« 今更なんですけど・・。 | トップページ | あちこち話が飛びますが・・ »

2012年6月11日 (月)

梅雨入りしましたね。本のお話。

こんにちは(*^^)v

柊です。

私の住んでいる地域も入梅rainです。

雨、外出しないときは、好きです。雨音とか聴いていると心が静かになったりしてね。

いやなのは、傘を持たなくちゃいけないこと。
片手が完全に傘のためになってしまうのが×think
(あなたのためだけにこの手はあるの~的な。)

日ごろから荷物が多いので、
それに買い物なんかしちゃおうものなら
片手に加重がかかりすぎて
涙目です。

背が低いので、大判の傘だと引きずっちゃうのもいやです。

道具としての傘は好きです。
形は可愛いし、形態もいろいろで楽しいですよね。

あっ、そうそう。
長傘でも折りたたみ傘でも使える傘カバーも買いましたhappy01

入り口と底に、突起がいっぱいある何とかファイバーが
ついていて、傘についた水滴をざざーっと吸い取ってくれ
自分もぬれないし、周囲の方にもご迷惑をかけないし、
肩にかけられるので、ずるずる引きずることもなくなりました。
特に出勤の時の混みこみ電車で
活躍してくれています。

今はいっぱい可愛いのが出てますよね。

私のカバーは傘を使用しているときは、折りたためるようになっているのですが
その間、カバーをいれるカバーが欲しいなあって
今思っています。

(紛らわしい・・・。)

ファイバー、水を吸ってくれてるけど、押したらじょぼじょぼ~って
なりそう・・・。かといって、傘の柄とかかばんの外に引っ掛けたら
外側が濡れて、カバーの意味ないし。

簡単なところではビニール袋に収納ですかね・・・。

一緒にカバー収納袋もついてきてくれるとうれしかったなあ。

今売っているのは当たり前についているかもね。

そんな雨の中、最近読んだ本について
ちょっと書きます。

まず

『広告でいちばんたいせつなこと』
著者/クロード・C・ホプキンス 翻訳/伊東 奈美子
発行日/2006年11月1日 発行/翔泳社 ISBN/4-7981-1215-1


彼は
  19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍した
  米国の著名なコピーライター。
  (『広告でいちばんたいせつなこと』著者略歴より)

とのこと。

わたくし、大変不勉強のため、この方のこと、存じ上げませんでした
m(. ̄  ̄.)mス・スイマセン

内容にはご活躍されていた時にはインターネットなどなかったので
現在では通じない部分もあるようです。

でも、
(消費者は圧倒的に庶民であることから)
 

「庶民を知る者、庶民の一員である者にはそうでない者よりはるかに

大きな成功のチャンスがある」(P11)

広告業界について私は全くわからないですが、
広告ということに限らず、
「働くということは何か」ということもこの本は教えてくれるように感じました。

就活をしている方にも隙間時間を利用して読むと良いんじゃないかなと
思っています。

最初図書館で借りましたが、とても気に入ったので購入しました。

2冊目。

『「本当にいい会社」が一目でわかる有価証券報告書の読み方
―決算書だけではわからない「儲かる仕組み」はココを見る!』

著者/秦 美佐子
発行日/2012年1月27日 発行/プレジデント社 ISBN/4-8334-1994-7

これもシュウカツ生にお勧めしたいです。
とてもわかりやすく、ドラマ仕立て。

有価証券報告書はもちろんのこと、経済についても学べます。

内容については、とてもいいな!と思うのですが
登場人物の一人、女子大生の子の発言が
「おこちゃまかっ」とちょっと・・・。

だんだん大人になっていくことを狙っているのでしょうけど。

まあ、どうでも良いんですけどね、そんなことは。

私も今年度で仕事の期限が切れてしまうので
いろいろなことに関心を広げていこうと思って
あれこれ、まず読書からはじめています・・・。

遅いか。(ーー;)

今日はここまで。

最近、好きなミュージシャンの話ばっかりしていたので
ちょっと違う感覚♪

ではでは。

|

« 今更なんですけど・・。 | トップページ | あちこち話が飛びますが・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85432/45616342

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入りしましたね。本のお話。:

« 今更なんですけど・・。 | トップページ | あちこち話が飛びますが・・ »