« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月18日 (火)

DVD『縞模様のパジャマの少年』『カティンの森』2作品を観ました。

こんにちは(*^^)v

昨日5月16日の空を見上げたら
とても美しい三日月と☆がセットで観られました。
まるで指輪みたいでした。

あまりにもきれいだったので
出先から家に電話して観るように伝えたら
折り返し電話が子どもからきて
「本当にきれいだった(^O^)/」と
感激してくれました。

さて、

表題のDVDですが
今仕事で平和関連の事業をやっていて
いろいろな資料を見たり探したりしているのですが

今日は休みだったので
ツタヤによって
何かないかふらふらしていて
「ミニシアター」のコーナーにたどり着き

『縞模様のパジャマの少年』

縞模様のパジャマの少年 [DVD] DVD 縞模様のパジャマの少年 [DVD]

販売元:ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
発売日:2010/01/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

と、

『カティンの森』

カティンの森 [DVD] DVD カティンの森 [DVD]

販売元:アルバトロス
発売日:2010/05/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する


の2作品を借りてきました。

両方とも映画館で上映していたことすら知りませんでした。

『カティンの森」を最初に見ました。
「カチンの森」の事件のこと、私世界史を全くやらなかったので
名前だけ仕事の時に耳に挟んで
「気になる事件だな」、と思っていたぐらいの
知っているとはとてもいえない状態でした。

第二次世界大戦中に起こった
ポーランド将校たちが犠牲になった虐殺事件。
戦争が終わった後、その被害者の家族、関係者の行方が
描かれています・・・。

敗戦国がゆえに背負わされた罪、
戦勝国側のソ連とポーランドの関係など
とても考えさせられ、当時者だったら本当にやりきれない状態だったろうと
戦争にはこんな苦しみもあるんだと
また別の目線で見ることができました。

それから続けて
『縞模様の~』と観たのですが
これがまた・・・・・。
第二次世界大戦中のドイツ。
収容所所長の息子と収容所にいるユダヤ人少年のお話なのですが
とても落ち着いて観ていられませんでした。

子どもにも見せました。
というより、自分から「観たい」といったのです。

公式HPに「文科省選定」って書いてありましたが
そんなことは知らずに・・・・。

子どもはかなり衝撃を受けていたみたいです。
私も。

しかもディズニー。

ということは、結構有名な映画だったのかも・・・・。(>_<)

あんまり言うとネタばれになるのでここまでにしますが
原作を予約しました。

2008年の本か・・。
知らなかったなあ。
ヤングアダルトのコーナーにあるんですね。

カティンの森事件については
もう少し調べてみようかな・・という気がしています。

2作品ともずしんと来ました。

平和ってなんだろうね。

・・・・ということで今日は寝ます。

ではでは。寝られるかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

たすきがけ(メッセンジャー)バッグ作りました。パート2。

こんにちは(*^^)v

前回のたすきがけバック・・・いや、メッセンジャーバッグですか?^_^;
同じパターンレーベルさんの「フェイバリットショルダー」の型紙を
使用して
白の合皮(本皮にも挑戦したいがいきなりだと失敗が恐ろしい・・・)で
作ってみました。

Dscf0014_2

Dscf0015_2

裏地は紺のチェックです。

前回のバッグはちょっと派手めだったので
今回はなるべく地味に・・。

と思ったのですが背のほうに大きなポケットが着いていて
それをつけるときに
何も考えず、縫おうとしたら

ミシンが全然進まないんですー(>_<)

無理やり縫ったけど、目は飛ぶわめちゃめちゃ・・・。

「これではバッグなどできんわい!!」と真夜中に半べそをかいておりました。
しかも、合皮は(本皮でもそうかも)ミシン針のあとが目立つこと・・・。

そのミシン目を隠すためにまたもやレースをつけたので
シンプルさがちょっと

以前やはり人工レザーでジャケットを縫ったことがあって
失敗は許されなかったので
恐る恐る縫ったのを思い出しました・・・。

・・・ん?その時はどうしたんだっけ?

裏面から縫うときは問題なく進むので別に大丈夫ですが
表面のステッチとかが大問題。
合皮は高温でのアイロンがかけられないので
(とけちゃうから)
ステッチで抑えないと収まりが悪い・・・。
ジャケットはステッチかけないとできなかったはず・・・。

と、そこで思い出しました。

たしか、紙を上に乗せて一緒に縫って
後でその紙をはずす。

というやり方を確かやったはず!!

ということで最初はティッシュをひいてみました。
ミシンは調子よく進みました。
やったーと思ったのですが
ティッシュをはずすのが超大変でした。
繊維が残っちゃって。キーっ。

結局全部ほどいてやり直し。

何かいい紙がないかと思って探しました。

「おおー!!これだ!」

見つけたのはトレーシングペーパー!!

半透明で生地も見えるしいい感じの厚みとすべる表面。

やってみたら、いままでのイライラがウソのように
進む進む(^O^)/

・・・・洋裁界では当たり前のことだとは思うのですが^_^;
私にとっては感涙でした。

ということで
やっと完成したバッグなのでした。

若い方々のトレンドは「リュック」だそうですが
私も少し前までは両手の空く
リュックが大好きでした・・。

しかし、リュックは縦長のものが多くて
かばんにぽんぽんのものを投げ入れる癖のある
私には底なし沼系の入れ物になってしまっていて
お目当てのものを探すのに非常に苦労するのです。

それから
両方からはずしたりまたしょったりが
めんどくさくて^_^;

流行りものについていけなくてもいい年頃になりました、とさ。

下の子には今回のバッグ「戦争の時に使っていたバッグみたい」といわれました。
昭和初期からある通学かばんはこういう形だったからでしょう。
まあ、あれは帆布でしょう。
お、色のついた帆布で作ってもノスタルジックでしかも超丈夫で
いいかもねえ。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月 5日 (水)

たすきがけバッグ作りました~(*^_^*)

こんにちは(*^^)v

GWみなさん、どのようにお過ごしでしたでしょうか。
私はずーっと仕事で、最終日たまたまいつもの指定週休の
水曜日だったので、本日はお休みでした。

今日もお天気がよくて
草むしりや生協の個人宅配で頼んでいた
苗を植え込んだりしていたのですが
汗が滝のように流れてきて目に入り痛くてしょうがなかったです。

がんがんお洗濯もして、とりあえず家事は一周。

後はお楽しみの時間up

「さあ、バッグ作るよー」

GW前に半分までできていたものを仕上げました~。happy01

ネットの型紙やさん「パターンレーベル」さんで購入した
「フェイバリットショルダー」の型紙。

Lサイズで作りました。

生地は前に作ったバネポーチの生地の色違い
「ホラグチカヨ」さんデザインの生地。

Dscf0012

Dscf0013_2 

やっぱりたすきがけバックはらくちんだー

大きさもちょうどよいです。
ただ私は座ると大きく見え、立つと小さいので^_^;
肩掛けの長さがちょっと長かったので調節しました。

レースつけたりして名前の通りフェイバリット!!
お仕事に持っていきます。

とても気に入ったので
合皮でも作ろうとおもい
またまたオカダヤさんに行って
生地を調達してきました。

合皮のほうは肩掛けは共布ではなく、
テープを買いました。

気がぬけたりしないうちに2個目も作っちゃおう!
と思います。

いっつも同じバッグで出かけちゃうので。

がんばります~

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »