「高いからやめよう」と思って悩んだ末やめたのに
同じ値段でもっと小さくてうすいのに買ってしまった・・・。

くすん。しょうがない・・・・。

今回来ていないものや詳細もわかりやすいし
カラー図版が93点も入っているのでよしとしよう・・・。
(・・・図録はもう買えないけど、本はいつでも買えたなあ・・・。)

この本にはチベット密教の歴史ももちろん書かれていますが
文革などの時に破壊されてしまった密教美術品が
あることも触れています。

チベット問題についても考えさせられます。
中国のことにも興味がある私としては
なんとかならないものかと思いました・・・・。

・・・というわけで、
眼力気になる人はあと数日しか期間がありませんけど
足をお運び下さいませ。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

今年の読書

こんにちは(*^^)v

1月2日に本屋さんに初お出かけ。
今年読もうと思っている本を決めようと出かけたのですが
中規模スーパーのワンフロアーにある書店だったので
冊数が少なくて
結構悩んだ挙句

超定番の
北方謙三氏著『水滸伝一』(文庫)
気になっていた
道尾秀介氏著『向日葵の咲かない夏』(文庫)を
買いました。

いまさら『水滸伝』とも思ったのですが
予約を入れなくてももう図書館にもあるし続きは買わなくても読めそうだと思って。

今年はできれば一般書100冊を読破を目標にしたいと思っているのですが
(仕事の調べ物に使う本は除いて。)
「速読」は全くできないので
1冊読み終えたら
ここに記録を残して行こうかなと思っています。

通勤電車時間を有効に使わないといけないのですが
そこは寝る場所と化しているので
(というより気がついたら寝ている・・・sleepy
別な時間を探して読みたいと思っています。

続くかなあ・・・。
続けよう。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます(*^_^*)
今年もよろしくお願いいたします。

年末は掃除をしながらEXILE三昧でした。
しかし大晦日は子どもが「ガキの使い~」を観たい!!(いや、「絶対に観る」)というので
超ぶつぶついいながら譲ってあげました。

録画はしたので元旦にCDTVみました。
がんばりましたね、司会(*^^)v

ライブにぜひぜひ行きたいので
それを生きがいに仕事に母に家事をがんばりますよ~。
うきうき。

さて、この年末に
新家電がやってきました。

「炊飯器」です。

今まで使っていたのは壊れていなかったのですが
旦那が急に欲しくなったらしく
買ってきてくれました。
(なぜなのかなあ。)
釜は銅コート厚釜、圧力炊飯器でした。

我が家は無洗米なのですが、最近の炊飯器は
無洗米を選択することができるんですね。
何がちがうのか全然わからないのですが。
SANYOのおどり炊きという炊飯器。


今までの炊飯器より
すごーくおいしかったです。感激。
内蓋に細工があって
その中についている球状の金属が動く音が結構
大きくて、なれない家族はごろごろ言うたびに
びくびくしていましたが。

こどもが「お茶漬けを食べたい!!」と急に言い出し
「高速で炊いてみる!」というので
炊かせてみたら、本当に超高速でびっくり・・・

でも水を吸わす時間がなかったためか
芯があったみたいです。
やっぱりおいしく食べるならそれなりに時間をかけないと
いけないものはありますね。
なんでも時短というわけにはいけませんね。
まあ、おいしく早くならおなべでご飯を炊くという手もあるのですけどね。

朝ごはん楽しみだな~

おお!それから今日NHKハイビジョンで
浅田次郎さんの『蒼穹の昴』を日中共同制作で
放映されるんですよね。

観たい!観たい!みたーい!
でもハイビジョン観られない!
文庫の帯にNHK総合でもやるようなことを書いてあったのを
書店で見たのですが
いつからやるんだろう。
私の中の梁文秀も李春雲もめちゃめちゃステキな人という
イメージで読んでいたので
「頼むよNHK!」って感じです。
すごく観たいー。
西太后役は田中裕子さんかーすごいなあ。いいかも。

『中原の虹』もやらないかなー。
張作霖はあの人にやってほしいー
ああー絶対にむりだー。
私の妄想は続く・・・・。

今年どれだけブログ送れるかなあ。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »