« 『高橋克彦版 四谷怪談』を読んだ。 | トップページ | 脈略がなくてスミマセン。 »

2010年2月 1日 (月)

北方謙三著『水滸伝3 輪舞の章』を読みました。

こんにちは(*^^)v

風邪ひいてました・・・・・。
のどから来て、鼻にきて、息ができなくて
微熱がだらだら、胸はむかむか、頭くらくら、
休みが少ないのにこのままだらだらと調子悪かったら
何の薬のめばいいの~と
寝ている間にいろいろ考えてしまいました。

おかげさまで何とか
鼻声と鼻だけになってきました。ぐすす。

この風邪の前に読み終わった
『水滸伝3 輪舞の章』ですが

水滸伝 3 輪舞の章 (集英社文庫) Book 水滸伝 3 輪舞の章 (集英社文庫)

著者:北方 謙三
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おお、史進が出てきたよ。
うんうん、・・・・・

まだまだだわね、若い、若すぎるぞ、史進!
・・・というわけで
修行するのね、なるほど。

その代わり(ではないんだけど)気になる男
武松が復帰ですか。ほほう。

あ、宋江の弟が初登場。
・・・・・なんと!!そんな方向へ!

そんな感じです。

実は風邪をひく前に感想を散々書いたのですが
間違ってキーを押したら
ぜーんぶ消えちゃってshock

そのショックで風邪をひいたのかも・・・。

今回の巻を読んで、一番感じたのは

「北方水滸伝」に出てくる女の人ってさー
どうなのーって、こと。

旅の女 鄧礼華さんはちょっと期待していたのですが
「ええー」って感じでこの巻の最後に○○○○うし。

特に閻婆惜に関してはもう閉口ものですよ。
なにやってんのよ!pout
まあ、そんなことでもないと宋江も外に出られなかったのでしょうけど
それにしたってねえ。
北方さんの作品って他に読んだことないので
わからないのですが
女性の書きかたはこんな感じなんでしょうか?

いままで 出てきている中で
期待しているのは
楊志さんところの鄧礼華さんでしょうか。
どうか私の好きな女性になってくだされ。(祈)

本はこんな感じでしょうか。

そうそう、話は全然変わりますが
2010年1月30日(厳密には31日)のEXH
Perfomanceはヴォーカル4人で
「Angel」でしたねー

歌詞は篤志さんでちょっとおばさんが聞くには
照れくさい歌詞ですけど
曲もいいしなんせ、4人で歌っているのがいいなー
TVとかライブとか歌っているとこ
観聞きたいと思っていたので
超感激。

TVの前で正座してみてました。
息もつかず。
SHOKICHIめちゃめちゃかっこよかったです。
完全にやられた~。happy02(1人で観てくらくらして寝て幸せな気分で熟睡しました。)
昨日もまた見てくらくらしていたら
子どもに「また観てる」といわれてしまいました。
やっぱりATSUSHIはうまいし安心します。
ハモリも良かったし4人っていいなーって。

こんなおばさんに言われたってうれしくも
なんともない・・いや、むしろ「キモっ」って
(こどもにも言われていますが)思われると
思いますが、勘弁してください。

人生楽しみがないとね。up

「Angel」の歌詞は「若い~いいわね~ストレートで分かりやすいし~」と
思いましたが
今月の月刊EXILEの久保田利伸さんとの対談で
話していたように
ちょっと色気のある、ひとそれぞれ捉え方が全然違う
歌詞もあるといいんじゃないかなーと
私も思いました。

これから未来をつないでいく子どもたちや若い人たち向けの
楽曲もEXILEが目差しているもので
それも私たちの年齢でも十分勇気付けられてますけど
もともと色艶のあるボーカリストたちなので
ぜひそういう歌もいっぱい欲しいものだと思うのでした。

うーん、本より今日はこっちがメインだったかも。

ネスミスとSHOKICHIもっといっぱい歌わせてあげてー。
頼むよ~。(誰に?→HIROさん。)

嬉しそうだったよ、2人とも。

特にSHOKICHI、おんなじ道産子だからめっちゃ応援してるからね~good

ではでは~。

|

« 『高橋克彦版 四谷怪談』を読んだ。 | トップページ | 脈略がなくてスミマセン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85432/33199689

この記事へのトラックバック一覧です: 北方謙三著『水滸伝3 輪舞の章』を読みました。:

» 道 / EXILE [悲しい時に聴きたい曲]
「道」は、EXILEが2007年2月14日にリリースした、 通算23作目のシングル。 (作詞:Shogo Kashida 作曲:miwa furuse   編曲:華原大輔 ストリングス... [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 06時16分

« 『高橋克彦版 四谷怪談』を読んだ。 | トップページ | 脈略がなくてスミマセン。 »