« 2014年1月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年2月28日 (金)

舞台『熱海殺人事件 Battle Royal』2回目観劇~♪

こんにちは(*^^)v

早速ですが
舞台『熱海殺人事件 Battle Royal』を2回目、観劇してまいりました柊です。

さすが生ものと言われる舞台!!

前回の時と全然違った―。

いや本筋はもちろん一緒よ、でもぜーんぜん違う作品を観ているようだった~。

前は席がかなり前でしたが今回は真ん中より後方の端で

全体が見える感じでした。

おもしろかったなー。

前回の時の感じも好きだし、今回も観にいってよかったなあって思いました。

今回は「sign02わーー」と思ったことがいっぱいあって

こんなに色々違うんだなって思いましたが

金太郎とアイコの想いがグッと心にささり、
伝兵衛のつかみどころのない強さというかなんというか
不思議な存在感を見せつけられ、
熊田の地方から希望をもって上京してきたのに
ふりまわされてしまう状況に同感し・・・

セリフがどくどくしいのも、舞台ならではだなあって
「これはキビしいな」と思うこと言葉もバンバン入ってくる。

それでもこの作品を作り上げたつかこうへいさんの気持ちが
言葉にうまく乗せられないけれど
ひしひしと伝わってくるような気がします・・・・。

つかさんが、伝えたかったことと
私が感じとったことは全然違ったかもしれないけど(^_^;)

この「熱海殺人事件」という舞台にははまりそうです。

すごくクセになる作品だなあ。

もう一度見たいけどなあ~

追加公演も決まったんですよねー

まだの方ぜひ!!

では今日はここまで~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

舞台『熱海殺人事件 Battle Royal』を観てきました!!!

こんにちは(*^^)v

「スカルプD×THE SECOND from EXILE 」のイベントライブは
やっぱり外れた柊です。

当選された方、おめでとうございます happy01
楽しんできてね!

さて、私は先週、

新宿 紀伊國屋ホールで行われております「熱海殺人事件 Battle Royal」の
舞台を観てきました~。

木村伝兵衛部長刑事をEXILE KENCHIが演じている公演を。

観客の年齢層は広く、いろいろな方がいらっしゃいました。

 

たくさんの要素が含まれていて、その日にしか見られない
舞台ならではの楽しさがありました。

そして、「凄かった」。

とにもかくにも「凄かった」。

それでもって

「泣いた」。

心をぐりぐりされました。

キャストのみなさん全員、隅から隅までパワーあふれる演技でした。

かなり前の席だったので、圧倒されました。

思わぬシーンに !!(゚ロ゚屮)屮っとなり、ドキドキしたり。

KENCHIの伝兵衛は、なんて表現したらよいのかわからないけど
うーんと・・・

私が『小説 熱海殺人事件』を読んだ時に受けた、伝兵衛の衝撃を
実像化した感じ。

って全くわかりませんよね。すみません(汗)

他の方の伝兵衛をみたことがなく・・・。

分かりにくくてごめんなさい。

KENCHI、とてもすてきでした。
この作品に対する気持ちがあふれているんだろうなあ。

柳下大さん、大谷英子さん、牧田哲也さんの演技に
グッと掴まれ、涙涙でした。

いろいろな方が演じられていて、たくさんのファンがいらっしゃるこの作品。

演じるのはとても勇気がいったと思います。

演劇にお詳しいかたから、私のように超初心者まで、
たくさんの皆さんに観て頂き、このキャストの
「熱海~」も好きになっていただければいいなあ。(←偉そう。ごめんなさい。)

ということで

KENCHI伝兵衛を今週もう一回観に行くことにしました。

今一度、あの感動を!!

あの紀伊國屋ホールのあの感じがまた、
この『熱海殺人事件~』の雰囲気に
これ以上ないくらいあっているんだよなあ。と思います。

(また思い出している・・・・confident


今日はここまで。

ではでは~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

またもや久々のEごった煮~♪

こんにちは(*^^)

EXILE TETSUYAさん、お誕生日おめでとうございます!
すてきな1年になりますように!
(みてない、みてない。)

2月に入っての2回の大雪、「ここはどこじゃい?まるで北海道みたい!?」と
ずぼずぼ埋まりながら帰宅しつつ思った柊です。

私の住んでいるところはまだまだ雪がいっぱいです。

長靴はいて出勤してます。


さて!

まずまず、なんかいろいろなことがあって何からお話したらよいのでしょうか。

やっぱり

THE SECOND From EXILE の初アルバム

「THE Ⅱ AGE」から!!

手にしたときから、毎日×何度も聴いてます。

もうなんですか!!これは!happy02happy02

熱い、熱い。

外は雪だけど、あっっちーーーー

何度聴いても(*゚∀゚)=3 ムッハー!!ってなります。

全曲くまなく良いですなあ。(・∀・)イイ!

アルバムの曲順もよく考えられてるなあって思います。

ネット配信で好きな曲をひろうのも良いけれど
そのアルバムに込められた作り手の想いを曲順にでも感じられるのよね。

どの曲が私の中で一番刺さったかなーと考えたけど、

聴くたびに変わるわ。

初めて聴いたときは、リード曲の「HEAD BANGIN’」が聴きたくて聴きたくて。
あまりの男くささに
「参りました」・・・・<m(__)m>ははあ・・・・

「Beginning Of The Second Age」も。
この曲は、私のするめ楽曲になりそう。

パフォーマー曲の「BACK TO THE 90’s BASS」
はどんなパフォーマンスを見せてくれるんだろうってわくわくhappy01して1番だった時もあり、


NESMITH SOLO の 「Dear...」
ねっさんの今までの気持ちが入っていて、素敵です。confident
きっとネススマイルでレコーディングしていたんじゃないかと
勝手に思って一番だった時も。

おとといぐらいから
「Signal Fire feat. SWAY」が特に刺さっております。

SHOKICHIとSWAY君、いいなあー。lovely
かっこええー。lovelygood

道産子2人ののろし、みなさんキャッチしてくだされ。

「CHAOS」はまだLIVEで聴いたことがないんだけど、
私はこの曲すきだなあって
アルバムに入って改めて思いました。

将ちゃん作詞の「Missing You」。
完全おばさん目線ですが
イントロが可愛いー

春に聴きたいLOVE SONGで、ほわーんとなりました。

いいなあーこんな風に想われちゃったりしてーsmile
(オバチャンは黙っとれですな。はい。)

聴くたびに
はよ、LIVEに行きたいぞーと思わせてくれる
アルバムです。

EXILEファン以外の人にも聴いてもらいたいなあ。

スカルプDのイベントに申し込んでみたけど
全く当たる気がしない・・・・(タメイキ)

今年は、

「EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014」で

覚悟はしていたのですが、もう、イベントが目白押しで
何を申し込んでいて、何がこれから受付なのか、頭のなかが混乱wobbly

これから申込みで詳細が発表されて「行きたい!」と思っているのは

「VOCAL BATTLE STAGE 2014」
「THE SURVIVAL」

の2つ。

「VOCAL BATTLE STAGE」は第1回目の時は
全くかすりもしなかったので
ぜひとも行きたい。

出演メンバーがもう豪華すぎてめまいが・・・・

「THE SURVIVAL」も出演の組み合わせが発表になり

おおおおおおおお

二代目JSBが今回も復活っーーーーーーーーーーーー!!!!!

二代目VS三代目ですかっ!!!!!!!!!!!!!!

わくわく。

THE SECOND は たかひろくんとジェネさんと一緒ですか!!!!

わくわく。

どうかどうかどうか両方チケット取れますように・・・。

倍率高そう・・・・。はじめての
「EXILE TRIBE」も追加でやっと行けたんだよなあcrying

心配だっ。

次!

KENCHI 出演の 舞台

「熱海殺人事件ーBattle Royal」を観に行きます!

楽しみ!!!

超ロングのセリフがバンバン入ってくるんですよね?

週エグとかでも稽古の様子を放送していましたが
とにかくすごいなと思いました。

よく覚えたし、口もまわるなあ。

過去一度も行ったことがないけれど、小説は読みました。
涙が出てきました。
つかさん、凄い人だな。

私が読んだ小説と今回の舞台はストーリーは違うのでしょうか。

根底は同じものが流れているのだと思うけれど。

今年初めての観覧なので、ウキウキです。

最後に

3月に発売されるATSUSHIのアルバム、「Music」。
こちらももともととっても楽しみにしておりましたが、
先日の発表には度肝をぬきました!

SHUNとコラボ!
いや、清木場くんとコラボ!だよね。

お互いのアルバムに入るってすごいね。

2人がヴォーカルだったときから好きだったのでポロっときちゃった。

今日はここまで!

次回はいつ書けるかなー。

映画「小さいおうち」を観てきたので、ぜひこちらのこと、書きたいと思います。

ではでは~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年5月 »