« いやはや・・・Eごった煮(その18) | トップページ | 劇団EXILE「あたっくNO.1」に行きました。 »

2013年9月 9日 (月)

読んだ本の話

こんにちは(*^^)v

やっと涼しくなってきてホッとしている柊です。

さて、今日は久々に本のお話を・・・。

備忘録としてここに記そうと思っていたのですが・・・

結構読んでいたはずなのに何を読んだかもちょっと記憶飛んでます。

すぐ書かなきゃね・・・。

ということで直近から。

『爪と目』
藤野可織/著 文藝春秋 9月特別号

先ほど、読み終わりました。
湯気経ってます。

単行本ではなく雑誌の全文掲載を選びました。
電子書籍で。

ご存じのとおり149回芥川賞受賞作品。

受賞作品、読んだり読まなかったりなんですけれども
今回はちょっと興味があったので
読んでみました。

「私はもうちょっと読解力をつけたほうがいいなあ・・・」が
読み終わりに一番思ったこと。

難解な部分があるとか風景が全然浮かんでこないとか
そんなことはないし、
登場人物に対しての感情も湧いてきたのですが
読み終わりがなんとも言えない感じで。

で、結論、私の読みが甘いんだろうと。

登場人物の中で「この人嫌だなあ」って思う人がいました。

それは確実。coldsweats01

次。

『想像ラジオ』

いとうせいこう/著 河出書房新社/出版
978-4-619-02072-0/ISBN
1400円/価格 2013.3/出版日
 

今日の午前中に読み終わりました。

こちらの作品は
これまたご存知だと思いますが
先ほどの『爪と目』が受賞した回の芥川賞候補作品の中の1つ。

こちらではなく『爪と目』が受賞したのはなぜか
知りたくて、読んだらわかるかと思い
『爪と目』を読んだんです。

きっと読み足りないせいでしょう。
答えは出てないです。
いいや。

「あの日」から丸2年たった日に出版された
この作品は同僚の方に紹介されました。

その方から、大筋を教えて頂いていたのですが
しまった、きかなければよかった・・・

そちらから来たか。

想像ラジオ・・・。

この本の帯にもあるように

   「私たちが今、必要としていたのは、この小説だった」

私もいっきに読みました。

もう最後は私の目が靄ってしまいました。

読み終わった瞬間、大げさだけど
私の中の一部分が180度変わったような
そんな、なんて言うか、なんだろうな

うーん、表現できないや。

最近、こんな風な感想が多すぎてだめだな。

とにかく、この本は出会ってよかった。

Kさん、ありがとう。感謝です。

いとうせいこうさんは凄いな。
ただただ凄いなと心にずんと来ました。

そして、草ちゃん。あなたも凄いよ。

次は

『卵の緒』

瀬尾まいこ/著 マガジンハウス/出版
978-4-838-71388-2 /ISBN
1,400円/価格 2002.11/初版出版日

出版から結構立っている本ですね。
たまたま私のところに巡り巡ってやってきた本です。

同僚のMさんのおすすめだったので
読んでみることに。

2作品入っていて

表題の『卵の緒』と『7’s blood』。

人と人のつながりを
相対する関係で書いている。

どちらも心に響いたなあ。

登場人物が健気なんだ。

いろいろな想いをもっていて、
ずっしり抱えているんだけど
それぞれ生きている。

相互、一緒に生活しているうちに
影響し合って
変化していくところが
とてもよかった。

次は

『リターン』

幻冬舎/出版 
978-4-344-02410-6/ISBN
1400円/価格 2013.6/初版出版日

『リカ』

幻冬舎/出版
978-4-344-40439-7/ISBN
600円/価格 平成15年10月/初版出版日
(文庫)

この2作品は

五十嵐貴久/著 の作品で

『リカ』の続編が『リターン』ですね。

『リターン』を新聞広告でみて
読んでみたくなり
逆走して『リカ』を読みました。

一言

「怖いわっ!!」

ぐずぐずしているところがない。

どんどんストーリーが進む、進む。

続編を書くことできる・・・・よなあ。

ううっ。

とにかく、怖かった。

「主人公、自業自得だから!!」とはちょっとは思うけど
怖すぎる・・・・。

『リカ』は文庫を読んだのですが
先に発表された単行本には入っていないラストがあって
完全版とのこと。

発表当時と現在とはネット世界もかなり変わっていると
おもうけど、気をつけろっていうのは同じだなあ。

自分もなあ。




次、

『模倣の殺意』

中町信/著 東京創元社/出版
978-4-488-44901-8/ISBN
740円/価格 2004.8/初版出版日
(文庫)

これも新聞広告でみて
読んでみました。

これは帯のとおり

      「解説は先に読まないでください!!」

です!

この作品はなんだかいろいろな経緯をたどっているっていうことが
あとでわかるのですが
それを知らなくても別にどうってことはないんです。

ここで書いちゃうとすべてがネタバレになってしまいそうなので
やめときます。

なるほどなあ、そうかあ。

最後に

『微笑む人』

貫井徳郎/著者 実業之日本社/出版
978-4-408-53607-1/ISBN
1575円/価格 2012.8月/出版日

この作品、前に書いたかなあ・・・
読んでからずいぶん経ったような気がするので・・・

確かこの本から、私のサスペンス(推理?)小説チャレンジが
はじまったような気がします。

とは言っても、たいした読んでないけど。


これは一般民には理解できない動機での殺人。

ここだな、なんといっても。

「こんな」理由で!?まさか!?
信じたくない!

いろいろな感想があると思うのですが
これは、ちょっと新しい推理小説かなって
思いました。

とにもかくにも、もやもやもやーーーーーー。

この感じはなぜなのかを考えさせる小説でした。

ああ、人ってそうなんだ。

犯人そのものよりも読み手側にたった小説っていうか。

でも、これは?あれは?

読み手にまかせることが多すぎません?coldsweats01


他にも何冊か読んでいると思うんだけど、
思いだしたら
また書きます。

今読んでいるのは

『終わらざる夏』浅田次郎/著

『海賊と呼ばれた男』百田尚樹/著

↑これは本屋大賞を受賞する前から読み始めていたのが
「惚れた!」と思って、もったいなくてゆっくり読もうと
ちょっと休んでました。

『あたっくNO.1』樫田正剛/著

平行読み好きです。

ありーちょっと偏ってるな。
夏だからか。いや、もう秋ですけど。

百田尚樹さんといえば
『永遠の0』も読んだんだったーーー

そちらはまた今度。

ながなが失礼いたしました。

ではでは。

|

« いやはや・・・Eごった煮(その18) | トップページ | 劇団EXILE「あたっくNO.1」に行きました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85432/53199419

この記事へのトラックバック一覧です: 読んだ本の話:

« いやはや・・・Eごった煮(その18) | トップページ | 劇団EXILE「あたっくNO.1」に行きました。 »